2017年07月24日

新東京五輪音頭♪

今日は2020東京五輪がちょうど3年前。
いよいよカウントダウンの気分ですが、それに合わせて
「東京五輪音頭−2020−」が発表されたそうです。
我が家では、今たまたま人気のある歌手に変な歌を作られるより
1964東京五輪の「五輪音頭」の方が、日本らしくて外国人にはウケるのでは
と常々勝手に推奨していただけに、この発表には納得です!

欲を言えば、民謡出身の演歌歌手の方が高らかに歌い上げてくれそうと
思ったのですが、まずは妙な歌にならなかったことを喜びたい。

前回は秋開催だったので、秋らしい歌詞は夏っぽいものに置き換えられ
以前はなかった5番も追加されたそう。
振り付けも車いすでも踊りやすいようにとか
追加競技の動きも取り入れたりとか今の時代に合わせたようです。
「2020」を「フレフレ」と読ませるなんざ、粋じゃありませんか!
エンブレム入りの法被や浴衣も日本らしくて良いと思うし。
東京五輪ボランティアのあのダッサい制服も法被を羽織るだけで良いんじゃない?

1964東京五輪の再来と言えば、一つだけ心配なのが「東京砂漠」です。
2020五輪を前に、今年の渇水は1964東京五輪の前に起きた渇水以来と言われるほど
ひどくなりそうです。
首都圏の水をどうするか。あの時は武蔵水路を作って何とかなりましたが
今のご時世「じゃあ作ろう!」という訳にもいきません。
と言って、水をチマチマ使ったところで水不足は解消されません。
チマチマ使えば、その分どこかにタメ置きされるわけでもなく
流れる分は海へ流れてしまう訳ですから
こういう渇水が2020年も起きてしまうと、観光客分の水が賄えない
なんてこともあるかもしれません。

秋開催であれば、秋雨や台風豪雨のあと、少しだけ水が回復した状態になる可能性もありますが
真夏開催は、熱中症のみならず、水不足のリスクもありそうな…。
放映権のためとはいえ、五輪開催時期についてはいまだに疑問を感じています。

posted by 愛虎 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

江鳥

大先輩助手でもあり、現在は非常勤講師である先生から書類作成を頼まれた。
卒業生との多くのパイプを持ち、いまだに学生の就職の相談などを
うけている関係から、今年の就職状況を表にまとめて欲しいとのこと。

仲の良い学生を使って、その友達伝いに調べたようですが
先生の原稿は手書き。
そこに「江鳥池組」との文字があった。
先生の文字は明らかに江鳥池と3文字になっているが
「先生これって鴻池組じゃないですか?」
と聞いてみた。

すると「〇〇だろ。あいつ鴻池なんか入れるか?どこか地方の組じゃないのか」と言い
そして「それに調べてくれた△△がメールで送ってきたから、間違ってないだろう」
といいながら、△△くんから送られてきた携帯のメールを見せてくれた。
そのメールには確かに「江鳥池組」と書かれていた。
先生がそうおっしゃるので、そのままタイピングしましたが、どうも腑に落ちない
△△くんは公務員志望の学年では勉強のできる子ですが、案外常識を知らなそうに見える。

で、今日たまたま知っていそうな助手に聞いてみたところ
「ええ、〇〇は鴻池組ですよ」と判明しました。
あ〜スッキリした。

おそらく、学内で同級生と顔をあわせた時などに
「お前、どこから内定もらってる?」という具合に聞いて
「コウノイケグミ」
「え?どういう字?」
「江戸の江に鳥に池だよ」
なんていうところなのでしょうが。

しかし、建設業界にいて「鴻池」が読めないのはマズイ…。
業界常識として知っていて欲しいところ。
タイセイと言われたら大成であるように
ハザマと言われたら間であるように
コウノイケと言われたら鴻池ということくらいは
いくら志望していない会社だとしても知らないとね。
業界に関するニュースや記事をみたり、建設系のバイトをしたりすると
自然と覚えるものだと思うのですが
自分の知っているキーワードの検索やネットで上の方に上がってくるニュースしか見ていないと
こういうことになるのかもしれませんね。

posted by 愛虎 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

縮図

IMG_20170720_123226.jpg今週、山陰で暮らす伯父夫婦が久々に上京し、1週間ほど
母のすぐ上の姉の家で逗留。
母の定休日に合わせて今日は我が家に訪ねてきてくれました。
私も仕事の都合がついたので、ホストとして駆り出され
結局、母の他の兄弟も呼んで昼の宴となりました。

高齢化社会の縮図というか何と言うか
この伯父は81歳になるのですが、病弱な伯母のために
車で800キロを一人で運転してきたというから驚きです。
免許は返上したいけれど、生活を考えるとできないと言っていました。

母とすぐ上の姉はそれぞれ75歳と77歳、二人ともいまだ働いています。

そしてお決まりの年金と介護保険料の話で盛り上がり
延命措置はしないでねとお互いにお願いし合い
最後には、コロッと逝きたいわ〜と何度も言っていました。

あと10年は元気に、コロッと逝きたいわ〜と言い続けて欲しいです。

我が家は子どもを招いてイベントなんて機会はありませんから
せめてお年寄りを招いて元気になってもらおうかな、と。

posted by 愛虎 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

明日は我が身?

私の通勤は3路線、2回の乗り換えがあるのですが
そのうちのひとつは乗り換えに駅構内を300メートルほど移動しなければならない。
しかも橋上で線路を超え、地下連絡通路を抜けるアップダウンコース。
空いていればそこを駆け抜けるのが、最近の唯一のトレーニング!?

帰宅時ともなれば、一本でも早い電車に乗りたいので
混んでいても可能な限り小走りになる。
どちらのホームも利用者が多いので連絡通路は人の流れが凄まじい。

そんな中、向こうから同世代の女性が結構な勢いで走ってきた。
前方を走るオジサンに追いつけ追い越せの様相でしたが、
私とすれ違う3〜4メートル手前で右足の靴が脱げ
(平坦なところなのに靴が床に絡むように)
それはそれは見事なヘッドスライディング。
両手をきれいに伸ばし、1メートルくらい飛んだのではなかろうかというほど

スザザザザーー

と。
いやぁ本当に見事でした。
私も乗りたい電車が2分後と迫っておりましたので、彼女を助けるでもなく
むしろとっさに避けて横目に通り過ぎましたが
さすがに背中越しに「イッタ〜い」との声が聞こえました。

乗り換えに間に合い、頭の中でその光景をいま一度リプレイしてしまいましたが
ふと、大学時代の女性教授が転んだのをきっかけに(本当の理由は知りません)
5年も早く早期退職をしたという話を思い出した。
あの乗り換えを駆け抜けられなくなったら、私も引退かしら(何から?)

ちなみに最近下り階段を駆け下りるのがなんだか苦手になりつつある。
ド派手に転ばないように気をつけよう。

posted by 愛虎 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

オールA崩れる!

恒例の職場健診の結果がかえってきました。
今年もオールAのつもりだったのですが…。
ガーン なんとC判定

2年前から問診で指摘されていた甲状腺。
これまでは結果に記載されずに済んでいたのですが、
今年は所見に書かれてこれがC判定にされてしまいました…。

この他にも数値としては昨年と変わりがないのにB判定が2つ増えていまして
「なんで!」と思って昨年の結果を引っ張り出してみたら
基準値そのものが変わっているんです。
引っ掛かったのはヘマトクリットとLDL-Cho。
昨年まではそれぞれ35.0〜46.0%、50〜150r/dlが基準値だったのに
今年になったら、35.5〜43.9%、60〜119r/dlに狭まってしまって基準値超え。
C判定はイレギュラとして、通常の検査項目でB判定は何か悔しい。

他の項目もよく見たら基準値が狭まっている〜!
これは年齢で基準値が変わったの? 年齢関係なく全般に基準値が変わったの?

posted by 愛虎 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | からだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

流行も良いけど

それこそダムマニアが記事を読んだら、すぐにどこのダムで
誰の話かわかってしまいそうですが…
某ダムの70周年記念イベントの講演会を聞きに行ってきました。
そのダム湖の畔に愛虎家のルーツのひとつがあること。
ここ2年ほど、全学部共通の科目で県内の川について話す講義を1コマ持っているため
県にとって“母なる川”の地位を築くきっかけのひとつともいえるこのダムについて
今一度、先生の話を聞いておきたかったことから、聞きに行こうと思ったのです

会場ではこのほかに様々なイベントがあり、ダムマニア展や
ダム堤体の見学や発電所の見学、記念ダムカードの配布など
盛りだくさんでした。

比較的交通の便が良いダムとはいえ、ダムはダム。山中にあります。
ですから参加者はよほどのダムマニアか、
3連休に近場でちょっと勉強になりそうなイベントを探しているファミリー
湖畔の商店やボート遊覧船あたりはそこそこ人がいるだろうけれど
ハード系のダムイベントは空いているだろうと踏んでいたら…

ナメてました。昨今のダムブーム。
ダムカードには長蛇の列。
ダムマニア展もイモ洗い状態で、特にグッズ販売所は人が群がり
見学もすぐに定員いっぱい。
あまりの盛況ぶりに驚いてしまいました。

現地で研究室の後輩にも出会えましたが
お互いに驚きは隠せず
「もっと空いているダムが良いね」
「静かにダムを見たいね」
と言い合う始末。

ダムマニアとダムカードが功を奏したというか
ものすごい流行を作ってしまったことに感心すると同時に
何かが違うような気がしてなりませんでした。
ダムに興味を持つことは悪いことではありませんが
ただ写真をとって、カードを集めて、ダムカレーを乱発して
それで満足ではいけないような
そんな気がしたのです。
ただ来訪者が増えることを喜ぶだけではいけないような
そんな気がしたのです。


今日の講演のこんな言葉で締められました。
ダムを作るのに苦汁の決断をしてきた人がいます。苦しい想いをしてきた人がいます。
蛇口の向こうに人がいるということは、今人がいる―管理している人がいることとか
水を供給してくれる人がいるとかということではなく、史的な意味で歴史的な意味で
蛇口の向こうに人がいるんだよ、ということを忘れないで記憶して欲しいと思います。

大切なのはこういうことなんだなと思います。

posted by 愛虎 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

主任

我が家のこの夏の新しいお友達。
コバエ捕獲課主任が蛙田捕太郎さん。
 kaeruda01.JPG
こう暑くなると網戸の網目を通り抜けて(?)なにやら小さな虫が
生ごみ付近に寄ってくることがある。
シンク内に蓋付きの生ごみ入れを試してみたり、
消臭グッズを試してみたりしたけれど、来るときは来る。

そんな中薬局で彼と目があってしまったのね。
そしてついついおうちへ連れて帰ってしまいました。
よく見たらパッケージの中身も、ちゃんとオフィスになっていて
主任がお仕事できそうな環境が整っています。
 kaeruda02.JPG

どれだけお仕事してくれるかな?
と、設置することすでに2週間超。
連れてきた時のまま、悠然と座っておりまする。

kaeruda03.JPG


しかし主任…、座っているだけで全然お仕事していません…。
ビジュアルで飛びついちゃいましたけれどね、もう少しお仕事して欲しい。

posted by 愛虎 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

キンキン禁止

朝ドラの一環として、あさイチの朝ドラ受けまで見るのが習慣となっております。
だからいきなりニュースセンターから入ったりすると
本当にがっかりしてしまうクチなのですが、今日はプレミアムトークゲストの
ユースケ・サンタマリアさんの「新しい司会です」という冗談から始まった。
そのおふざけに皆が乗った形のオープニングでたいして気にもしていませんでしたが
ニュースサイトで
「ユースケあさイチで謝罪」
「ユースケ謝罪で反応さまざま」
なんて出てくるので、思わず帰宅後オンデマンドで再度放送を見てしまいました。
それ自体は記事の通りで、視聴者も出演者もお互いにふざけているともとれて
どうってことはなかったのですが、全く別な話題で
ユースケさんが良いことを言っていました。

昨今の冷房のこと。
「キンキンに冷やしすぎなんだよ!」と。
「NHKだから言うんですよ」と。
本当にデパートにしても電車にしてもタクシーにしても
中にいる人が麻痺しているのか、どこも凍えそうです。
その温度差がきついということ。だから最近の子どもは
10分くらい外にいるだけで搬送騒ぎになるのではないかということ。
(昔に比べたら気温が高いですが、と一応言っていましたが)

熱中症対策を旗印に過敏に反応して冷房を入れ過ぎているように思います。
とにかく通勤時間が長い私は、上着をわざわざ持って出掛けなければ
通勤中に冷え切ってしまいます。
今日のユースケさんではないですが、それこそ体に良いと思わない。
体温調節が苦手な子供を敢えて作ろうとしているのかと
実はどこかで誰かが、日本人を弱体化させようと思っているのではないかと
思ってしまうほど、寒いんです。

長袖ワイシャツに背広に室温を合わせる風潮から、いい加減に抜け出しても良いのに。

キンキン禁止の声、もっとあがってくれないかな。

posted by 愛虎 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月13日

エネルギーの使い道

千葉県で同僚の飲み物に睡眠導入剤を混入させ、殺人未遂を行った事件。
“証拠”とも言うべき動画がニュースに流れ始めて
なんというか、70過ぎてまだまだお元気というか
妙なところに感心してしまった愛虎です。

現代のお年寄りは改めて、元気だなぁと。
私の母も75になっていまだ現役で仕事をしていますし
80、90になっても仕事によっては、現役でやっている方々がいます。
エネルギーがそういう方向に向かっている方は良いのでしょうが
中には誤った使い方をしてしまう人もいるということでしょう。
それが証拠にお年寄り同士の揉め事からの殺人とか傷害とか、“ニュース”ではあるけれど
ものすごく稀なケースという訳ではない頻度で目にします。

30年前の70歳はもっとおじいちゃんだったし、もっとおばあちゃんだった。
きっと多少の不満はあろうとも、余生を静かに過ごす“ご隠居”さんの雰囲気でした。
今はまだまだエネルギーが有り余って、欲もあるから恨み辛みもあって
「アイツをなんとかしてやりたい!」という力が湧いてくるのでしょう。
間違っているのですけれど、いやはやものすごいエネルギーです。

それが別の方向へ向かえば、まだまだ人生10年、20年あるのですから
何か別なモノになったのかもしれないのに。
勿体ない…。

posted by 愛虎 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

夏の涼し〜い話

秋には恒例の河川視察の旅があります。
主宰していた学術団体が解散したため、一旦終了となっていましたが
3年前に若手の先生方の熱意で復活。
生き字引的存在で私もその事務局に入っていますが、
主となって企画運営するのは若手の先生方です。

宿やバスの手配は旅行社にお願いしているのですが
二泊目の宿が、どうも旅行社の提示してきたホテルでは条件が折り合わない。
そこで“昔とった杵柄”ではないですが、私が手配することになりました。

今は便利なもので、ネット検索ですぐに出てきます。
その中から条件に合いそうな宿をピックアップし、私の場合は
さらに宿の公式ホームページを調べてみたりしています。
ベターな宿は押さえられたものの、ベストがあれば乗り換えたい
ということで、色々調べていたところ条件に見合いそうなところがありました。
で、公式ホームページを見るためにホテル名を入力して――

すると自動的に検索ワードの候補がでてきて――

hotel01.jpg

え?どういうこと?これ??

普通は検索ワードの候補が出たとしても
hotel02.jpg

hotel03.jpg

こんな感じよね?
試しに「〇〇ホテル 幽霊」をぽちっとしてみたけれど
それらしい情報は出てこない。
でもみんなが「〇〇ホテル 幽霊」で検索するから候補で出てきちゃうのよね。
そのキーワードで検索したくなる“何か”があるわけ〜〜?

条件は良いのだけど、気になって予約できません!
どうしよう。

posted by 愛虎 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする