2016年11月06日

2000・200

昨日、ソフトボール女子の日本リーグのトヨタ自動車vsビックカメラ戦で
上野由岐子投手リーグ史上初の通算2000奪三振を達成した!

今シーズンに達成できるのかどうか微妙だと思っていたけれど、
最終節での達成できてしまうところが上野投手らしい。
今年は9月10日の通算200勝も達成し、こちらも史上初。記録ずくめとなった。

プロ野球では200勝投手が20人以上、2000奪三振はさすがに3名しかいないけれど
ソフトボールではどちらも史上初なの?という感覚もあるかもしれない。
しかしソフトボールは試合数もイニング数も全然違います。
野球は9回まであり、試合数は年間144試合(昔も130試合あった)。
ソフトボールはご存じの通り、イニングは7回まで。
試合数に至っては年間22試合です。
その中でこの数字はいかに驚異的であるかわかるでしょう!

そして注目したいのは上野投手のコメント
「16年間続けられたからこその記録。自分の体に感謝したい

そうなんです。やはり故障しない体が記録を作るのです。
ここ1〜2年は多少の不調はあるようです。今年も一時戦線離脱しています。
でも、引退をしなければならないほどの致命的な故障はないということ。
そういう肉体を持っていることが素晴らしいのです。
イチロー選手然り。長く続けることのできる肉体があることの強み。

上野投手自身「まだまだ投げられる感覚がある」と言っているようなので
フル出場でなくても、やっぱり2020の東京五輪で上野投手を観たい!

ちなみに明日「くりぃむしちゅーのレジェンドY」に上野選手が出演するみたいですね。
もちろん収録は奪三振記録前ですが、楽しみです。

posted by 愛虎 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月15日

目のつけどころがNHK

五輪種目から外れて以来、マスコミからの取り上げられる機会も
すっかり減っていたソフトボールですが、
2020年にはひとまず復活するということで、チラホラとテレビに出てきはじめた。
それでも金メダル投手、上野選手個人への注目がまだまだ高く
他の選手は滅多に取り上げられません。

しかし上野投手は東京五輪時は38歳。
代表選手にはなれるだろうが(なって欲しいけれど)
エースとして投げるかどうかはなかなか難しい。
この夏は上野選手を欠きながらも世界大会で勝ってきたし
2020に向けて新たな戦力への注目もして欲しいと思っていたら―

やっぱりNHK!
今夜の「アスリートの魂」で
4年後のエースは誰だ ソフトボール 日本代表」をしてくれました♪

よくソフトボールで視聴率をとれるのは上野選手しかいない
というようなことを言いますが、
それは上野選手しか取り上げない結果がそうなるわけで
こうして新たな選手をどんどんテレビでアピールしてくれれば
数字がとれる選手になるわけで。

今夜の放送はBS1ですが、再放送は地上波で日曜の深夜0時15分からやります。
ぜひご覧ください!

posted by 愛虎 at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月05日

2020への形

人知れず(?)日本でソフトボールの国際大会が開催されていました。
2日から群馬県高崎市で始まったジャパンカップ、
日本はこの大会では11年ぶりに優勝!
それもあのアメリカにコールド勝ちで!!
しかしそんなに大きなニュースにはならないのですね…。

今回は5月に故障し、代表選手に選ばれていながら
6月の日米対抗や7月の世界選手権を欠場をしていた上野投手の復帰試合でもあった。
代表としては1年ぶりの登板でもあった訳ですが、やはり小さな記事。

初日には参加4か国の2選手が、五輪復帰を祝い
かつて復活を熱望してボールで2016の数字をかたどったように
2020と描いて写真を撮るなど、喜びをアピールしたけれど
それもほとんど報じられることはありませんでした。

地味ではありますが着実に、2020に向けチームの形が見えてきたように思います。
上野投手本人も「引退」が頭をよぎったことがあると言っている通り
東京五輪で38歳になる上野投手一本でいくチームはもう終わった。
6月7月の試合でも若手投手が頑張っていたし、今回も決勝では
藤田投手が4回まで投げて、最後に上野投手が抑える形。
ソフトボールにはリエントリーというルールがありますから
それをうまく利用してワンポイントで上野投手を使うような起用方法も
4年後には出てくるかもしれない。

ほとんどの選手は入れ替わり五輪経験者が減っていますが、やはり五輪は特別な舞台。
投の要で上野投手、打の要で山田選手が2020まで代表選手として
残っていられたら、選手兼コーチみたいな立場にもなってくれそうで
良い具合にこれまで蓄積したものを引き継いでいけるのではないかなと期待しています。

あとは4年後までにどれだけ、世界のソフトボール人口が増えているか。
それによって東京五輪だけの競技になるのか、その先に続くのかが
決まってくるように思います。
野球はお金もWBCもあるのでどうでも良いですが、ソフトには五輪種目に残って欲しい!


posted by 愛虎 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月04日

Back Softball !

ソフトボールがとうとう五輪に帰ってきました。
除外が決まってからすでに10年以上。
最後となった北京大会からも8年が経って、ようやく復活が決まりました。

その間、新たに追加された競技を見るにつけ
ただ単純にヨーロッパに馴染みがあるかないかだけで
決められているとしか思えない。
高額賞金のスポーツではリスクを背負ってまで五輪に出たくないと ほざく選手続出で、
そんな競技を追加した意味があるのか首をかしげたくもなった。

2020以降は未定ながらも、とりあえず復活したことが第一歩。
しかしゴールはここではない。
2020に出場できるチーム数は決まっているものの、
あと4年でその予選にどれだけのチームが、国が、参加するか。
ソフトボールの競技人口を2020までにできるだけ増やすこと。
裾野を広げることで次につながる。
あとは各国でいかに放映してもらうか。
今の五輪は残念ながら放映権料が取れるか取れないかがすべて。

そしていずれ野球とは完全に切り離すべきだ。
恐らくアメリカのメジャーリーグは今までのスタンスを崩すまい。
五輪に協力する気はない。ゴルフと同じだ。
同じダイヤモンド競技とは言え、野球には何億も稼げるプロがある。
五輪にステータスを感じないような競技と組むべきではない。

五輪完全復活に向けて、今日からがスタート。
まずは東京五輪のソフトボールを盛り上げよう!

posted by 愛虎 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月26日

収獲

10日前から開催されていたソフトボール女子世界選手権。
3連覇のかかった大会でしたが、残念ながら結果は2位。
日米対抗ソフトボール2016でアメリカに2勝1敗としていたので
いい雰囲気のままいけると思いましたが、
逆にアメリカがそうそう何度も勝たせてくれるわけがないのも確か。

今回は決勝トーナメントになってから(ソフトのトーナメントは敗者復活があるので)
アメリカと2度顔を合わせたが、今回は2敗となってしまった。

しかし落胆することもない。
今回は当初から、日本の大エース上野投手を欠き、
その中で若手ピッチャーがどこまでやれるか試すことが大事だった大会。
打たれても、打ち返す。昔のように打たれたら最後という感じではなく
序盤の2〜3点なら射程距離にあるという感覚もつかめたのでは。
3連覇の記録は残念ですが、着実に東京五輪に向けての課題を見つけたことでしょう。

五輪追加種目の正式決定は8月3日との噂もある。
今回は敗れたものの、「日米対抗ソフトボール2016」や「USAワールドカップ」
ではアメリカに勝っているので、アメリカ1強の種目ではないという
アピールは十分できているだろう。
五輪追加種目が認められますように!

posted by 愛虎 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月16日

目指せ、三連覇!

日本代表チームが三連覇をかけて世界選手権に挑んでいる。

…というニュースは一向に出てきませんが、実は
カナダで15日から「第15回世界女子選手権大会」が開幕している。
東京五輪での復帰を見込んでか、大会史上最多の31チームが参加しているそうだが
スポーツニュースでも取り上げられていない。

二年に一度の大会ですが、
2012年の第13回世界選手権で42年ぶりの優勝、
2014年の第14回大会でも優勝し、連覇を達成!
是非とも三連覇を目指したいところ。

当初、この大会までには故障を治し出場するとしていた
日本のエース・上野選手が回復間に合わず今回も欠場。
苦しい試合が予想されるものの、
「日米対抗ソフトボール2016」ではアメリカに2勝1敗と勝ち越し、
先週開催された「USAワールドカップ」でも決勝でアメリカを下し、
3年ぶり3度目の優勝を飾っており、上野選手抜きでも
上々の結果を残してる。

2020年の東京五輪を考えても、上野選手抜きでどこまで戦えるか
確かめる意味でも良い機会となるでしょう。

参加チーム数も史上最多であるから、予選方式なども
五輪に決定した場合、同じような方法になる可能性が高い。
最初から優勝を狙うのではなく、色々想定しながらやった結果が優勝であれば
東京五輪に向けていい形でスタートを切れるのではないだろうか。
大いに期待している!


posted by 愛虎 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月30日

ソフトボーイ2

ソフトボーイ希望の星!
早大ソフトボール出身の日本ハム・大嶋匠選手が5年目にしてようやく花開いた。
今季は開幕一軍入りを果たし、その後も着々と
4月10日には初先発出場
5月31日には初安打
6月3日には初マスク
先一昨日には初打点
とステップを踏んできました。
そして昨日とうとう初先発マスク!
やっとここまで到達しました!!

2011年のドラフト7位で早大ソフトボール部から球界入り。
話題にはなったけれど、やはりソフトボールと野球は別競技。
なかなか野球の感覚に慣れず苦戦しているようでした。
昨日も満点とはいかなかったようですが、
5回までを2失点に抑えて、まずまずの結果ではないでしょうか。

男子ソフトボールは女子にも増してマイナースポーツ。
トップクラスの選手になっても、実業団に入るくらいで
残念ながら華やかさはない。

そんな中、大島選手の活躍はソフトボーイから
プロ野球への道もあることを示す非常に意味のあること。
シーズンも間もなく後半に入るが、シーズン終了までこの調子で頑張って欲しい!

posted by 愛虎 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

2020に向けて!

今夜は東京ドームで開催された「2016日米対抗ソフトボール」を観戦しました。
上野投手が肉離れで戦線離脱中だったので、上野投手抜きでどれくらい
アメリカの打線を抑えることができるのか、楽しみにしていました。

ノーアウトでランナーを貯める嫌な場面も何度かありましたが、
動じることなく一つずつきっちりアウトをとって、結果アメリカに5―1の快勝!
なかなか見ごたえのある試合でした。
2016nichibei_SB08.JPG 2016nichibei_SB07.JPG

愛虎の注目はソフトボール界の二刀流と呼ばれる藤田倭投手。
先発のマウンドに立ち5回まで1失点で投げ切りました。
2016nichibei_SB01.JPG 2016nichibei_SB03.JPG

初回には女イチロー・山田がタイムリーで先制。5回に追いつかれたものの
その裏ににすぐに追いつき、さらにキャプテン・坂元選手が
2ランホームランで一気に4点も突き放し
2016nichibei_SB02.JPG 2016nichibei_SB04.JPG 

藤田投手から、山根投手、濱村投手の継投。
2016nichibei_SB05.JPG 2016nichibei_SB06.JPG

試合後は、2020東京五輪への復活を願って、日米両チームで記念撮影♪
そして本日のヒーローインタビュー。
2016nichibei_SB09.JPG 2016nichibei_SB10.JPG

現役のソフトボーラ―らしき女子中高生や
30年前40年前に女子高生だったと思われるオバチャンたち。
観戦者がなんだかみんな懐かしい雰囲気の方々で
後の席で解説しながら一喜一憂しているオバチャンたちなど
もうその話の輪に入りたいくらい「あるある」な会話をしておりました。

やっぱりみんなソフトボールに飢えているのです。
だから都内では1日限定という事情もあるだろうけれど3万人超えの観客が入るのでは。
少なくとも東京五輪に限って言えば、これ以上の集客がゆうに見込めるはずで
放映権や興行としても美味しいコンテンツになるはずです。

2020復活へののろしになって欲しいなぁ。

盛り上げるための作戦なのでしょうが今回のチケットには
全員日本代表レプリカユニフォーム付き。
採算はとれたのか少し心配になりましたが…

posted by 愛虎 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月10日

王手!の前に…

この週末、ひょっとしたら大記録が達成されそうだった
ソフトボール女子日本リーグ。
記録とは、前にもここで話題にした上野投手の200勝。
7日の第一節1日目に登板し、上野選手が所属するビックカメラ高崎が
豊田自動織機を6―2で勝利。通算199勝目を挙げ、いよいよ200勝へ王手です。

しかしこの試合、上野選手は途中降板。
というのも5回の投球中に足を滑らせ、左足を痛めたとのことで
自ら訴えて降板。
当初、宇津木監督は状態によっては8日にも登板させて200勝を狙えたら狙う
と言っていましたが、結局ベンチにすら入らず今日になって軽い肉離れと発表されました。

軽い肉離れとは言え、上野選手もすでに33歳。
記録を焦らずきちんと治してから出て来て欲しいものです。
ただ、来月の23日からは日米対抗ソフトボールがありますから
そこではぜひ投げていただきたい!
“軽い”そうですから、間に合うかな。
ソフトボールを盛り上げるためにも、そこに向けて治して欲しい〜。
ファンの勝手な願いです。

posted by 愛虎 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月17日

オリンピックへ開幕!

2016softball.JPGこの週末から日本女子ソフトボールリーグが開幕した。
ソフトボール界にとって今年は特別な年。
というのも、2020東京五輪の追加種目が決まる8月に向け
機運を高めていきたい時だから。
直前の木曜日にはスポーツニッポンで見開きで特集もされていた。

そんな想いがあるからだろうか。
今年は金メダリストの復帰組も多い。
かつては日立製作所でショートをやっていた西山麗選手。
心臓の手術をしてソフトボールを続けた選手として、当時はかなり取り上げられた。
昨年からはコーチをしていたが、今シーズンから
豊田自動織機に移籍して選手に復帰。
また上野投手の女房役だった峰幸代捕手。
2014年シーズン後に引退したが、2年ぶりに
なんと!ライバルチームのトヨタ自動車で復帰。

昨日は豊田自動織機は日立に4―2で勝利。
またトヨタ自動車もデンソーに3―2で勝利。
そして開幕2日目の今日はビックカメラ高崎が
相変わらずの存在感のエース・上野投手が投げ、ホンダに7―1で快勝。
これで上野投手はリーグ通算200勝まであと2勝にせまり
すぐにでも大記録に到達しそうだ。

野球は暗い話題が多く、五輪復帰に向けあまり良い印象がないが
ソフトボールには競技自体の話題でどんどん盛り上げてもらって
なんとか追加競技に残ってもらいたい!

posted by 愛虎 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月23日

ソフトボーイ

4年前、平成のONと呼ばれていた選手…
よほどマニアでない限り思いつかないでしょう。

日本ハムの中田翔選手と大島匠捕手

中田はわかるけれど大島って誰じゃい!ってお思い?
2011年ドラフトで日ハム入りした早稲田大ソフトボール部出身
硬式野球未経験で7位とは言えドラフトに引っ掛かった異色捕手。
キャッチャーとしてよりバッターとしての資質を買われての入団でした。
投球距離の短いソフトボール(よって体感球速は野球より早い)での
打撃力を期待されていましたが、やはり上手投げのピッチャーになかなか対応できず
結果を残せずにいました。

そして入団5シーズン目で見事開幕一軍入り
男子ソフトボールは女子よりもさらに知名度が低く、実業団もありますが
残念ながら人気がない。

そんな男子ソフトボールにもプロ(野球ですが…)という道が
ゼロではないという証明ができただけでも大島選手の功績は大きい。
当面は代打要員でしょうが、チャンスをしっかりものにして
バカバカ打って欲しいなぁ!

posted by 愛虎 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月27日

世界最高峰

昨年からのラグビーの盛り上がりをみると
ついつい2008年の北京後五輪後のソフトボールを思い出し、
あのままソフトボールが五輪競技であったなら、
いまだ盛り上がっていたのではなかろうかという妄想をしてしまうこと多々。

すっかりマイナースポーツに逆戻りしてしまったソフトボールですが
この6月、アメリカ代表と国際親善試合をすることになった。
オリンピック競技としては一緒に組んでいる野球で
元選手の覚醒剤事件などあり、かなり印象を悪くしているのでこのニュースは嬉しい。

日程は6月の23〜25日の3日間。
初日は東京ドームで、残りの2日が復興支援としてシェルコムせんだいで行うとのこと。
北京五輪で盛り上がった後は、西武ドームで開幕戦をやるといったことはあったが
東京ドームの公式戦は初めて。ここは大いに盛り上げたい。
木曜日か…。当然ナイターだよね。行きたい!チケット取れるのかしら?

アメリカと日本といえばもちろん世界最高峰の試合になる。
もう一度、熱い試合を見せて、ソフトボール熱を戻して欲しいな。

 
posted by 愛虎 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月23日

大抜擢

ベースボールの本場、アメリカで約半世紀ぶりに女性スカウトが誕生した。
フルタイムの女性スカウトは大リーグでは1950年代以来だそうで。
以外にも若く、22歳のアマンダ・ホプキンスさんという方。
マリナーズで3年間、インターンシップを行っており、
そのセンスが認められたということ。

お父さんが現在はパイレーツのGM特別補佐を務めているそうだが
もともとは30年以上の経験を持つスカウトとのこと。
彼女もその血を受け継いでいるということもあるのだろうけれど
どうやらスカウトとしてのセンスはそれだけではなさそうだ。
というのも大学ではソフトボール部で主将を経験したというから
そこでダイヤモンドスポーツに対する眼力を養ったのではなかろうか?

ソフトボールからプロ野球への道―選手としてではないけれど
があるというのは、それも本場アメリカでそういう例が出てくるということは
喜ばしいことで。
日本では実業団を引退したソフトボーラーは、
その経験を活かすにはソフトボールの指導者になるくらいしか道がない。
全員が指導者になれるわけではなく、狭き門でもある。
もちろんスカウトという職も誰もがなれるわけではないけれど
そういう道もあるということは明るいニュース。

日本でも将来、ソフトボール出身の女性スカウトが出てきたら面白いなぁ!

posted by 愛虎 at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月07日

残念ながら…

ソフトボール界に、なんとも残念なニュースが飛び込んできた。
日本女子リーグ1部に所属する「ペヤング」の全選手が今月末で退社。
チームは休部届を出したが、このまま廃部になる可能性が高いとのこと。

ペヤングの創部はごく最近の2009年
レオパレス21が廃部をした翌シーズン(2010年)に日本リーグに参加。
様々なスポーツで実業団チームが整理されるご時世に、
しかもオリンピック種目から外れてしまったソフトボールに
新たに参入してくれた男気あふれるチーム。

昨年の「ごきぶり混入事件」の際には、
ソフトボール部が最初に切り捨てられるのではと心配したけれど
早い時期に部の存続を決めて、ここでも男前な決断をしてくれた。

その『ペヤングソースやきそば』の人気はやはり不動ということだろうか。
販売再開すると「ペヤングソースやきそば」の生産業務が多忙となり、
練習がままならなくなってしまった。
そのため主力の選手10人以上が退部。
残ったメンバーでは人数が足りず、やむなく休部。
休部が決まり、結局部員全員が退職することになったようだ。

ここが、実業団の難しさ。
経営が悪化すれば、最初に切られるのはわかるけれど
経営が好調過ぎても多忙となって、練習時間が削られてしまうのね。

2020年に五輪復帰がほぼ決まった中での廃部。
選手達は本当に悔しかったでしょうね。
2年以内に申し出ればリーグ戦に復帰できるとのことですが
難しいのだろうな…。


posted by 愛虎 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月28日

第一関門突破!

今日は午後から多くの方が、福山雅治結婚の話題で
ざわざわざわざわ していたようですが…(笑)。

私がざわざわしながら待っていたのは
2020東京五輪の追加競技の最終候補の発表。
追加競技の話が出た当初から、有力競技のひとつであったソフトボールは
下馬評通り、最終候補に残ったぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

よかった〜。これでグッと五輪競技への復活が現実的になってきました。
何としても東京で観たい!でもきっと人気のチケットになるのだろなぁ…。

それにしても5競技18種目は予想以上に多かった。
(ちなみに空手は一体どの流派が種目になるのだろう?
 一番競技としてはまとまりにくいと思ったのだけど。)

しかし、確定はまだもう1年先。
追加種目の正式決定は来年8月にリオで開かれるIOC総会まで待たねばならない。
それでも2020がさらに待ち遠しくなってきた♪

posted by 愛虎 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月11日

のこった〜!

水害騒ぎですっかり埋もれてしまったニュースですが
2020年東京五輪の追加競技にソフトボールが残りました〜ぴかぴか(新しい)

月末に迫った開催都市が提案できる追加種目の推薦。
JOCは「野球・ソフトボール」「空手」「スポーツクライミング」
の3つを推薦する意向であると昨日報じられた。

わ〜い、のこった!

と思ったのだけど、なにぶん世の中、雨のニュースで持ちきりで
能天気にオリンピックの話題などできないな、と一人喜びを噛みしめていました。

決定までにはまだ
大会組織委員会の15日開催の種目追加検討会議での絞り込み。
28日開催の理事会での決定。
という手順を踏まなくてはなりませんが、ともかく最終段階に残ったことは
追加に向けて大きな期待となった。
Back Softball!


posted by 愛虎 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月06日

同窓ソフトボール再び

150906.jpg5月に3年ぶりにソフトボールの大会に出場したのですが、
今回同じチームが区内の秋の大会にエントリーし、
再び助っ人をしてきました。

私ともう一人はあれから一度他チームの練習の助っ人に
参加していましたが
1ヶ月前の強豪チームへの練習参加で、肩が悪化していましたが)
他のメンバーはあれ以来のソフトボール。
それでも5月に一緒にやっているので、もう知った仲間の感覚(笑)。

相手は短パンの揃いのユニフォーム、いかにも強そう!というチームで
初回こそ、お互い3者凡退で終わったものの、2回からはこちらのメッキが剥げました。
結局11−5で完敗。

それでも今日は3打数2安打(2つともバント)1盗塁。
フィルダーチョイスで余計に進塁できたり、存分に足を使った
お得意のプレーができて愛虎的には大満足です。
5点のうちの2点はホーム踏めたし!
相手チームにスカウトされました!?

ひとつ、インフィールドフライに関して疑問なジャッジがあり
帰宅後も、同級生たちとそのプレイについての解釈を確認したりして
次に仮に試合に出たとして、そのシーンがあるかどうかもわからないのに
むっちゃ復習してしまいました
それも含めて、楽しかったな。

posted by 愛虎 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月09日

東京五輪への助走

金曜日から岐阜県大垣市で開催されていた
ジャパンカップ国際女子ソフトボール大会。

出場国はアメリカ・オーストラリア・台湾・日本の4か国なので
順位云々というより、アメリカとどういう戦いができるかが注目だったと言える。
日本は全勝で予選を一位通過。
予選でのアメリカ戦では先発は上野投手ではなく、
24才の藤田倭(やまと)投手が6回4安打無得点に抑えた。
藤田選手は打者としても4番を打ち、初回にセンター前ヒットで先制。
二回にも2死から連打などで2点を追加したとのことだから、頼もしい。

決勝は日本のエース上野投手でアメリカに挑み
7回まで0-0のまま、タイブレークに突入。
8回に2点を取られ、残念ながら5大会ぶりの優勝を逃した。
結果は2位ではあるけれど、予選のアメリカ戦はかなり収穫になったのではないだろうか。

また、五輪追加種目の決定が迫る中、国内で国際大会を開催させることは
良いアピールにもなる。
東京五輪に向けて着実に実績を重ねているように思う。

posted by 愛虎 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月30日

車いすソフトボール

あるSNSから、この秋「ライオンズカップ車椅子ソフトボール大会
なる大会が開催されることを知った。

大会を開くほどチームがあるんだと感心していたら
先程、NHKの「Sportsプラス」でも取り上げられていた。
車いすソフトボールという競技があることは知っていたけれど
映像を見るのは初めて。

番組では障害はないけれど車いすソフトボールに魅せられた元高校球児が登場。
その魅力を語っていた。
まず、第一に車いす座れば障害のあるなしに関わらず一緒にプレイできること。
そして車いすが走りやすい舗装された広場さえあれば(例えば駐車場)
グラウンドがなくてもプレイ出来る。
さらに椅子に座っているため遠投ができず、いかに中継するか等
連係プレーがカギになってくるため、奥が深い。
とのこと。

2020に向け、健常者も参加競技はもっと盛り上げていい!

ちなみに冒頭の「ライオンズカップ車椅子ソフトボール大会」は
9月5日〜6日(土、日)の2日間、西武プリンスドームD駐車場で。
当日は「体験会」や「チャレンジコーナー」で実際に車椅子ソフトボールも体験できるらしい。
ちょっと体験してみたいですね。


posted by 愛虎 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月25日

4年ぶりの炎天下

温度計が35℃近くに差し掛かるお昼過ぎ、
4年ぶりの炎天下のソフトボールという暴挙に出ました。
久々なので直射日光に当たらない方が良いだろうと
長袖の機能性インナーを着て、首にはひんやりタオル。
出来る準備は全部して出掛けました。

中学時代のチームメイトから「練習の助っ人を探している」と誘われ、
練習のお手伝いならと、二つ返事で承諾。
返事をしてから、全国大会の経験もある市内強豪チームであることを知った。
ただでさえ、暴挙なのにそんなに強いチームの練習に参加してしまうなんざ
暴挙の上塗り!?
明日、大事な仕事があるし、とにかく生きて帰ろうと誓って家を出た。

山の上の小学校に自転車を走らせ…もとい自転車を引きずり、いざ!
誘ってくれた友達は遅れてくるので、一人で乗り込んだわけですが
さすが強豪チーム。どこかでお目にかかったような
どこから見てもソフトボーラーな方々が温かく迎えてくれましたわーい(嬉しい顔)
中には高校時代のチームメイトと中学の時チームメイトだった人もいて、
市内の当時の強豪中学や高校の名前を聞くと懐かしい。

幸い明日が試合とのことで、調整の練習でいつもより少し軽かったようです。
しかし炎天下にすっかり弱くなって、汗はダクダク、息はすぐあがるし
チームの流れを切りはしないかと心配でした。
それでも、違うチームの練習というのは、ちょっとしたメニューの組み方とか
練習のやり方とかが微妙に違って、このチームはこういう順番か〜
と思うだけでもちょっと楽しい。

ただ、さすがに強豪チームだけあって、近隣の強豪チームのこともよく知っている。
私がやめた原因の方々のことも知っているようで、
良い意味と悪い意味で「世間は狭いよ」を実感しました。

posted by 愛虎 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする