2017年02月21日

存在感の消し方

子育て中の友人の陣中見舞に行ってきました。
とはいえ、子育て未経験なうえに子供の扱いが苦手な愛虎なので子守は到底できません。
子育て経験のある友人から、ごはんを作ってくれるだけで有難いとの
アドバイスを受け、我が家のおかずと一緒に2軒分作って持っていくことにしました。

今日の差し入れはハンバーグ!
同じハンバーグばかり持っていっても仕方がないので
今夜は煮込みハンバーグ、あとは冷凍で普通のハンバーグとチーズインの3種。

  P2214617.JPG

料理は嫌いではありませんが、趣味でやるほどでもありません。
苦にもならないけれど、家事の一環として最低限。
だから、既製品の調味料やハーフメイド品をふんだんに使います。
即行帰ってもだいたい帰宅が6時半〜7時の間。
はじめから作るなんて時間も気力も足りません。

愛虎流ハンバーグは最短で作りたい場合は、既成のハンバーグたねを使うこともあります。
その場合は半分が既成のたね、半分は牛挽きでつなぎなど足して整えます。
(既成のハンバーグたねは必ず玉ねぎが目視できないサイズの物を選ぶ。笑)
今回のハンバーグは一番よくやるパターン。既成のロースト玉ねぎを使います。
というのも玉ねぎ嫌いの愛虎にとっては、玉ねぎの甘みは調味料的に必要なものの
玉ねぎの食感は消去したい。
時間があればじっくり玉ねぎを炒めて
それからひき肉に混ぜることもありますが、日々はそんな時間はありません。
そこで市販のロースト玉ねぎを使います。
ロースト玉ねぎは細切りが多いので、それをみじん切りして。
それでもみじん切りをしてから炒めることを考えたら、超時短!
カレーやミートソースでも使います。(我が家のカレーは玉ねぎはみじん切りです)

よく細かく刻んで玉ねぎ嫌いな子供に食べさせるなんて話も聞きますが
細かく刻むくらいでは、あの 噛んで玉ねぎ臭が口の中にジワっと広がるのは防げません。
生の玉ねぎから調理するなら3ミリ以下のみじん切りにして歯ごたえが無くなるほどに
ローストして噛めなくなるくらいにしないと。

posted by 愛虎 at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

なんちゃって柚子ジャム

我家の前には柚子の木があります。
あんまり手入れはしておりませんが(お隣さんが時々やっている?)
毎年たくさん実をつけてくれるのです。
年末には木の下側半分の実を収穫して、
冬至前後に連日盛大に柚子浮かべて柚子湯にしました。

上側半分はそのままになっていましたが、一昨日お隣さんが収穫。
またまた柚子湯では能がないので、ジャムにすることにしました。

柑橘系のジャムと言えばマーマレード。
しかし愛虎的には果皮がたくさん入っているマーマレードの
皮の口に残る感じと苦みが実はそんなに好きではない。

ということで
中の薄皮も極力外して果肉のみを取り出し、果皮は大きいまま一度茹でました。
yuzu-jam01.JPG yuzu-jam02.JPG yuzu-jam03.JPG
そして果皮の内側の白い部分(苦い元?)をこそぎ取ります。
果皮は全部使わずきれいなところだけをスライスし、再度軽く茹でます。
水を切ったら、果肉(果汁)と砂糖を加えて鍋でとろみが出るまでコトコト。
yuzu-jam04.JPG yuzu-jam05.JPG yuzu-jam06.JPG

できあがり〜。
  yuzu-jam07.JPG yuzu-jam08.JPG
さっそく柚子茶にしてみましたが、なかなかイケました。
もっと砂糖を入れても良かったかもしれませんが、
柚子の酸味のきいたサッパリ系の味に仕上がりました。

posted by 愛虎 at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月15日

具志堅のもずく

私のもずくの概念を変えたもずく――
具志堅商店のもずくです。
(もずくの通販はやっていないようですが…)

いつも仕事帰りによる駅ビルの物産展でこの夏はじめて購入し、その太さ、食感に感動。
それまで、もずくなんて つきだしとか箸休め程度のもの程度に思っていたのに。
その具志堅商店さんのもずくが再び、物産展でやってきた。
で、当然購入!

もちろん普通に三杯酢や、おススメの青じそドレッシングで食べても
飽きが来ないのですが、今回はお味噌汁に入れてみました。これがまた絶品!
1回目は食感を楽しむため、食べる直前に投入。
今日は普通に具を入れるタイミングで投入。
どちらもそれぞれ楽しめます。

他にも卵焼きや雑炊に入れても良いそうです。
天ぷら(かき揚げ)という食べ方も良いらしい。

お味噌汁に入れてみたいと思ったのにはわけがありまして――
島根県の中木屋本店の長寿みそを友人からいただいたのですが
これがまた美味しいのです。
父の生前はほとんど中元や歳暮で届く味噌を使っていたので、こだわりもなく
あるから使っているという程度で、最近はスーパーで何となくパッケージを見て。

中木屋本店は実はその友人のご主人の実家で、そんな縁で巡り会ったのですが
久々に納得できる味噌汁の味に出会えたというか。
そんなわけで、この美味しい味噌と美味しいもずくで味噌汁が飲みたい!となった訳で。
こちらも通販サイトなどはないようなので(電話注文)
気軽に「試してみてね」とは言えないのですが、
我が家のお気に入り味噌の座を一気に勝ち取ったお味噌です。

どちらもどこかで見かけたら、ぜひ一度味わってみて。

posted by 愛虎 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月27日

食べるジョギング

この夏、青果関係のお仕事のご近所さんに
「試作品なのですが…」と乾燥えのきをいただいた。

乾燥えのきなんてどう使ったら良いんだ?水に戻すのか?
などと思いながら、皿うどんの具に入れてみた。
そしたらすごい旨味が出て、とても美味しくなった。
えのきって乾燥した方が美味しいのかも!
調べてみたら、乾燥することできのこの細胞壁にヒビが入り壊れ、
その中に閉じ込められている旨味や栄養素が溶け出しやすくなるんですって。
(干し椎茸なども同じ)
とは言え、えのきを買ってきてわざわざ乾燥させるのも面倒くさい。
どこかで売っていたらな…と時々気にしながらスーパーなどで見ていました。

そしたら先日、ついに見つけました!
 enoki.JPG

コンソメスープにしたり、味噌汁に入れたりして使っています。
炒め物はもちろん炊き込みご飯なんかにも良いみたいです。

ちなみにえのきには「エノキタケリノール酸」という「脂肪酸」が含まれていて
「食べるジョギング成分」とも呼ばれるほど脂肪の燃焼効果が高いとか!
食欲の秋とスポーツの秋がいっぺんにできる食材なのかも♪

posted by 愛虎 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月04日

プレこどもの日2015

今年も元居候のさゆぽん一家が我が家に遊びに来てくれました。
中高年だけの我が家は、混雑したGWの観光地に行くわけもなく
なんの予定もない引きこもりGWでしたが、
さゆぽん一家の訪問でようやく人並みのGWになった気分です。

昨年、気合いをいれて挑戦した子供の日メニュー
…やり尽くしてしまった
ということで、今年はキャラクターものは一点のみ。
電車ハンバーグです。
15kodomonohi01.JPG 15kodomonohi02.JPG 15kodomonohi03.JPG
ハンバーグにスライスチーズをのせ、カニカマと海苔で飾り付け。

 15kodomonohi04.JPG 15kodomonohi05.JPG
どうやら、喜んでもらえたようです。
それでも本物にはかなわない〜!
電車が来ると食卓の電車そっちのけで、窓から電車をのぞくカーズ。

posted by 愛虎 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月04日

正統派・あん餅雑煮

150104-06.JPG年末から出張に出ていた若殿・アキちゃんがようやく帰ってきました。
ということで、ようやく家族揃って新年です。

この日のために(?)香川県より取り寄せた
正統派お雑煮をやっといただけました。
日本で唯一というあん餅雑煮。
毎年我が家でも食べておりますが、実はあん餅雑煮は我流。
神奈川県と香川県のコラボ雑煮なのです。

というのも、母が嫁いで1年ほどで姑は他界。
もともと遠く離れたところに住んでいた上に、早く亡くなったので
父の家の味はほとんど知る間がなかった。
よって本当のあん餅雑煮は食べたことがない。

「白みそにあん入りの餅が入っている雑煮」

という情報だけで作ったので、
それ以外の具などは、すべて母の田舎仕様なのです。

一度は本物のあん餅雑煮を食べてみたい、ということで
今年、やっと取り寄せることができました。

冷凍の状態であん餅とレトルトの味噌汁がセットになった代物。
あん餅を解凍し、味噌汁は湯煎するだけ。
150104-01.JPG 150104-02.JPG 150104-03.JPG

具はいたってシンプル。輪切りにした大根と金時人参。
そして我が家ではやったことのない青のりをふり、
お取り寄せらしく金箔までついて賑々しさを演出。
  150104-04.JPG

青のりがアクセントになってとても美味しかった〜。
具がシンプルなのは少しさびしいけど、青のりは
来年以降、愛虎家流あん餅雑煮にも採用したい。
ただこれ、徳島産の青のりらしいのだけれど、焼きそばなんかにかかっている
普通の青のりとちょっと違った。
アオサのもっと細いものというか、針のように細い青のりで
その細かさが、存在を主張し過ぎない感じで良かった。

150104-05.JPGぜひ一度正統派も食べていただきたいわ。
都内では、新橋の「せとうち旬彩館」の2階、「かおりひめ」
の新春特別メニューで食べられるはずです。
 
ちなみに今回我が家で取り寄せたのはこちら
誰でも簡単にあん餅雑煮を楽しめます!
こちらは「せとうち旬彩館」で購入した海老の餅。
製造元は高松市だったけど、初めて見た!


posted by 愛虎 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月03日

リメイク料理?

土曜日に「世界一受けたい授業」でたまたま見た
残り物を大変身させる料理。
キムチ鍋にひと手間加えてトムヤンクンにしていたのですが
はからずも昨夜の我が家はキムチ鍋。
最後はキムチ雑炊にする予定でしたが、休日出勤の若殿の帰宅が遅く
雑炊締めができなかったので、けっこう残ってしまいました。

ということでさっそく今夜、試してみました。
キムチ鍋に魚介を加えて、レモン適量。
本当にこれだけでトムヤンクン風に変わりました〜
 kimuti01.JPG
全く違うものになって、キムチ鍋ではとても飲み干せない汁も
スープとして完食できました〜るんるん

美味しくいただいたトムヤンクン風スープでしたが
若殿はすっぱい料理が苦手なようで…
一人分アレンジを変えてみました。
こちらは愛虎家オリジナル(?)

キムチ鍋に魚介を入れるところまではトムヤンクンと同じ。
それから麺類用のごまだれを入れ、さらに溶き卵を落として担担鍋風。
 kimuti02.JPG
キムチ鍋よりマイルドになって美味しかったようです!
ラーメン締めしたい気分になるけど(笑)。

料理のカテゴリーなのか?って言われると疑問ですがあせあせ(飛び散る汗)

posted by 愛虎 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月04日

モロコシごはん!

立て続けにごはんネタですが…

またまた友人が紹介していた炊き込みご飯のパクリです。
スーパーでとうもろこしが89円と特価だったので、
これは“あのレシピ”を試すとき!と即決。

作り方はいたって簡単!
1.生のトウモロコシ1本の実をほぐす。
2.お米二合を研ぎ、普通の水加減の水を入れる。
3.ほぐした実、塩小さじ1/2、トウモロコシの芯を入れて普通炊き。

例によって我が家は3合なので
トウモロコシは1本のまま、塩小さじ3/4にしました。

tokibi_meshi-01.JPG tokibi_meshi-02.JPG tokibi_meshi-03.JPG

炊き上がりはほとんど塩の味はしません(甘味を引き立てる隠し味的存在です)。
トウモロコシの甘味と、シャキシャキの食感がすごくイイ。
そして芯からダシが出るのかトウモロコシの風味もすごくイイ。
最初はそのまま、それからバターを入れて、さらに醤油をちょっとたらして
3度美味しいぴかぴか(新しい)

先日のBeerごはんは大人の味でしたが
今日のモロコシごはんは子供が喜びそうな味です。
どちもおススメるんるん

posted by 愛虎 at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月02日

beerごはん!

友人がSNSでビールの炊き込みご飯なるものを絶賛していた。
どうやら水の代わりにビールを入れるらしい。
え〜! っと思いながらも、できあがりのご飯は何やら美味しそう!
材料の枝豆も、先日 母の知人からいただいた茶豆があったので
さっそくやってみることにした。

元のレシピはこちらのようです。

《材料》(我が家の場合)
beer_meshi-01.JPGお米 3合
ビール 270ミリリットル
黒ビール 270ミリリットル
鶏モモ肉 150グラム
枝豆 90グラム
粒状だし 6グラム
塩 6グラム

《作り方》
1.鶏モモ肉は1p角に切る。枝豆はゆがいてさやから出しておく。
2.材料をすべて炊飯器に入れ、1をのせて炊き上げる。

もともとのレシピではビールがグラム表示。
ビールの比重はわからなかったので、勝手に1グラム=1ミリリットル
として入れてしまいました。
そ〜っと入れましたが、泡立っておどろおどろしい(笑)。
beer_meshi-02.JPG beer_meshi-03.JPG

しか〜し、炊き上がるにつれ家じゅうに広がるイイ匂い。
そして炊き上がった時のふんわり感。
beer_meshi-04.JPG beer_meshi-05.JPG

アルコールはすっかり飛んで、めっぽうアルコールに弱い私も
赤くなったりせず完食できたので、お子様でも大丈夫。
ただ、ビールの種類にもよるのかもしれないけれど
ほのかにビールの苦みがあるので、やや大人向きの味かも?
でも教えてくれた友人は3人の子持ちなので、お子様でも
美味しく食べられるのかな?

(子供たちがいない日に、作ったらしい。好みはあるだろうけれど、大人向きか…9月3日追記

簡単なのに深〜い味わい、ぜひお試しあれ!

posted by 愛虎 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月28日

リリコイシロップ

家の中で追熟(放置?)していたリリコイが
かなりイイ香りになってきたので、リリコイシロップを作りました。
まだシワシワしてない実もありましたが、全部調理してしまいました。

まずは実をスプーンですくいだし、沸騰しない程度に10分ほど煮る。
lilikoisirop01.JPG lilikoisirop02.JPG lilikoisirop03.JPG
lilikoisirop04.JPG lilikoisirop05.JPG

ザルに空けて、種をこす。
lilikoisirop06.JPG lilikoisirop07.JPG

果汁と同量のシロップ(水:砂糖が 1:1のもの)と混ぜて終了!
  lilikoisirop08.JPG

余った種は周りに果肉がまとわりついてして捨てるには惜しいので
紅茶に入れ、リリコイティーにしてみました。
レモンティーのような酸味のある紅茶になりました。
lilikoisirop09.JPG lilikoisirop10.JPG

できたシロップはソーダで割ったり、
ヨーグルトやパンケーキのソースにしても良い。
楽しみ〜るんるん

ここ数日の涼しさで、開花ラッシュ第二弾が始まりそう。
後半の実の完熟は11月になりそうなので、後半の実は昨年同様リリコイバターにしようかな?

posted by 愛虎 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月10日

自家製ジンジャーエール

某SNSで友人が投稿した写真がとても美味しそうだったので
レシピをおねだりした。
写真のイメージ通りのおいしさ&とても簡単 だったので、ちょっとご紹介手(チョキ)

本人曰く 適当な作り方でーす とのことだが、そこがイイグッド(上向き矢印)
ピリ辛ジンジャーシロップ
材料
根生姜 200グラム
黒糖 200グラム
レモン 1個
シナモンスティック 1本
唐辛子 1個
粒胡椒 5粒
クローブ 5〜6粒

作り方
@ 生姜は薄くスライスし、鍋で砂糖と混ぜ合わせる。
 Gingerale01.JPG Gingerale02.JPG

A 友人のレシピでは一晩置くとなっていたけれど、
朝は時間がないので、4時間ほど置きました。(左から1時間後、3時間後)
 Gingerale03.JPG Gingerale04.JPG 

B Aに300〜400ミリリットルの水と細切りにしたレモンの皮
  スパイス全部入れて、ふたをしてを30分くらい煮る。
 Gingerale05.JPG Gingerale06.JPG

C そのまま冷ましてから濾す。レモン汁を最後に加える。となっていたけれど
  冷やす前にレモン汁を入れてしまい、さらに濾さずにジンジャー等を入れたまま
  ビンに入れてしまいましたあせあせ(飛び散る汗)
 Gingerale07.JPG

Gingerale08.JPG炭酸水製造機で炭酸水を作って、シロップを投入!
自家製ジンジャーエールの出来上がり。
砂糖と生姜の分量が1:1ですが、
割ると甘味はほとんどありません。
ドライジンジャーエール風です。
甘いジンジャーエールがお好みなら、サイダーやスプライトのような
甘味の付いた炭酸と割るのが良いのかもしれません。

愛虎的には、この大人のジンジャーエールが好みるんるん
さっぱりしておいしいです

posted by 愛虎 at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月05日

プレ子供の日!

昨夜は、元居候のさゆぽん一家が愛虎家に里帰り!?
愛息カーズのために、普段色気のない食卓の我が家も
張り切って子供の日メニューにチャレンジ

ネットからヒントを得て
兜春巻き(中身はチーズ入りツナポテト)
鯉のぼりウィンナー(目はスライスチーズとゴマ)
鯉のぼり風(?)鯛飯(かまぼこで鱗でも作れば良かった!)。
KAZU1405-05.jpg KAZU1405-06.jpg KAZU1405-07.jpg
パリパリとチーズが好きだったようで
兜に真っ先にかぶりついてくれました。
そして、食事が始まる前に鯉のぼりの目(チーズ)は全て無くなっていました(笑)。
KAZU1405-08.jpg

通勤で使っている京急線のプラレールをプレゼントすると
京急が好きだったようで、喜んでくれました。
オバチャンはもうその喜ぶ姿を見ただけでご満悦〜
KAZU1405-01.jpg KAZU1405-03.jpg KAZU1405-04.jpg
この春一目惚れしてプレゼントしたドクターイエローリュック


鉄男っぷりがパワーアップし、我が家から見える黄色い電車に大興奮。
夜遅くなってから、パパにせがんで何度も外に見に行ってました。
なんびゅ線!
とさっそく連呼しておりました。

GWの我が家唯一のイベント終了!
今度はお兄ちゃんになって、また“なんびゅ線”のお家に遊びに来てね!

posted by 愛虎 at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月16日

トーストの極意!?

昨日のNHK「あさイチ」のスゴ技Qは、食パン活用術というテーマ。
その中で美味しいトーストの焼き方のスゴ技について紹介があったらしい。

我が家の朝は近頃、もっぱら菓子パンや総菜パン。
食パンは電子レンジの「グリル」で焼くので時間がかかる割にカリッと仕上がらない。
そんなこともあって、食パンを食べる回数が減っている。

ところがそんな悩みを解決する方法として
ガスコンロの「魚焼きグリル」を使って焼くのだとか。
家庭用の調理器の中で一番高温にできるのが魚焼きグリルで
表面が素早く焼き固まり、中の水分は外に逃げずに
それどころか生のときよりも水分の割合が増えとのこと。

そうは言っても魚焼きグリルでしょ〜。
いくらグリルの網や受け皿を洗ってもその周りの魚臭さが
パンに移るんじゃないの〜?
と思ったのだが、何でも
パンの水分が蒸発し、外に出ようとする力が働くので
パンに魚臭さがつかないと言っていたとか。

半信半疑でさっそく今朝試してみた。
しかも昨夜、アジの開きを焼いたばかり。
番組のレシピは片面焼きのグリルの方法でしたが
我が家は両面焼きなので、強火でたったの1分。

外はカリっと中はフワ〜っと。
少し焦げ目もついて香ばしい香り。
心配した魚臭さも一切なし。
すご〜い!本当にスゴ技グッド(上向き矢印)
そこまで期待していなかったので写真も何もありませんが

魚焼きグリルのサイズ上、一度に焼けるのは食パン2枚ですが
1回1分しかかからないので、じゃんじゃん焼けます。
ということで、明日も我が家は食パン。
しばらく食パンブームになりそうです。
ガスコンロの方、ぜひお試しあれ!

posted by 愛虎 at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月25日

北京ダック風

お歳暮の時期にいただく、ハムなどの贈答品。
スーパーで買うスライスされたハムと違って
ハムステーキにしたり、ポトフに塊ごとドーンと入れたり
肉々しくてとても美味しい。

そうは言っても、味付けの濃い焼き豚系の塊は
いつも最初は美味しくいただくのだが、
たくさんは食べられない。
残ったものは炒めものに入れたり、チャーハンにしたりするのだけれど
もっとガッツリ食べる方法はないかしら、と調べてみたら…

北京ダック風に食べるレシピがいくつか出てきた!
いくつかのレシピを組み合わせて…

愛虎家流 焼き豚の北京ダック風
1.真空パックに入った焼き豚をパックのまま湯煎し温め、
  お好みの厚さに切る(我が家は6〜7ミリ厚)
2.ごま油をうす〜く引いたフライパンで餃子の皮を両面焼く。
3.お好みの野菜と一緒に包む。
BeijingDuck_hu01.JPG BeijingDuck_hu02.JPG BeijingDuck_hu03.JPG

今回使った焼き豚はタレに浸かったタイプだったので
そのタレをそのままつけて食べました。
けっこう好きです、この食べ方。
ひと塊、一気に食べきることができました〜わーい(嬉しい顔)

料理のカテゴリーに入れるのかよっ!っていう内容ですが…。

posted by 愛虎 at 23:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月27日

芋づくし

お隣さんから、安納芋と金時芋と長芋をいただいた。
安納芋は裏ごしがしやすく色もきれいなので、栗きんとんにもってこい!
それだけでは余りそうなくらいたくさんいただいたので
小ぶりなものを3つほど使って、さつまいもご飯にしました〜。
水加減はいつも通り、そこに酒と塩を少々。
さいの目切りの芋を上に乗せて普通に炊飯。
(さらに残ったらやっぱり定番の焼き芋!)

困ったのは長芋の方。
実はワタクシ、糸をひくもの、ヌルヌルしたものは苦手。
(納豆やオクラを筆頭に、里芋や山芋、めかぶ、じゅんさい等々)
いつもひたすら母に食べてもらってました。

ところが昨日、忘年会の店で長芋のフライドポテトなるものが出て
付き合いで恐る恐る一本。いただいてみたらなんと!
ヌルヌルがすっかり消えて外はカリカリ、中はホクホクではありませんかるんるん
これならいけるグッド(上向き矢印)
ということで、さっそく今日我が家で再現(?)

普通のフライドポテトと要領は同じ。
今日はハーブソルトをふっていただきました〜。
我が家で一気に20センチくらい消費できれば上出来です!?
これならまた食べられそうです。
ヌルヌルが嫌いな方、ぜひお試しください!!

imodukushi.jpg

posted by 愛虎 at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月19日

ついにリリコイバター!

131215-01.JPG家の中で色付きはじめたリリコイJrたち。
その後さらに床暖の効いた暖かい部屋で色濃くなってきた。
と言っても、すでに枝から摘んでしまった実。
風味だけは活かせるだろうと、リリコイバターを作ることにした。

レシピは「リリコイバター」「レシピ」で検索してヒットする
上位3〜4くらいのサイトを参考にして、愛虎流にアレンジ!
(と言えば聞こえが良いが、かなり適当にあせあせ(飛び散る汗)

17個のJrたちを使って、なんと200ccのジュースが取れました。
131218-02.JPG 131218-03.JPG 
131218-04.JPG 131218-05.JPG

ここに砂糖を大さじ5杯強入れてとろっとするまで煮込みシロップにする。
風味どころかこの時点で思った以上に美味い!
131218-06.JPG 131218-07.JPG
あらかじめ少し練っておいた(崩した程度)無塩バター200gに
そのシロップを少しずつ入れながら練るように混ぜ合わせる。
本当はシロップを冷やしてから入れるレシピが多かったのですが
後先考えず、始めたのが23時過ぎ。
冷えるのを待っていられないので、
鍋が触れる程度冷えたところで、高いところから細く入れてしまいました。
131218-08.JPG 131218-09.JPG 131218-10.JPG
で、完成〜るんるん
ちょっと舐めてみたら美味にござりまする〜るんるん
バットにラップを敷いて流し込み、そのままラップをかぶせます。
冷蔵庫で固まったら、冷凍保存の予定。使いたい量だけ折って使える。
(以前、手作りガーリックバターをいただいた時にそうしていた)
131218-11.JPG 131218-12.JPG

冷えて馴染むともっと美味しいそうです。
わ〜い、美味しすぎたらどうしようわーい(嬉しい顔)

来年もやっぱり絶対リリコイで緑のカーテン。
冷え込んでいるけどお外のリリコイ、がんばってくれるかなぁ…

posted by 愛虎 at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月20日

偽装表示の効用

偽装表示のニュースで少しも驚かなくなったが、
朝刊の地域版の小さな記事に「おや?」っと思うものがあった。

シーパラで不適切表示

どうやら横浜・八景島シーパラダイス内のクレープ屋で
ホイップクリームを使用した商品に生クリームと表示していたそうだ。
記事では、
動物性脂肪分が中心の生クリーム
植物性脂肪や乳製品から作られるホイップクリーム
と表現されていたけれど、そういう違いがあることを知りませんでした!
それに乳製品も動物性脂肪分では??
という疑問も残って、一体生クリームとホイップクリームの違いは何ぞや?
と思ってしまったもので…。

気になって調べてしまいました。
厚生労働省より「乳および乳製品の成分規格等に関する省令」
という省令が定められているそうでして、

「クリーム」は生乳、牛乳又は特別牛乳から乳脂肪分以外の成分を除去したもので
 生乳、牛乳又は特別牛乳から乳脂肪分の多いところだけを集めたもの。
 乳脂肪分は18%以上。無添加。
これがいわゆる“生クリーム”

「乳等を主要原料とする食品(乳主原)」
純乳脂乳主原、混合脂肪乳主原、純植物性脂肪乳主原
の3つにわけられ、いわゆる“ホイップクリーム”にあたる。
「純乳脂乳主原」は使われている脂肪分は乳脂肪。
 ただし乳化剤や安定剤などの添加物を使用している。
 つまり『生クリーム100%使用』とパッケージと表示されていても、
 乳化剤や安定剤が使用されている場合は“生クリーム”ではない。
「混合脂肪乳主原」は脂肪分の一部に植物性脂肪が使われたもの。
「純植物性脂肪乳主原」は乳脂肪をすべて植物性脂肪に置き換えたもの。

ですって〜!
ねぇ知ってた? これ、常識なの?

調べていく中で、コメダ珈琲店でも、「ホイップクリーム」を使っていたのに
「生クリーム」と表記していたというニュースを見つけたけれど
ニュースにならなければ気がつかなかった。
バナメイエビの存在も初めて知ったし。
偽装表示の効用かもしれない。


とはいえ、
生クリームのように定義がはっきりしない(定義上はただの「クリーム」)ものは
ともかく、名称や産地が明らかに違うものはやっぱり誤表示。
褒められた話ではないけれど…。
実際食べ比べてみても味も分からないのに、表示だけ見て飛びつく消費者が
作らせた悪しき慣例なのかもしれません。

参考文献:タカナシ クリーム・コンシェルジェ

posted by 愛虎 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月30日

野菜嫌いのゴーヤチップ

私の野菜嫌いはかなり年季が入っていて
舌の嫌いなものセンサーはかなり精密にできている。
玉ねぎをみじん切りにしても、3ミリ以上なら選別できるほど。
「フルーツみたいな甘いトマトよ。オレンジみたいだから騙されたと思って食べてみて」
な〜んて甘い言葉に何度騙されたことだろう!
嫌いなものセンサーはきっちりトマトの味検出する。
レタスの上に乗っていたハムを見つけるのだってお手のもの!!

そんな嫌いなものセンサーを見事にくぐりぬけたレシピがある。
昨日のゴーヤくん日記で紹介したゴーヤチップ。
今までも何回か作ったけれど、苦くて青くて食べられなかった。
それが今回のレシピではうっすら苦味があるかもくらいで
野菜っぽさはすっかり消えた驚異のレシピ。

Uko開発手(チョキ)愛虎家流ゴーヤチップ
1.ゴーヤは真ん中で切り、種を抜いてからスライサーで薄い輪切りにする。
  軽く塩もみし、水が少し出てきたら流水にさらし、ペーパタオルで水を切る。
2.コンソメと片栗粉をまぶして160度の油でカリッとするまで揚げる。

   130725-03.JPG ビールのつまみにぜひ!

posted by 愛虎 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月13日

ズッキーニづくし

昨日、母が「お客様からいただいたの」と
持ち帰った紙袋。
  zucchini01.JPG

「え?なんでワイン?」と思ったら
自家製のズッキーニでした。
ワインボトルよりでかい!
  zucchini02.JPG

明日使って〜るんるん という母のリクエストで
今夜はズッキーニづくし。

一品目はナスとズッキーニのナムル。
調べたレシピは炒めることになっていたが
いつも作るナスのナムルと同じ作り方にしてみた。
 zucchini04.JPG zucchini05.JPG
ズッキーニの方は味のしみ方がイマイチだったので、
今夜はナス多目に盛り付け食卓へ。

そして、意外に好評だったのがズッキーニのサラダ。
作り方はとっても簡単!(コチラをご覧あれ)
zucchini03.JPG

最後の一品は我が家のオーソドックスな食べ方。炒め物。
今日はウィンナーとエリンギを入れ、バターソテー。
zucchini06.JPG

今夜は食べきれなかったけれど、とりあえず使い切りました〜手(チョキ)

デザートは…

posted by 愛虎 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月25日

秘伝レシピ?

昨日のパーティーで気にいったお料理のレシピを紹介します!

一つは私が紹介して良いものかどうか迷ったので、
『JALドレ』というキーワードだけお知らせします。
検索するとすでに多くの方が紹介しているのでそちらを参考にして下さい。
けれど昨日教わったものと若干違う。
愛虎友人バージョンを知りたい方には、
極秘(?)でお知らせするので連絡下さい。

その名の通り元々は1970年代にJALのCAが手作りしていた機内食用ドレッシング。
それがオランダ駐在員のマダム達の間で広まったとのこと。
機内で出すので、分量が大量!
4リットルものドレッシングができてしまうので、
マダム達がおしゃべりしながら作って、みんなで持ち帰り
無くなる頃にまた集まって…という優雅なドレッシングです。
大勢で集まる時にはとてもよさそうわーい(嬉しい顔)

サラダオイル、米酢、たまねぎ・にんにく
の分量は他の方が紹介しているのと変わりません。
その他の分量や材料にちょっと違いがあります。
JALdre01.JPG JALdre02.JPG
      JALdre03.JPG JALdre04.JPG
とにかくそれらの材料を混ぜれば出来上がりなのですが
ポイントは最後に入れる大量のサラダオイル・米酢の入れ方。
糸のように細〜〜く注ぎ、同時に混ぜるのです。
だから、混ぜる係×1名、注ぐ係×2名の計3名が少なくとも必要です。
そして毎日容器を振ってかき混ぜ、育てること2週間で美味しくなるそうです。


そしてもう一品。
手羽中のMIKIスペシャル(?)
【タレの材料】
tebanaka.jpg 醤油…大2
 砂糖…大2
 みりん…大1
 コチュジャン…小2
 白ゴマ…適当
【作り方】
鶏の手羽中を唐揚げ、タレであえる。これだけ!
甘辛くて美味いのだ! 売っているものみたい!!

みなさま、ちょっとしたおもてなしの際にはぜひお試しあれるんるん

posted by 愛虎 at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする