2018年04月14日

TON-CHIN-KAN

昨夜は職場の大先輩でもあり、大学の大先輩でもある方々と懇親会でした。
そこに来られないと言っていた同期も顔を出してくれたりして、
楽しい時間を過ごせました。

一応“大人”を相手にしていますが、教育関連の仕事と言うこともあり
イマドキの子供たちの話になったりするのですが
やはり何と言っても同世代のPTA絡みの話がいつ聞いても驚愕です!

昨夜は運動会ネタでしたが
兄弟で赤白別れてしまい「応援するのに困る!」とのクレームに
赤組・白組に分けないことになったとか
ゴールテープがたまたま首のあたりなった子がいて(事故が起きたわけでもないのに)
翌年からゴールテープが無くなったりとか
友人は「それを無くして一体何を目指して走ればいいの?」
「あのテープを切る爽快感とか、切れなかった時の悔しさとかがあるからイイんじゃん!」
との嘆きに、一同激しく同意したわけです。

徒競走やリレーに順位をつけないとか
玉入れの玉がぶつかって危ないとか
その割にイマドキの子供の体力や集中力に見合わない組体操に涙したり
我々世代には全く理解できないようなコトが起きています。

で、辛口な大先輩が私たちを指して「この世代くらいの親が悪いんだよ」と仰るわけです。
確かに我々世代の極々一部の方々のご意見がクローズアップされて
弱腰の先生方がそのご意見を飲んでしまうのでしょう。
同期の言った「とんちんかんな親がどこにでもいるのよ」っていうのが
実感がこもり過ぎていてしばし「とんちんかん」がマイブームになりそうです。
その「とんちんかん」な配慮がそれこそ、上司に銃口を向けるような
忍耐力のない子を作ってしまうのではなんて声もあがっておりました。

posted by 愛虎 at 23:57| Comment(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月12日

少年B

罵倒されて撃った


それくらいで頭が真っ白になり背後から上司を撃つって
普通の感覚では考えられない。
そんな危険人物が制服を着て拳銃を携えているなんて。
それでも19歳だから「19歳巡査」で済んでしまうのがどうにも納得できない。
成人でないから殺人犯になっても名前も公表できないような責任しか果たせないヤツラに
検挙数アップのためにコソコソとキップを切られる人はたまらないだろう。
名前も出せない子が犯罪を取り締まるってどういうことだろう?
早く18歳成人にして18歳から犯罪者は名前を公表すべき。

そして罵倒されたくらいで頭が真っ白にならないように
子供の頃から適度なストレスを与えるべき。
親からはもちろん、先生からだって、厳しく怒鳴られるとか、多少の鉄拳があるとか
そういうことがないから、ちょっと言われたくらいで
殺すところまで一気に振れ切ってしまうのでは?

なんでもかんでもケアするツケがいずれもっと出てくるでしょう。

posted by 愛虎 at 23:21| Comment(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月10日

ジェネレーションギャップ?

今日は学生会が主催する新入生歓迎会でした。
時間が許せば教員も参加し、授業とはまた違った雰囲気で新入生と交流します。

例年簡単なあいさつの後、軽食をつまみながら歓談。
そしてゲーム(賞品は曲線定規や関数電卓、USBなど授業に役立つもの!)
といった流れで進むのですが、今年はゲームが始まる頃には
いつの間にか教授陣はいなくなり、助手が二人だけになっていました。

新入生の2チームで人数が足りず、助手が一人ずつ参加することになってしまった。
ゲームのうちのひとつはジェスチャーゲーム。
若手の助手はジェスチャーもやらされていましたが
私はその班担当の学生会の学生が「愛虎先生がジェスチャーやるところは見ていられないっす」
「愛虎先生は回答者ね」と忖度して仕切ってくれたお陰で
小っ恥ずかしいことはやらずに済みましたが、回答者もなかなか緊張します。
新入生の渾身の(?)ジャスチャーを受け取ってあげられるかどうか…。


心配するほど困ることもなく、思ったよりは回答できました。
しかし途中、両手を胸のあたりに上げ、手の甲の方を見せて左右に振ったのを見て
思わず「ピグモン!」と答えてしまってから
20世紀末に生まれたこの子らはピグモンなんて知らなかったかも〜
と思っていたら、すかさず「パス!」とその問題を飛ばしてしまいました。
ポケモンなら知っているけどピグモンって何? だったかなぁ。
何せ平成も10年以上経って生まれた子供たちですもの。
ちなみに正解は幽霊だったようです。

今年の新入生との歳の差、ちょうど30才!
年々、ギャップが大きくなっていきます…

posted by 愛虎 at 23:41| Comment(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

自分の体は自分で守ろう

毎年恒例のワミレス化粧品のバイオサポート健康セミナーに参加しました。
今年のテーマは「自分の体は自分で守ろう」

バイオサポートはミネラル・ビタミンを幅広くバランスよく摂取する目的の
“ベースサプリメント”です。
愛虎的には食べて効果を実感できる!というほどの体験は無いのですが
我が家の若殿などは「疲れ方が違う」とか「二日酔いにならない」とか
出張にも欠かさず持っていくほど効果を実感しているようです。
それはさておき、面白かったのはセミナーでの実験。
体の錆=酸化 によって老化や病気を引き起こすことは最近では常識になりつつあり
抗酸化作用のある食品――トマトのリコピンが良いとか、ワインのポリフェノールが良いとか
お茶のカテキン柑橘類のビタミンCが良いとか色々言われています。
その抗酸化を見せる実験と言うことで使ったのがうがい薬。
ヨード系のうがい薬、つまりヨウ素には酸化力があり
抗酸化物質を混ぜると茶褐色のヨウ素液が無色になるそうです。
で、小瓶に入ったうがい薬にバイオサポートを数粒(一粒1mmくらいの粒です)
入れるとあら不思議〜ってな実験だったわけです。
 

効く効かないは“意見には個人差があります”し、
これがそのまま体内で起きているわけではないでしょうけれど
単純に実験が面白かった〜

posted by 愛虎 at 23:45| Comment(0) | からだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月07日

ついにレギュラー

ついにレギュラー、と言っても我がタイガースや
ソフトボールの話ではありません。
チコちゃんのことです。

昨夏ここでご紹介しましたが
それまでNHKの特番で何度かやっていた『チコちゃんに叱られる!』。
これが満を持してレギュラー化されるんです。

4月13日から毎週金曜の19:57〜20:42に放映。
再放送を翌朝土曜日の8:15〜9:00にやってくれるのも有難い。
4月最初の土曜の今日は、再放送するものがないので番宣でした。
すでに今朝から釘付けです!

1週間のストレスをチコちゃんの決め台詞

ボーっと生きてんじゃねーよ 💢

とともにきれいさっぱり流せそう♪

  chiko01.jpg  chiko02.jpg
今朝の新聞。チコちゃん推しです。さっそくLINEスタンプをダウンロードしてしまった(笑)。

posted by 愛虎 at 23:36| Comment(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月06日

諸刃の剣

色々な意味で「指導」が難しい時代に入りました。
これがエスカレートしたら、スポーツに限らず
日本は勝てない国になってしまうのではないだろうか。

ハラスメント。
使いようによっては善にも悪にもなる。
ようは受けた側が“不快”であれば成立する。
レスリング協会も強化本部長も決して言い訳ではなく
本当に「ハラスメントだとは思っていな」かったのでしょう。

大学においても
「それじゃあお前、学位なんて取れないよ」
と言う字面が並んだら、アカハラでしょう。
笑いながら言ったのか、怒鳴って言ったのか、それによっても意味は変わるし
言った側は冗談のつもりで、聞いた他の学生も冗談だと思っていても
本人が脅威に感じたり不快に思ったり不安に感じたらアカハラですもんね。
逆に悪意をもって陥れようと思ったら、私だって誰かをハラスメントで訴えることができます。
本当に困っている人は助けたいけれど、そこに余計な何かが加わったら
あっという間に“別な利用法”ができる。

匂いを嗅いだ嗅がれたで触らなくても痴漢行為さえ疑われる時代。
受けた側の感じ方次第である時 突然裁かれる側になる時代ですね。


で、レスリングのこの問題。
一体誰が得をしたんだろう。
告発した人の満足だけで、他の人はみんな不幸になった気がする。
強化本部長も慕っていた部員も吉田選手だって伊調選手だってやりにくくない?
この騒ぎで東京五輪で女子レスリングが失墜なんてことになった時
今度は誰が吊し上げられるのでしょう。

posted by 愛虎 at 23:52| Comment(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月05日

厚顔無恥

くだらない芸能ネタに飛びつくのは嫌なんですが、
芸能界の常識(?)があまりにも一般人の非常識なので
ついついひとこと言いたくなってしまった。
たけしの独立問題に絡むゴタゴタ。

どっちの言い分が正しいのかわかりません。
が、森社長の言い分の方が愛虎的にはしっくりきます。
テレビやマスコミ的には北野武を擁護したいんでしょうけれど。

社員がいくらもらっていたのか知りませんが、社員であれば利益を分配されて当然。
たけしが一人が稼いだものだとしても「会社」の商品が売れれば、
その利益は社員の給与となってかえってくるのは当たり前。
対して、たけし軍団は売れていないんですもの。
社員より給与が低いことだって当然あり得るでしょう?
社員が芸人の売り込み努力をしていないみたいに言っていますけどね
売り込めるような芸を持っているのだと本人が思っているのが滑稽。
愛虎的には彼らを面白いと思ったことは一度もない。
たけしすら面白いと思ったことは一度もない。
映画だって別に“世界のたけし”だとも思わない。
かなり偏った表現方法で好き嫌いがはっきりする作品ですよね。

日本では芸の無い芸人に金を出し過ぎです。
以前、知人が会社の記念イベントで芸人を呼ぼうと調べたところ
クソみたいにつまらない若手芸人が10分で30万円と聞いて断念したという。
それが芸能界的には普通の金額みたいな感覚でいるようですが、正直法外です。
面白くもない芸人に。
当然30万円がそのまま芸人の懐に入るわけではなく、さまざまな経費込みにせよ
芸と言うにはあまりにもお粗末な芸(?)しか持っていない日本の芸人に
そんな金額を払えというのは、ぼったくりバーより始末が悪い。
あんなものに金を出すくらいなら、日本の伝統工芸や文化を守っている職人のような方に
もっと対価を払うべきでしょう。

軍団も殿を持ち上げたい気持ちはわかるが、自分たちの芸の価値を客観的にみれば
本当なら恥ずかしくてそんな騒ぎは起こせないと思うのだけど。
自分たちが面白いと思っているなら、それこそセンスがないのでしょうね。
とにかくいい大人がみっともない。それだけです。
で、それをやらた目のつく媒体に流さないで欲しいとも思います。

posted by 愛虎 at 23:50| Comment(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月04日

万能醤油

最近こそパッケージの工夫で酸化しにくい醤油が出てきましたが
一昔前まで我が家では醤油をなかなか使いきれず、途中で捨てざるを得なかったことしばしば。
お新香に醤油をかけるとか、煮物を常備菜としていつでも食卓にという訳でもないので
一升を使いきれずにいました。
それこそうどん県の鎌田醤油のような小パッケージの物がピッタリで
各社から密閉ボトルが出てからようやく醤油酸化問題が解決しました。

そんな我が家ですから、先日若殿が鹿児島で
 sensyo.jpg
極あまくち専醤なる醤油を買ってきた時は 普通の醤油でも使い切らないのに
こんな代わり醤油を500mlも使い切れるのか?と心配しました。

…が、その心配は全く杞憂に終わりました。
まずは若殿おススメの刺身でいただき、この甘しょっぱい醤油の虜になりました。
で、そうなれば薩摩の醤油だし薩摩揚げに、って話になりますし
先日の測量合宿の帰りに買ってきた桜エビとシラスの刺身丼にもかけ
餅につければ砂糖醤油で食べるように相性ばっちり。
sensyo01.jpg sensyo02.jpg sensyo03.jpg

今夜はステーキにも使ってみました。
  sensyo04.jpg
肉はシンプルに胡椒とニンニクだけで焼いてステーキソース代わりに
この甘口醤油をたっぷり。
美味しかった〜。

何にでもイケそうです。
我が家で、1ヶ月足らずでこの手の調味料を1/3も使うなんて驚異的です。
液体だから重いけれど、鹿児島土産にはコレかも。(行く予定はないけれど)

 【ヒシクの醤油】 極あまくち 500ml 専醤 藤安醸造 - さつま焼酎 よかにせ屋
【ヒシクの醤油】 極あまくち 500ml 専醤 藤安醸造 - さつま焼酎 よかにせ屋


posted by 愛虎 at 23:47| Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月03日

有働ニューヨーク

ひっさしぶりにニュースを見て
え?ちょっと!
と大声をあげました。
風呂上りに何気なく見たネットのニュース。
NHKの有働由美子アナが退職
寝耳に水と言うか…そこそこショックです。
おはよう日本時代から大好きなアナウンサーだったのに。

あさイチの最終回、声がでなくなってしまったのは退職の送別会だったからなのね。
ニュースを見て腑に落ちました。
退職を知って番組を再度見たら、実は伏線になるようなことを言っていたりするのでしょうか?
オンデマンドでここ最近のあさイチをおさらいしたい!と思ってみたり。

できる人ですからどんな道に進んでも成功するのでしょうが
愛虎的にはNHKでどこまで登りつめるのか、
NHKという組織の中でパイオニアとしての有り様を見てみたかったなという
勝手な思いがありました。

それにしても見事な去り方です。
マスコミに騒がれることなく、次のあさイチの船出を確認してから発表って
そうそうできることではありません。その気遣いの素晴らしさ。
あのいつも通りの空気のままの最終回、まさかNHKまで退職されるなんてことは
1ミリも感じさせなかったプロ根性。
本当に格好良すぎです。
そうして思えば前日の「あさイチブログ」の愛情あふれる文章も
あさイチだけでなくNHKの後輩やスタッフにも注がれたものだったように感じます。
ひとつひとつの言葉が今更ながら響きます。
あさイチ最後のブログじゃなくて、NHK最後のブログだったじゃないですか〜!

コメント全文も拝見しましたが、
「一ジャーナリストとしてNHKの番組に参加できるよう」
と書いてくれたのがせめてもの救い。
辞めた途端に民放にフリーとして出てくるのではなく、
あくまでも再びNHKに出られるようなジャーナリストを目指すと言ってくれて良かった。

次の番組情報がなかったので、どっちにしても“有働ロス”なんだろうけれど
単純にしばし番組の予定がないのと、NHK自体を辞めてしまうのでは
“有働ロス”レベルが全然違います。
でもここは敢えて、有働ロスとは言わず有働ニューヨークと言います。
いつかどこかで新生有働を見られることを期待して。


ウドウロクについて書いた記事はこちら!

posted by 愛虎 at 23:54| Comment(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月02日

新年度スタート!

年度はじめの月曜日。
4月2日ですが実質今日からスタートとというところが多いのではないでしょうか。
我が校は毎年2日が入学式。
いまや出席する学生はもちろん保護者の方々も大勢いらっしゃるので
県中心部のコンベンション・センター内の大ホールを借りてやっています。

新入生だけでなく、街中では新入社員らしき初々しいスーツ姿の若者が多く見られましたが
入学式会場に向かう道すがら、階段の途中で立ち止まり
昇るのを躊躇しているというか、上を見上げて何か思いつめたように立ち止まっている
新人風スーツ姿の女の子。

大丈夫かなと気になって見ていたら、しばらくして歩き出しました。
何だったのだろうな…。

就職は決まったものの希望の就職先ではなかったとか
内定をもらってから何かしっくりこない気がするとか
まぁ色々事情はあって新しい道が決まったのでしょが、でもなんだかんだで決断したのは自分。
しっかり受け止めて階段を昇ってゆくのだぞ!と心の中でエールを送った。

かくいう私も、色々あって最初の就職先は教授推薦だったのにもかかわらず
入社前から行くのが嫌になっていました。
内定取り消しになっても良いのに…なんて思っても、
そんなことあろうはずもなくモヤモヤしたまま入社しましたよ。
しかも教授から言われていた部署とは違う配属先で、ますますテンションだだ下がり。
しかし「やーめた」なんてわけにはいきません。
だって自分で教授推薦という一見“楽な道”を選んじゃったんだから。
1年目の終わりから異動の希望を出し、3年目に合併先の部署に異動になって
4年目にやっと指導教授に辞めることへの承諾を得てから、退職願を出しました。
それもこれも自分で決めたことの結果。
今ではその手順をしっかり踏めたことが良かったと思っています。

posted by 愛虎 at 23:38| Comment(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする