2017年04月12日

たった一度の会なのに

昨日は毎年恒例の新入生歓迎会でした。
新入生を待たせないために、15時という早い時間から開催。
私は昼イチの授業だけでしたので、時間的には十分出られる時間。
たまたま10日ほど前に別件で訪れた幹事役の学生に
食事の手配は早くした方が良いとか、会場の確認は取れているのかとか
老婆心丸出しで色々アドバイスをしたにもかかわらず…




すっかり失念しておりました
時々、やるんですね。
会議や会合などビックリするほどすっかり忘れてしまうこと。
そして思い出すのはたいていとんでもないタイミングで、
コトがすっかり終わってしまって、いっそ
もう、思い出さない方が良かったくらいの時間になってから(笑)。

今日になって、若手助手にすっかり忘れてしまったと白状し、新歓の様子を聞いてみたら
昨日はどういう訳か先生の出席率が悪く3人しか参加していなかったとのこと。
本当に申し訳ないことをしました。
我々にとってはこの4月のはじめのザワついた時期は
年度初めの仕事も多く、授業も落ち着きがなく、早く過ぎてしまえ〜
とすら思ってしまう毎年訪れるお決まりの季節。
でも新入生にとってはたった一度の新歓であり、
そこで先生方が3人しか来ないというどこか寂しい会にしてしまったということ。
あくまでも主催は学生会ではありますが、オリエンテーションや
授業のガイダンスよりちょっとくだけた感じで
先生との交流ができる初めての場となります。

迎える側にとっては今後も幾度となく続くイベントですが
学生にとってはどれもこれも一度きりのイベントということを
改めて心に刻みました。

posted by 愛虎 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック