2018年02月10日

バトンタッチ

今週火曜日にとうとうNHKから「あさイチ」の司会交代について正式報道があった。
翌朝には番組冒頭で本人たちの口からも発表があり、
いよいよ本当に卒業なんだなという実感が湧いてきました。
朝のニュースを読んでいた頃から有働さんのファンだったので
あさイチも少なくとも冒頭の挨拶だけ(特に朝ドラ受け)は見たい派でした。
興味がある内容なら、帰宅後オンデマンドで見ることもしばしばだったので
本当に残念ですが、有働さんの年齢とあの働き方を見ていると
確かにアラフィフにはきついと思っていました。

NHK的にはまだ後任の正式発表はないものの、かなり早い時期から
近江アナの名前はチラついていました。
ブラタモリでいい味を出していますが、ちょっと物足りない。
「あさイチ」世代の共感を得るには若すぎるな、と。
とはいえ、有働さん世代のアナウンサーは有働さんと同じような問題がすぐに起きる。

そんな中あがってきたのは、イノッチの後任として博多華丸・大吉さん。
(正式発表ではないですが)
この人選なら、近江アナをフォローできそうだし、
ガラッと雰囲気を変えつつ「あさイチ」世代も納得できそうです。
NHKなかなかやるな、と思いました。
これが女子アナと男性タレント(それもジャニーズ)だったりしたら
やたら比べてしまいそうで、絶対コケたと思います。

そうは言っても、今のように「少なくとも冒頭の挨拶だけ」というほどにはならなそうで
4月からはすんなり家を出れそうだわ。

posted by 愛虎 at 23:24| Comment(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月09日

心配御無用

今年度も無事、卒業研究発表会が終わりました。
無事――と言って良いんだよね?
というのも目立ったのが漢字の読めなさ。
多くの聴講者を前にもちろん緊張もあるのでしょうが、読みにくい専門用語ならいざ知らず
左図の結果から ひだりずのけっかから
右図のように みぎずのように
昔は海上で むかしはうみじょうで
なんて具合。
さらには
豊富な ゆうふくな、え? ゆうほうな
とか
固定し とうていし
とか訓読みでも音読みでも合ってないし、という間違えも。

正しい日本語を読むだけでなく、聞く機会も減っているのかなと思いました。
きちんとしたニュースで、きちんとしたアナウンサーが話す標準語を聞く機会も必要だなと。
当人には質疑で正すわけにもいかないので(指導教授が指導していないので)
あとでチャンスがあった子には正しい読み方を教えておきました。
会社に入ってから恥をかきますからね。

発表以外の常識的なことも年々怪しくなっていくのか?
と一抹の不安を覚えたのですが、
夜遅くになって、突如大学の同期からSNSでメッセージが。
写真も同時に送られてきて「こいつ誰だかわかる?」と
どこかで見た顔だけどわからない。そしたらなんと1年前に卒業したばかりの子でした。
当時は茶髪で耳も隠れるくらいの(長髪まではいかないが、私より長い)髪型でしたが
そこに写っていたのは黒髪短髪の好青年。ちょっと太ったかもしれないけれど
すっかり社会人らしくなって一瞬わかりませんでした。
ついでにもう一枚送られてきて、6年前の卒業生。
2人とも同期の下で頑張っているようで、飲み会の席で無理やり“上司”に写真を撮られて
送られてしまったのでしょうが、嬉しいものです。
しっかりやっていそうな姿を見ることができて
研究発表会後の「大丈夫か?」との思いはすっかり払拭されました。
この先もがんばってくれよ〜!

posted by 愛虎 at 23:59| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月08日

想いも値段も高く

西の方の小学校では公立でも制服という地域が比較的多いようですが
関東地方では公立小学校はほとんどが私服です。
ですから都内にまさか公立小学校で制服があるところがあるとは思わず、
はじめは私立小学校の話かと思ってニュースを聞いていたほどでした。

複数のニュース番組で取り上げられていたアルマーニ監修8万円制服!

校長先生は
泰明小学校は銀座のランドマーク、銀座ブランドであり、
その気高さや伝統、気品、学校が醸し出す「美しさ」は保っていくために
特別な制服を着ることで意識を高めるスイッチを入れる
…というような雰囲気のことを主張されているようです。
公立といえども、都心のため児童が少なく、「特認校」として、
学区に関係なく希望により就学できる制度の学校のようです。
希望して入ってきたのに子供たちの言動をみるとなんで入学したのかと感じることもあり
まずは服装からということでブランド品となったようなんですが――

確かに元々の学区で入ってきた(希望して入ったわけではない)子供も
銀座に住まいがあるのですから、そこに住めるだけの余裕のある方々のご子息。
8万円の制服なんてヘでもないのかもしれませんが、
われわれ庶民からみると、制服にその価格はとても非常識に思える。
まして体の成長が落ち着く中学や高校ではなく小学校。
1年生から6年生の間に、どんなに頑張っても絶対買い替えが必要な年齢。

ま、通いもしないのに―まして子供もいないのに―横から口を出すのもなんですが
子どもが「アルマーニの似合う子供になろう」なんて思うはずもなく
それを着せる校長や親の自己満足に過ぎないと思うのですがどうなんでしょうね。

posted by 愛虎 at 23:51| Comment(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月07日

不安も吹き飛ばして

開会式は9日ですが、明日から平昌五輪の予選が始まります。
当初から準備の遅れが指摘され、今なおモニュメントの塗装は終わっていないらしい。
寒いだけで雪がないとか、屋根も何もない極寒の開会式で選手の体調を心配する声もあるが
ここにきてノロウィルスが大発生中だとか?
警備員など感染者が計86人、症状を訴えている人が1016人。
選手にはまだ感染者はいないそうですが、警備員にそんなに感染者がいると
彼らが出入りした場所にはすでにウィルスがいっぱいいそうで心配です。

とにかく体調を崩さずベストの状態でそれぞれの競技日程を迎えて欲しいものです。
ここ数日NHKでは選手たちのドキュメンタリーなども多く組まれていて
ここまで来るまでの足跡を見ていると、とにかく力を出し切れますようにと
祈るような気持ちになります。

東京五輪の影響で夏の五輪のパラ種目はだいぶ浸透してきたけれど
冬のパラ種目についてはチェアスキーくらいしかわからない。
どれくらいの競技があるんでしょうね。
オリンピックもパラリンピックも良い状態で競技できると良いですね。

posted by 愛虎 at 23:27| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月05日

千載一遇

この週末、滅多に出会えない人に不意に会うことができました。
誰かって?

市営墓地の当選者です!!

私は当選者に初めて会いました。それも30年以上の付き合いになる友人です。
我が家より早く抽選に挑み続け、今年度やっと当選したそうです。
倍率約50倍! すばらしい

待てば当たるのか〜!…いや、待っても当たるとは限らない。
愛虎的には羨望の念を覚えました。

墓地を色々調べてはじめて知ったことですが、
民営墓地と公営墓地では石の値段が大きく違います。
でも文句を言うにも何故そのようになっているのかネタがないと言えない。
と思って、ネットに転がっている話を拾ってみました(あくまでもネットのみの情報ですが)

民営の場合、あれだけの土地を購入し、墓地として整備するには莫大なお金がかかります。
墓地運営の会社だけでは資金が足りない。
そこで、そこの墓地に参入する墓石屋さんにその資金を負担してもらうそうです。
だから民営墓地の場合は指定の墓石屋さんからしか墓石を買うことができないし
民営墓地への参入資金が墓石に乗っかっているということのようなのです。
建設業の価格を知っているだけに、確かに言われてみればなるほどの仕組みです。
石の値段なんてあってないようなものだとは思いますが
その仕組みを知ったうえで交渉するのとしないのとでは、
お話にならないような無謀な値引きを求めて無駄な時間を使うこともなく、
すんなり現実的な話ができたかなと思っています。

公営の墓地はそういう足かせはなく、石屋を選び放題なので
友人が良い石屋に出会えればいいなと願っています。

近場の市営墓地は今でも心残りではあるけれど、民営のメリット
公営のデメリットなどもあり、まぁベターだったのかなと思うことにしています。
やはりこれも縁なのでしょうね。

posted by 愛虎 at 23:27| Comment(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月04日

難し過ぎて

今日は我が校でも入試が行われていました。
で、わたくしも試験監督員として出校。
公平公正を務め、任務を無事終えることができました。

センター試験に比べれば、一般入試はものすご〜〜〜〜〜〜〜〜く気が楽です。
とはいえ、万一誤った判断をしてそれがどこかに漏れようものなら
大変な風評被害が生まれますから質問への回答も慎重になります。
ちょっとでもあやふやなことがあればすぐ本部へ連絡するのですが
今日は受験生から「昨日の試験の記名箇所に不安がある」との質問を受けまして――
こんな問題は即座に本部への問い合わせを進めます。

…というか…。昨日受けた人が今日も受ける可能性があるんだ?
と初めて知った次第でして…。
最近は少しでも多くの子供が受験できるように、選んでいただけるように
一般入試も同じ試験で科目を選択型と全科目型を併願していたり
3つくらいの学部を一つの試験で併願できたり、受験料の併願割引があったり
正直 中にいる教員ですらわかっていません。

さらにセンター入試から新制度になるのを見越して、
他の入試もそれに合わせて段階的に変えていく動きもあって
ここから何年かは毎年のように制度が変わること必至で、本当に理解しきれません。
オープンキャンパスでもできれば入試制度絡みの質問は受けたくないと思うほど
わかっていません。ごめんなさい。

もう入試そのものの考え方を変えちゃった方が良い気がしますが
もっともっと未来の話なんだろうな。

posted by 愛虎 at 23:56| Comment(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月02日

偏向

夕方から嫌というほど流れる相撲協会の理事選。
これまでこんなに一般的なニュースで事細かに票の分析が行われたことってありました?
それだけ今の角界に注目が集まっているからということになるのでしょうが、
横からヤンヤヤンヤ言っている人たちもいわば“にわか”ばかり。
ワイドショーのネタをよくあれほど信用できるなと感心します。
協会=悪、貴乃花=善 って簡単に刷り込まれる人の多いことに恐怖を覚えます。

で、私はというとどっちもどっち。
一人以外全部が腐っている組織だったら、とっくに潰れています。
周りのタニマチだってそんなに馬鹿ではないと思いますよ。
ただ、貴乃花のような人が自分の組織にいなくて良かったと思います。
仮に正義だったとしても、やり方を間違えたらただただ迷惑です。

これがもし、炎上商法的に角界に注目を向けようと
貴乃花が仕組んだのだとしたら、それは感服しますけどね。
今のところはその様子はなく、雄弁に語るのはネット上だけ。
本人の弁なのかな?と疑うところもありますが。ゴーストライターがいそうですよね。

何にせよ、なんだか世の中が潔癖すぎて少し怖い。
キョンキョンの恋愛宣言だってどうでも良いし。
この不倫が罪人のように言われる時に、どうどうとぶち込んでくるところに
キョンキョンらしさを感じで感心しましたけど
これまでのように叩かないことに疑問を呈す人もいるみたいです。
小室さんの件で、少し叩きにくくなっているタイミングで、
マスコミへの挑戦もあったのではと勝手に思っています。
愛虎的には不倫は良くないと思いますが、どこにでもあることも事実。
裏切られた家族からすれば許せないことだけど
でも、これは男と女がいる限り絶対なくならないでしょうね〜。

何でも抗菌、除菌していたら免疫が無くなっちゃったみたいに
色んなことへのキャパが狭くなっていません?
それも誰かが拡散した方向にわ〜っと集中して。
時には落ちたものを拾って食べてみたり、消費期限切れのものを食べてみたりしたほうが
ちょっとやそっとでお腹を壊さなくなると思うけどな。

posted by 愛虎 at 23:59| Comment(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月01日

眼力の限界!?

まだ試験中ではありますが、私が担当する試験監督は今日で終わりました。
助手の場合、自分の科目の他に大教室などの監督補助もまわってくるのですが
今年も学生証を忘れたのをごまかそうとするヤツ、
まだ1年生なのに答案に「〇〇部です。よろしくお願いします」としか書いていないヤツ
などなど、困ったヤツラがいました。

が、それよりも困ったのは私自身の体力の限界…いや眼力の限界を感じる出来事が――

とある科目で持込みは「電卓と自筆ノート」という試験がありました。
なので、時々席を回りながら自筆ノート以外の物を見てはいないかとチェックします。
一番わかりやすいのはノートにコピーを貼っているヤツ。
さすがにそんな雑なことをしているのは今回はいませんでした。
しかし一人、気になるノート(?)を発見。
ノートの罫線がかすれていてコピーっぽい。
片側の端が破いたようになっていて、ノートを破いて持ってきた風なんだけど、なんか違和感。
で、その紙を手に取って見てみましたが――


見えない

ノートをコピーした用紙に手書き??
「まさかよく見えないなんて」。
確信が持てず、そのまま机に戻してしまった。
脱色した髪をさらに赤く染めた学生で、その風貌だけで疑ってしまったか?
もう一度その横を通ってノートの特徴を見る。
同じようなノートを見つければ、そのコピーということになる。
周りにいる仲が良さそうなヤツのノートをまず眺めてみるが
それらしいものはその時は見つけられず。

ぐるっと教室を回ってまたそいつの席に。
ページが変わっていたので、またそれを凝視してみたが、コピーとは確信できない。
(言い訳できないほどの証拠が見えな)
何度も手に取る訳にもいかないので、再び同じノート探しに。
タイミングよく同じページを開いているとは限らないので、やはり見つからない。

しかし違和感はぬぐえずしばらくしてまたその席へ。
すると――
ありました。証拠。ルーズリーフの穴の影がコピーされたノート。
しかし試験時間はすでに終盤。
でも確認しました。
「これ、コピーだよね」
「え、ノート。ダメなんですか」
「自筆ノートって書いてあるよね」
「あ、手書きのノートのコピーです」
「なんでコピーなの」
「ノート忘れたんで」
「え、じゃあ誰のコピーなの?」
「友達のです。…ダメですか」
「自筆しかダメなんだからダメでしょう」
といって、科目の先生に報告。これ今年着任したひとまわり以上年下の准教授クン。
「あ、そうですか」
困りましたね、という感じの苦笑い。
え?それだけ?

私もなにもそれだけで「不正行為」として吊し上げて
すべての試験科目を無効にしようなんざ思っていない。
でももうちょっと脅さないと、こういうヤツは反省しない。
とはいえ、担当者がその反応なら仕方がない。

その後、解答を集める時に見たら半分もできていなかったので
所詮ひとのノートじゃ解けなかったかと思ったけれど、もっと早く見抜けたら
すぐにそのコピーは没収したのだけど。
科目担当があんな反応なら、やり取りをした時に
「持込み不可の物を持ちこんだら「不正行為」だから今年の単位は無効になるよ」
と脅しておけばよかったかなと思ってみたり。

一応、准教授クンには「これがコピーを使っていた学生の答案です」と渡したけれど。

兎にも角にも、最初にくっきり見えていれば
体力の限界を感じた今年の試験監督でした。

posted by 愛虎 at 23:36| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月30日

PC教育の成れの果て

ニュースサイトを見ていたら
大学生 PC操作が就活の壁に なんて記事がありました。

え〜〜、いまや小学校からパソコンの授業をやっているのに?
って思うでしょう?

しかし私にとってはニュースではなく日常茶飯事。
そうだよね。と何の疑問もなく納得できます。
便利になればなるほど退化するもので、いまの大学生は生活のすべてをスマホで片付けます。
記事のインタビューでもあったけれど、
キーボードの位置なんて覚えられない
ローマ字すら面倒くさい
そんな学生ばかりですよ。な〜んにも驚くこともありません。
しかも記号の“呼び名”もしらないから、例えば『#』を打ち込ませるために
「シャープ」と言っても伝わらないし、まして『井げた』なんてもっての外。
「3のキーの上の『#』というマーク」と板書しながら教える始末。

だいたい私たちだって、まだまだPCは普及しておらず、大学の卒論を書く頃
ようやく家庭用のワードプロセッサが普及したころ。
社会人になったばかりの頃は、まだまだPCは一人一台時代になっていなかったけれど
普及が進むにつれ、できるようになるものです。
だからすっかり大人になってからPCを使うようになっても、やれるんです。

それをPCアレルギーのオッサンたちが勝手に子供の頃からやれば苦労しないと
情報処理のカリキュラムを入れたところで、覚えるのはコピペばかり。
いまやスマホの普及でそれすらできなくなり、
パソコンの授業なんて時間の無駄遣い。
だったらまずは日本語をできるように、国語の授業を増やしてくれ。

仮にパソコンができるようになっても
まともな日本語を打ち込めないようでは仕方がないからです。
日本語ができない人に外国語だってできる訳もなく
そこんところ、オエライ方々は本当に何にもわかっていないのですよね。

posted by 愛虎 at 23:56| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

お年頃

授業も一段落し、今夜は今年度で完全定年退職される
非常勤の先生と非常勤OB、現役非常勤の先生、そして若手
というメンバーで慰労会を行いました。

現役非常勤の先生は、私の大先輩にあたるわけですが
この先生ともう一人の先生の顔の広さで、かろうじて横のつながりを保っている気がします。
その先生方も完全退職まで残り2年と5年。
こういう先生たちに乗っかって学科を超えて飲みニケーションできるような
そういう機会を作っていくのは、私たち世代の役割になるのでしょうが
私たち世代がズボッといないんですよね。
特にどんな飲み方でも付き合えるぜ!みたいな同世代男性が。

アルコールにめっぽう弱いワタクシはあの方々と同じようなやり方で
縦横を繋げることはできないけれど、何か別の形でそういう仕掛けは
作っていかなければいけないお年頃になってきたなぁ。

posted by 愛虎 at 23:59| Comment(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする