2017年10月07日

安心感

約一年ぶりに会社員時代の同期と会いました。
当時の会社に残っているのは一人だけで、それぞれ子育てや新しい仕事や
まったく環境が違いますが、当時のままのノリで話せる仲間です。

出会ってからおよそ四半世紀。
私は入社する前にその会社と仕事(調査)をしていたため、
入る前に「何か違うぞ?」と違和感を覚え、入社が嫌になっていましたから
愛社精神など全くなく、同期ともそんなに長く付き合う気もありませんでした。
それでもこんなに長く続く仲間と出会えたのだから不思議。
会社は3年3か月で辞めているので、辞めてからの付き合いの方が断然長いって言う。
(教授推薦なので、一応配置換えなど何度もお願いしたり辞めない努力はしたのだけれど)

今でも会えば当時の話で盛り上がり、今の話でも盛り上がり
ある意味お互いのデトックス――毒吐きですな。

有難いことに、結局なんだかんだ過ごしてきた時期時期でそういう仲間が必ずいてくれる。
中学高校は部活だし、大学は研究室やサークル、会社員時代然り、ボクシング仲間も。
加えてここのところ同期会続きで仲間が増えつつあるし(笑)。
そろそろ息を抜きたいなと思うと「そろそろ会おうぜ」と順番に声を掛けてデトックス。
「イイね、イイね」とノッてきてくれる仲間がいることが有難い。
そういう仲間がいると、おそらく今後何かシビアなことが起きたとしても
とんでもなく間違った方向に曲がってしまうことはないのかなと、妙に安心している。

posted by 愛虎 at 23:55| Comment(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

何の日

多くの人が明日から3連休ですね。
帰りの電車では、女子中学生が
「9(キュー)は休みだね」
「月曜日って何で休みなの?」
「「体育の日」
「なんで」
「「知らない」

と話していました。

「1964年の東京オリンピックの開会式の日。それくらい知っておいてよ」
と言いたい衝動にかられました。

ハッピーマンデーが始まったのが2000年ですから
今の子供たちは生まれた時にはすでにハッピーマンデーで
本来の日にちや意味は知らないんですね。

当時、経済効果がどうのこうの言ってましたが実際はどうだったんでしょう。
せっかく祝日しているのに、その意味が薄れてしまっては勿体ないというか。
意味が薄れても良いくらい経済効果が高いというなら我慢もしますけど。
どうもそうでもないような…。
元に戻って欲しいな〜。

posted by 愛虎 at 23:59| Comment(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月05日

どんなかほり

今夜はノーベル文学賞が日系英国人のカズオ・イシグロ氏に決まり
一気にトップニュースがイシグロ氏一色になりました。
いつもなら、すでに万年候補者のようになってしまった村上春樹さん“落選”が
ニュースになるのですが、今年はイシグロ氏のお陰で落ちたニュースが流れずホッとしています。
(本当に“有力候補者”なのだろうか…?)

そんなニュースに埋もれて、驚きのニュースを発見。
有名ラーメン店経営者を大麻所持で逮捕「大麻のにおいがする」と客が指摘
別に客がにおいで密告したわけではありませんでしたが、
店の従業員に「大麻のにおいがする」との指摘をした客もいたそうです。

ん?ちょっと待って。
大麻のにおいって皆さんご存知?
大麻のにおいを知っている方って、なんで知っているんでしょう?
そっちも気になって気になって。
その客もヤバいんじゃないの。

posted by 愛虎 at 23:37| Comment(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

世代

火曜の午後は某大学での測量学非常勤講師。
今日から本格的に“測量機器”を使って実習を行います。
まず比較的据付けが簡単なレベルを使った水準測量(地盤の高低差を求める)。
例年通り機器の説明をして、いざ実習!となるわけですが
今年もいました。

レベルの下の台座についている整準ネジというネジを無限に回そうとするヤツが。
整準ネジを回すことで足の高さが変わり、機械を水平にするという仕組みです。
(机の脚についているアジャスターなどを想像してください)
当然機器に収まるような長さですから、ある程度の高さまで行くと
ネジの長さが足りず、ネジ穴からネジが外れます。

昨年、4班中2班も回し過ぎてネジを外したので
今年は外れる前に注意して事なきを得ましたが、ものすごくネジが剥き出ているのに
さらに回そうとする感覚はどういうことなのでしょう。
昭和育ちのオバチャンには理解不能です。
今年もやはり2班くらいがそうして調整するうちにどんどんネジを高くしていたので
昨年は「学年カラー?」と思いましたが、もしや「世代?」と思った次第で…。
年々、先に言ってあげなければならないことが増えています。
高額な機器でなければ、わざと失敗させるのも有りなんでしょうが
なかなかそういう訳にもいかないので、ついつい口が出てしまいます。

posted by 愛虎 at 23:51| Comment(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月02日

優越感

今日は10月2日でトウフ―豆腐の日―だそうですが、
全く関係ない25 フタゴ―双子―の話題。

あるニュースサイトで見つけたのですが
ファッションブランドのアンダーカバー (UNDERCOVER)で
モデルが全員双子のファッションショーがあったのだとか。
ヘアースタイル、バッグを持つ手や掛け方までミラーのように左右対称にし
全てがリバーシブルの服なんですって。
ファッションはどうでも良いのですが、どんな双子〜?というのが
気になって気になって
サイトを見てみたら―

あら?全然似ていない!

メイクをわざと変えているのかもしれませんが、
それにしても体格や骨格も違う双子でちょっと期待外れでした。
と同時に 勝った と何故かよくわからない優越感が(笑)。

posted by 愛虎 at 23:57| Comment(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

ご縁の意味

ようやく父の納骨ができました。
もうすぐ亡くなって10年。まぁ節目の前にできたのでヨシとするか。
7月に引き渡しがあって、7月8月は新暦と旧暦のお盆があり、9月はお彼岸と
霊園が混む時期が続いたので、何となくタイミングが合わなかったのと
あまり暑い中やるのはしんどいのと、父の生まれ月が10月なのと
などなどありまして、今日のこの日となったわけです。
 171001-01.JPG 171001-05.JPG

引き渡しの時は園内のカートでピュッと見に来ましたが
ゆっくり歩いて園内を歩くと、お馬がみえる角地に、霊園初の五輪塔を建てたので
遠くからでもかなりニョキッと見えます。
これから墓地が埋まってきたらそうはいかないのでしょうが、目下ちょっと気に入っています。
  171001-02.jpg 171001-03.jpg 171001-04.jpg

今日の開眼法要と納骨法要には副住職がお出でになりましたが
愛虎的には副住職のお話の方が聞き易かったです。
今日は「ご縁」についてお話をしてくれましたが
「縁」は現世での人とのつながりのことだけではなく
ご先祖様とのご縁と現世でのご縁、縦と横のご縁が重なり合ったところにある
と仰っていました。
特に自分に何人のご先祖様がいるのか、という話は
171001-06.JPG両親が2人、祖父母が4人、曾祖父母8人と増えていくと
10代前まで行けば1024人のご先祖様がいるそうで。
でもそのうち一人でも欠ければ、今の自分はないのだと。
だからこそ「縁」は今だけではなく、過去の「縁」があってこそ
とのことで、何だかとっても腑に落ちました。
お骨が無くなり、ちょっとガランとした感じがします

縦横の縁にこれからも感謝しないと。


posted by 愛虎 at 23:55| Comment(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月30日

故人が取り持つ縁

今夜はうどん県の親戚が来て、イマドキな和食屋で皆で夕食をいただきました。
最近はもっぱら葬儀や法事で顔を会わせることばかり。
実は今夜も明日の父の納骨のため、わざわざ遠方より来てくれたのでした。

一周忌の折、父の二つ上の兄―つまり愛虎にとっては伯父さんですが―に
父の面影を感じて以来、実はこの伯父に会うのが少し楽しみで
170930.jpg今夜もやっぱりここが似ている、あそこが似ていると
私たちが知らない昔話を聞きながら確認していました。

半世紀近い人生の中で、年に一度の頻度も会っていない伯父なのですが
昔以上に親近感が湧いて、讃岐弁も心地良くて
血とかルーツってすごいなとまたまた改めて思うわけで。
家族葬だとか簡略化の法事が流行っていますが
故人が取り持つ縁みたいなものを私は残していきたいなと思います。
ただの見栄とか体裁だけでなく、法事にはそういう役割もあるんじゃないかなと。


posted by 愛虎 at 23:59| Comment(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

さらば31

阪神タイガースが3位以上―CS進出を確定させた今日、
ウエスタン・リーグでは掛布2軍監督の最終戦があった。

契約満了。アニキと方針が合わないなどの報道もあったけれど
指導者も育てていこうと思うともう少し若手に2軍監督をしてもらっても良いのかもしれません。
退任が決まってから2軍の試合にも関わらず相当なファンを動員し、
掛布人気に衰えがないというのを実感したし、今日の最終戦に至っては涙するファンもいたとか。
かく言う私もやっぱり掛布世代。31番は特別な番号な気がしています。
掛布引退以降、それに優る想いで応援する選手はいなかったかも(アニキくらい?)

そのファンの声援に掛布自身も
現役時代を思い出した。背中がぞくぞくするような。
左バッターボックスに立とうかという気持ちになった。いいものですね。

って。その言葉にこっちが“いいものですね”って思うよね。

さらに良かったのは胴上げ拒否。
本人曰く、胴上げは優勝監督か引退選手がするもの だそうで。
そういうところをキチっと決めているところなんかも
さすがミスタータイガースですな。

背番号31は脱ぐけれど、来期からはオーナー付アドバイザーに就任することが昨日決まった。
背番号無しはちょっと寂しいけれど、タイガースに残ってくれてありがとう!

posted by 愛虎 at 23:52| Comment(0) | タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

何でも有りの何にも無し

週明けに安倍さんが解散を表明してから慌ただしい。
解散も何だかよくわからんし、他の政党も無節操に動き出した。
以前から離党が噂になっていた民進党議員が待ってましたと離れていき、
小池さんを担ぎ出して(もちろん小池さんもこの時期を待っていたのでしょう)
「希望の党」などとセンスのかけらも感じられない名の新党を発表した。
そうかと思えば、彼等の出て行った民進党が希望と合流とか。
小池さんは新たな『壊し屋』としか思えず、そんなに組みたいかね、と感心します。
それに自由党もくっつくとか?
おやおやいつの間に『生活の党と山本太郎となかまたち』
から改名したんだ、とか わからないことだらけです。
さらには民進党の前原が無所属で出馬とか。
えーー、党首なのに無所属って、もう自分の党のこと信用してないじゃん!みたいな。

小池劇場でもなんでも良いけれど、もうコント以下。
どこに入れても結局政治ごっこに付き合わされるだけでしょ。
選挙をすれば何億という税金がつぎ込まれるわけで、
解散するなら、自分たちで金出して勝手にやれや、と思いたくもなるわけです。

明日、「解散」されれば、きっとさらに何でも有り有りの戦術が繰り広げられ
個々の思想も政党の政策は何〜〜にもない薄っぺらな選挙戦になるんでしょうね。
それでも何らかの意思表示はしたいから選挙にはいきますけどね。
なんだか虚しいですね。

posted by 愛虎 at 23:55| Comment(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

完食指導のお陰で?

『野菜嫌いでも生きられる実験』継続中の愛虎が、今日一番気になったのは
「給食の完食指導で5人が嘔吐 小学校教諭を厳重注意」というニュース。
いつの時代にもいましたね。こういう先生。

幸い私がそういう先生に当たったのは小学校5年生の時だけ。
クラス替えになって、担任の先生が完食主義の先生とわかった時には
この先生に2年間給食を強要されるのか…と思いましたが、
急きょ転校することになり2か月間の我慢で済みました。

ま、過度な強要は良くないとは思いますが、社会に出れば色んな人がいますから
先生だってそういう中の一人と思えば、何でも子どもから排除してあげるのが
良いことなのかなという疑問は残ります。
今の子が打たれ弱いのは、予め大人が苦痛を排除し過ぎているところにあると思うので。
本当に嫌なら嫌と言えるようになることも必要だと思います。

ただ、今回の場合はまだ1年生というから、「食べれません!」と
自己主張をするのはちょっと難しかったかもしれません。
1年生のうちには、まず“学校嫌い”にさせないようにしてあげる方が良いと思いますし。

で、愛虎の場合どうだったかというと、もう5年生でしたから
いくら昼休みに教室に残され、遊ぶ時間が無くなったとしても頑として食べませんでした。
5時間目に支障が出ないような時間で、先生の方が「もういいよ」と言うので
時には玉ねぎや人参をスプーンで潰して、固形を目立たせなくするなどの
工夫をしながら過ごしました。
固形が目立たなくなると先生の方も多少は我慢して口にしたかなと思ってくれて
早目に「もういいよ」コールが来ることもありましたし、
とにかく先生の「もういいよ」という声を聞くと「勝った!」と思っていましたから。
ですから転校は寂しくもあったけれど、給食に関しては“勝ち逃げ”みたいな気分で
ざま〜みやがれと思っていたので、
まぁ昔の子供は結構ふてぶてしかったなと今では思います。

そんな愛虎でも、本当に食べなければならないシチュエーションでは食べます。
とっても偉い人から勧められちゃったり、残せないような雰囲気の会食の席では。
逆に、私が普通に野菜を残しているとするならば、それは心を許してる証拠と思ってね

posted by 愛虎 at 23:57| Comment(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする