2018年02月23日

昔のままで

今日のカーリング女子準決勝。
これまで以上に熱かったですね。
いきなり3点のビックエンドで、前半はずっと韓国が優勢。
予選で唯一韓国に勝利した日本。
当初は格下だから当たり前と思っていましたが、ホームの精神的な利もあってか
予選をしながらメキメキと強くなっていったように思います。

下手したら昨日同様9エンドくらいでギブアップか?とまで思えた試合で
その9エンドで2点を取り返し、さらに最後の最後で追いついて
エキストラエンドにまで持ち込んだ。
不利な先攻の中で最後の一投まで、韓国にプレッシャーを与えたものの
やはり今大会で絶好調の韓国に惜敗。
メダルは3位決定戦に持ち込まれる形にはなったけれど
11エンドまで戦えたことは、初のメダルに向けていい流れになったような気がする。


それはそうと、今日のテレビ番組表にはちょっと驚いた。
  20180223.jpg
確かに「そだねー」も「おやつタイム」も話題になっていますけれど
まさかNHKの番組表でこういうことを“推し”て来るとは。
NHKはNHKで良いのに〜。

それともう一つ耳障りなのは民放のような競技紹介や選手紹介。
妙に抑揚をつけたり、変なリズムだったりですごく気になりました。
NHKらしく淡々と説明してくれた方が良かったのに。
しかしそう言いながらも、気になるのはそれくらいで、
ガチャガチャした感じの民放の五輪ではなくほとんどNHKですが。
好きだからこその苦言です。

posted by 愛虎 at 23:54| Comment(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月22日

222

一昨年にはニャンニャンニャン、ニンニンニン絡みの話をしましたが
これだけ数字が揃うと他にも語呂合わせが多く存在するようです。

というのも、いつもと少し違う経路で通勤したところ
「食器洗い乾燥機の日」という張り紙を見かけた。
だからといって別に本日限りで安く売っているわけでもなさそうでしたが。
ホンマかいなと思って調べたら
食器洗い乾燥機によって食後のゆとりができ、夫婦だんらんの時間が増えて
「ふう(2)ふ(2)にっ(2)こり」になるからなんですって。
そりゃあちょっとかなり強引では。
食器洗い乾燥機だけでなく夫婦にっこりになりそうな家電はたくさんありそうだけど。

で、眺めていたらもっとすごいのがありました。
「おでんの日」
理由は食べるときに「フー(2)フー(2)フー(2)」と息を吹きかけるから。
じゃ、単純に鍋の日でも良さそうだし、うどんの日もできる。
タコ焼きの日でも良さそうだし。

色んな日を調べたら、もっとすごい語呂合わせが見つかりそうだわ。

posted by 愛虎 at 23:48| Comment(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月21日

お家芸

日本が3つ目の金メダルを取りました。
これで高木美帆選手は、一つの大会で金銀銅すべての色のメダルを獲得。
前回代表入りできなかった借りをきっちり返した。

日本全体でもこれまでのメダル数の最高を更新。
まだまだこの後もメダルの可能性がある競技が残っているので頼もしい限り。
メダル数の飛躍的な伸びは、そのままスピードスケート陣のメダル数の伸びと重なる。

スピードスケートは年間300日以上の強化トレーニングを行うナショナルチームで、
体力や技術の向上を図ってきた。
最近はやたら選手の自主性や練習時間の制限などが良いという風潮があるが
愛虎的には、日本人は集団生活などで規律を正しながら鍛え上げていく方法が
向いているのではないかと思っている。
自由にやらせて伸ばす欧米タイプの育て方ではなく、
ノルマを課し集団の中でお互いを意識することで精神性も高めていくようなやり方。

それが証拠に(?)海外でリーグに所属し、ギリギリまで好き勝手に個々で活動し
代表戦の時だけに戻ってきてにわかチームを作るサッカーなんて
海外で多くの選手が経験を積む割にそれに比例して強くならないじゃない。
野球も然り、大リーグで選手が活躍すればするほどWBCで勝てなくなっているのは気のせいか?

だからと言って日本人だけで固まって自己を高めろという訳ではありません。
ある程度の強制力を持ってしめるところはしめた方が日本人には向いているのかなと
日の丸を背負っている方が、技術+精神論の方が良いのかなと
そんな風に思いました。

posted by 愛虎 at 23:59| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月20日

意思を持つ数字

ある論文のお手伝いで、目下アンケートの原案を考え中です。
アンケートって何らかの意図をもって項目を作りデータを取るものですから
なかなか難しいものです。
選択肢はいくつあれば良いのか、実情をつかめるようなものなのか
作りようによっては答えを引き出せなかったり、全く使えない項目になったり
回答の表現方法や母数の考え方次第で全く違う結果に見えたりするものです。

安倍首相の裁量労働制絡みのデータがの使い方なんてまさに、
そういうトリックをウマく使おうとしたものの、トリックどころか
あまりにも稚拙すぎて墓穴を掘った例ですが。

「使った人の〇%がXXと感じました」というCMも数字の取り扱い方と操作ですよね。
マイナスイメージにならないような選択肢を用意するのも常套手段。
アンケートのデータって公平なようで、とっても怪しい数字。
数字は正直なんて言いながら、作り方次第で意思をもつ数字にできるもの。

で、作ろうとしているアンケートの着地点はどこだろう。
実はその一番大事なところがまだ手探りなので、少しも筆が進まない。
そのうちここをご覧のあなたにもアンケートのご協力を乞うかもしれません。
その時はよろしくね!

posted by 愛虎 at 23:44| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

ドラマ好き

昨日は羽生選手の金に沸き、今日は期待通りの小平選手の金に沸きました。
現地で取材している方々もテンションが上がっているのはわかりますが
年々インタビュアーの質が落ちているように感じます。
もちろんインタビュアーだけのせいではなく、番組構成上なにか意図する
“お涙ちょうだい”があって、勝手にドラマを作ろうとしている結果が
インタビューにも表れてしまっているのかもしれませんが。

これまでのメダリストたちへのインタビューでも
他の局が聞きだしていない“感動的な何か”をしゃべらせようと誘導的な質問が目立ち
逆に選手の方が冷静にそれに対処しているというような光景が何度も見られた。
さすがに世界トップクラスの選手ともなれば頭の回転も速く
そつなくこなしているので、ひょっとしたらインタビュアーたちは
自分が下手なインタビューをしていることすら気づかないまま終わっているかもしれない。

特に今日の小平選手へのインタビューは、結局すべて言い直されるような結果になり
何だか、番組のために勝手にストーリーを作るのはやめておけよと、
小平選手と一緒に苦笑しながら見ることになった。

――そんな中、この4年間いろんなことがあったと思います。金メダルです!
そうですね。考えないようにしてたこともあったけど、全て報われたような気持ちです
これなんていきなり質問になっていません。
そして
――結城コーチとの二人三脚だったと思います。どう伝えたいですか?
二人三脚ではなくて、学生とか同じチームの人達が私を支えてくださったので、みんなにありがとうと言いたいです
コーチの名前をだして泣かせたい気持ち満々。
二人三脚ではなくてとすぐさま訂正。
――闘争心あふれる、まさに獣のような滑りだったと思います。
獣かどうかは分からないんですけど…(苦笑)。躍動感あふれるレースができたかなと思います
すばらしい切り返し。
ただ、確かその前の実況がどこかで「獣」と言っていた気がするので
インタビュアーだけのせいではないのでしょうが…。
まだ息の切れた状態(脳に酸素が行きにくい状態)でこれだけ頭が回転するって、
さすがトップ選手だと思いました。
逆に限界の状態でもそれくらい頭が回らないと、
瞬時に状況判断できるような選手にはなれません。
そいいうところもやはり強さの秘密ということがよく表れたインタビューでした。
(ってことはインタビュー成功!?)


posted by 愛虎 at 23:57| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月17日

天才

リアルタイムかそうでないかは別にして、今日は多くの方が
男子フィギアスケートを見たのではないでしょうか。
66年ぶりの連覇も、日本選手のワンツーフィニッシュも本当にすばらしい。
そして、やはり11月の大怪我からの復活劇が、このメダルをさらにドラマティックにした。

演技について、もう私がどうこう言うことはない。
ただただすばらしいの一語に尽きるが、もっとすごいと思ったのは
自分の魅せ方を知っているということ。
もちろん計算高くやっているわけではないでしょうが、自分の描く“羽生結弦像”があって
リンクの入り方から、演技後の雄叫び、右足への感謝、金メダル確定瞬間の涙、
表彰台へ向かう時のパフォーマンス、ファンへ向けての挨拶
どれもこれもすべてファンが望む“羽生結弦”なのだと思います。
これがまったく無意識の行動、言動とすれば、自己プロデュースの天才ですね。
生まれながらに持っている才――天才なんだと思います。

宇野選手の自己分析も冷静そのもので、すばらしく
末恐ろしい若者たちに本当に心洗われる1日でした。
(そういう意味では羽生竜王を破りそのまま決勝で広瀬章人八段をも破って優勝した
 藤井聡太五段も末恐ろしい若者の一人です)


posted by 愛虎 at 23:51| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月16日

予言者

今クール、気に入っているドラマのひとつに「アンナチュラル」があります。
民間の死因を究明する研究所に勤める法医解剖医を石原さとみが演じるドラマ。
死因を究明する中で事件を解決していくという医療ミステリーです。

第2話ではさっそく昨年世間を騒然とさせた座間事件を彷彿させる内容。
自殺サイトで女性投稿者に女性を装って接触し、殺害するというのはまさにアノ事件そのもの。
事件後すぐ脚本にするなんてすごいなぁと感心していたら、さに非ず。
第2話の放送後に脚本家の野木亜希子さんがツイッターで
第2話を書いたのは去年の7月。その後に類似事件が起こり、とても苦しい気持ちになりました。おごりかもしれないけれど、もしこのドラマがもっと前に放送されていたら防げていたのだろうかと考えもしました。私たちの生きる世界には沢山の落とし穴があり、抗う術はとても少ない。無念でなりません。
とコメントしたことで、あの話が事件前に書かれたと話題になりました。

そして今日はさらに驚きました。
今度はビットコインで不正に儲けたかつての強姦サークル仲間が
その分け前で仲間割れをして他のメンバーを殺す内容。
さすがにビットコインで殺人事件は今のところ起きていませんが、
コインチェックからNEMが580億円も流出してしまったことで話題になったばかり。
これも当然その事件の前に書かれたってことですよね。
にもかかわらず、実際のニュースとリンクしていくって言うのがスゴイです。
神憑っています!
世の中の動きを敏感に捉えることができる脚本家さんなのでしょうね。

今後は石原さとみ演じる三澄ミコトと井浦新演じる中堂系の過去についても
少しずつわかってきそうで、ますます目が離せません!

posted by 愛虎 at 23:48| Comment(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月14日

ハードルを越えて

某学会絡みの国際会議 テクニカルセッションへの投稿の依頼が来た。
もちろん私にではなく、適任者を知らないかという問い合わせの形で。
その分野では先駆的な取り組みをしていた大学で、注目されていた時期に学生だったこともあり
誰かいたら紹介してくださいという程度のもので、いなければ無理矢理探さなくても
というニュアンスでの相談でした。

何といってもネックは言語。国際会議ですから英語です。
中学1年の英語でストップしている私の語学力では到底無理ですし、
それ以前に研究機関にいながら論文なんて書く気は一切なし。
だいたい審査に通って発表することになれば英語で質疑応答だってある。
英会話ならできても英語で論文発表、質疑応答までとなると相当難しい。
それをできるOGはなかなかいないだろうなぁと思いつつ、一応情報を流しました。

すると学生時代に外に向けて中心的に活動をしていた1期生から
英語は苦手だけどこれは私が話すしかないと思う、と頼もしい返事をいただきました。
正直なところ謙遜でもなんでもなく、英語は苦手だろうなと思います。
でも、その先輩は最初の苦労やそのあとの社会に出てからの経験など
全部ひっくるめて当時からの歴史を話せるのも追いかけるのも自分の役割とわかっていて
その役割を果たすためには、英語の克服もするという心意気なのです。

学生時代からその行動力には感服していましたが
改めて、久々に、すげぇなぁ〜 と思いました。
自分は英語と聞いただけで「私は無理」、「誰かに投げる話」と何の疑問もなく
シャットアウトしたので、本当にすごいと思ったのです。
仮に役割かもしれないとどこかで思っても、そこにハードルがあった時点で
そのハードルがあるから“私の役割ではない”“適任ではない”と考えるでしょう。
それを 役割だからハードルがあるけど越える と思えるのはやっぱりすばらしい。
そうありたいと思いつつ、いつも安全圏の中でぬるく過ごしている自分に喝!ですな。

posted by 愛虎 at 23:59| Comment(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月13日

昔から名乗っています

なんでも今日は苗字制定記念日だそうです。
1875(明治8)年の今日、平民苗字必称義務令という太政官布告を
明治政府が出し、すべての国民に姓を名乗ることを義務づけたからだそうです。

江戸時代は苗字を使っていたのは貴族と武士だけだったのが
まず1870(明治3)年9月19日に出された「平民苗字許可令」が出され、
平民でも苗字が名乗れることになった。しかしなかなかそれが定着しなかったため
1875(明治8)年2月13日に「平民苗字必称義務令」をさらに出したとなっています。

この法律自体は歴史的に残っている正しいことなのですが
これまで常識的に思っていた、江戸時代は苗字を使っていたのは貴族と武士だけ
というのはどうやら違うらしいのです。
というのも奇しくも今日読み終わったのが
ご先祖様、ただいま捜索中! - あなたのルーツもたどれます (中公新書ラクレ) -
という新書。
家系図業務を専門とする行政書士の丸山学氏の著書です。

これによると、江戸時代に平民も苗字は持っていたのだそう。
苗字は持っていたけれど公には名乗れなかったので、公文書などには載っていないだけで
私文書には農民や町民であっても苗字が書かれていることが多いそうです。
墓石などにも書かれている家もあるそうです。
もちろん長いこと苗字を名乗らず忘れてしまった人や、
明治になって苗字を名乗ることが許された時に誰かにあやかって変えてしまったりした人も
いたそうですが、多くは古くから名乗っていた苗字を使ったようです。

本の内容は、タイトルの通り自分のルーツをたどるノウハウに書かれていて
その中で武士以外の先祖でも苗字は手掛かりになるというという事例で
上記の話が出てきました。
愛虎家の場合、苗字と同じ名前の荒神さまが出身県内にあることがわかっているので
苗字とルーツについて以前から気になっていたのですが、
実際自分でルーツを探るのはかなり手間がかかりそうで
やはり簡単には“あなたのルーツもたどれます”とはいかないような。
いつかチャレンジはしてみたいですが。

 ご先祖様、ただいま捜索中! - あなたのルーツもたどれます (中公新書ラクレ) -
ご先祖様、ただいま捜索中! - あなたのルーツもたどれます (中公新書ラクレ) -

posted by 愛虎 at 23:53| Comment(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月12日

二面性

朝刊を眺めていたら、瀬戸内寂聴さんの新刊の広告が出ていた。
そこには2月9日のあさイチに出演とも書かれていて、母に確認したら
9日のプレミアムトークは瀬戸内寂聴さんがゲストだったという。
さっそくオンデマンドで視聴。
寂聴さんの生き方そのものについては、賛否がわかれるところはあるでしょうが
エネルギーや強さについては見習うべきところがある。
何よりも、今なお様々なことに興味を持つ、欲があるということはすばらしい。

そんな寂聴さんが仰っていたのは最近のマスコミの報道の仕方。
あそこまで攻撃することはないでしょうと。
そして何より、優れた文学には必ず不倫とかそういったことが出てくるもので
それがなければ文学は生まれないというようなことを言っていました。
石田純一の“不倫は文化”と同じですね。
彼も同じようなことを言っていましたが“不倫は文化”と勝手に端折られ、
代名詞のようになってしまいました。

キョンキョンの恋愛宣言のあと、ユーミンがそれを堂々としていると
言ったとか言わないとかでユーミンまで攻撃されたようですが
中には「それは歌の世界だけにしてくれ」なんてコメントもあったようです。
いやいや…、“歌の世界だけ”のことなんて歌になりませんよ。
現実にあることだから歌になるのであって、現実に無いことを歌にしたって共感しないでしょ。

それにこればっかりは外野は何を言ってもね。
そりゃあ嫌な思いをする人もいるし、当事者が「許さない!」というのはわかります。
でも全く関係ない人が許すとか許さないとか、良いとか悪いとかは無意味です。
仮にDV夫とはすでに夫婦関係が破たんしていても離婚してくれず、
支援してくれた男性と内縁関係になった。これって不倫?
DV夫だったことは世間に知られていなくて、
ただ男と逃げたことになっていることもあるかもしれない。

世界のワタナベケンだって、本当に前の奥さんは浪費家だったのだろうか?
離婚もそのあとすぐに再婚したこともそれを理由に叩かれなかったけれど。
そもそもの浪費のきっかけがもしかしたら浮気にあったとしたら??
――という具合に、本当のことなんて誰にもわからないからね。

でも痛快なのは、寂聴さんは
誰がどこのホテルに行って何時間出てこなかったなんてバカバカしい
マスコミ批判をしながらも
でも私も雑誌を読むときはまずそういう記事から読みます
と言って、人ってそういうものですよと諭すところ。
フッと楽になりますよね。
一方向からだけでなく、同じ人間だって反対の視点ももっている。
そういうことをどこかでみんなに気付いて欲しいと思います。

posted by 愛虎 at 23:56| Comment(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする