2017年04月21日

やっぱり終焉

ソフトバンクが、とうとうワイモバイルのPHS新規契約を
来年3月いっぱいで受付終了すると発表した。

この4月、通信速度が遅くなるという脅迫に屈し
スマホの機種変をしたところ、PHS回線搭載の機種はすでになく
強引にPHSとの別れをしたばかり。
PHSユーザーを締め出す包囲網がどんどん迫ってきていると思ったら
やはりそういうことでしたか。

PHS回線の良いところは何と言っても電磁波が少ないことと通話音質の良さ。
赤ちゃんの頭に直近してスマホをやっているお母さんを見ると
脳腫瘍のリスクは大丈夫だろうと心配していますが
PHSならスマホや携帯電話ほどのリスクはない。
通話音質も良くなってPHSの音質と遜色なくなってきたとの説明でしたがいやはや…。
「遜色がない」と言っている販売員はPHSの通話音声を聞いたことがあるのだろうかと
疑うほどです。
そう思うほど、PHSと比べたときの通話の音は悪いです。

そんな利点を売り込むこともなく、PHSユーザーをただ
ソフトバンクユーザーに移行させてしまうためだけにウィルコムを吸収したのかしら。
アンドロイドワンもずいぶん不親切で使いにくいスマホで
(自分の使い勝手の良いように設定できる項目が少なすぎる)
本当に毎日使っていてストレスです。
せめてスマホでもウィンドウズフォンを出すとか差別化をするような気概はないんですね。

DDIポケット時代から愛用していたPHSが無くなるのは本当に淋しい限りですね。

posted by 愛虎 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック