2017年04月01日

未来人

今日は土曜日でしたが、新入生の学力テストがあり出勤でした。
今年は受付時に学生証の配布も行ったのですが、
正しく配布するために、受付で氏名と生年月日を確認し
学生証に記載されているそれらの内容と顔写真を見て、本人に渡します。

18歳の学生なのだからよくよく考えれば当たり前なのですが、
1998年生まれの子がほとんどです。
しかし改めて彼らの生年月日を見て
「え? きゅ、きゅうじゅうはちねん!!」と思うわけです。
だって、98年といったら社会人になってすでに5年超。
もう普通に大人になっていたわけで。
来年は自分とちょうど30歳差の子が入学するのか とか、
早生まれなら世紀末生まれなの! とか
さらに再来年には21世紀生まれの子が来るの!! と、
急にものすごい歳の――いや時代の差を感じてしまった訳で。

ま、彼らから見れば私は昭和時代の人なので
時代の差も当然あるのですけれど。
大学勤めも丸十年。たいていのことは驚かなくなったけれど
数年後の21世紀人の襲来で、また新たなネタが出てくるのかしら。
昭和も遠くなりにけり。

posted by 愛虎 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする