2018年01月15日

有効利用

逗子ストーカー殺人事件の個人情報漏えいについて市に賠償を求めた訴訟の判決が出た。
人一人が亡くなって110万円の支払いはちょっと軽い気がしたのですが
守秘義務違反だけならそれくらいが精いっぱいなのでしょうか。
閲覧が制限されている自宅の住所などを、簡単な嘘でいとも簡単に聞き出せることに
不安を覚えた人も多いのでは?
個人情報の漏えいは、他にもDV夫から逃れている妻の行き先を
うっかり夫に教えるといった危機感のかけらのない事例もある。

こうした時に「窓口の担当者は事情を知らなかった」ってことで済まされているようですが
それはあまりにも無責任ではないですか。
縦割り行政だから仕方がないと言いますが、それを無くすためにマイナンバー
だってできたことだし、うまく利用できないの?
それぞれの行政機関で保有している個人情報を、マイナンバー管理することができるようになる
と豪語していたなら、金勘定のためだけでなく防犯にまず結びつけないと。
災害時にも各世帯の高齢者、障害者の情報をすぐ把握し迅速な支援が行える
とか言っていたのだからできるでしょう。

企業にだってマイナンバーが振られたのだから、
例の「はれのひ」のような賃金未払いで5回も勧告を受けているような企業が
ハローワークに正社員募集の求人を出していても止めるとか
そういうことに番号を使って欲しいものだわ。

なんだかそういうことに矛盾を感じ、少しもマイナンバーが有効利用された感じがないから
いつまでたっても浸透しないのでしょうね。

posted by 愛虎 at 23:54| Comment(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

相変わらず

お年玉付き年賀はがきの当選番号が発表された。
この10年、年賀はがきのくじ運で市営墓地当選のくじ運も占ったりしたものですが
昨年とうとう諦めて民営墓地を購入したので、その心配もなく(?)
単純に当選番号をチェックしましたが、やはりくじ運は相変わらず。
切手シートが2枚という例年通りの結果です。

ということで、今年の年賀状の版画はこんなでした。
  18nenga-09.jpg
愛虎的にはこのワンコは四国犬のつもりで彫りました。
四国犬はもともと土佐犬と言っていましたが、土佐闘犬の方が有名になってしまい
呼び方を変えたそうです。筋肉質の素敵な和犬なんですよ。

今年は4版5色刷り。うっかりそういうことになってしまいました。
こんな感じに摺り重ねていきました。
18nenga-02.jpg 18nenga-03.jpg
18nenga-04.jpg 18nenga-05.jpg 18nenga-06.jpg

ちなみにバレンには椿油をうす〜〜〜く塗って滑りを良くします。
伊豆に行った際に版画用に購入した椿油なのですが、容量が大きすぎて…。
ほとんど使っていないのに酸化が始まっています。
椿油でなくても良いんでしょうけど、使っている方が多いので。
竹皮との相性も良いのかもしれません。
 18nenga-01.jpg

はじめて版画の年賀状を始めたのが36年前の亥年。
来年は版画を始めて4巡目に突入です。
年賀状ギャラリーのページでも作って一挙公開しようかしら。

posted by 愛虎 at 23:53| Comment(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月12日

杵柄はいずこへ

今日の授業に間に合うように、年末・年始の合間を見つけては描き進めたもの。

zumen01.jpg
新しい見本図面です。
授業スケジュールを変えたため、課題を少し変更しました。
そのため見本も書き直し〜。
そもそも我々の時代は見本なんて不要でした。
教科書やプリントの見本を見て、あとは自分で課題に合わせてレイアウトしたり
一部寸法を変えたり当たり前のようにやっていました。
しかし今は簡単に「手書きでは無理っす」「見本はCADだから」とか言いやがるので
手書き図面も見本として書くことにしました。
「手でも書けるじゃん」と言い返したいがためだけに。
図面を描くのは嫌いではないので、苦痛はないのですがやはり面倒くさい。

そして3年前くらいに書いた時は何ともなかったのですが
とにかく微妙な感覚が鈍っていて――
というのも ひとえに視覚の衰え…。
以前は本当に他人にはわからないくらい定規を微妙にずらして、延長線を引いたりできたのに
なんだかずれるんですわ。明らかに「付け足しました」みたいな線になる。
見難いなりに昔の勘を頼りに「えい や!」と引いて定規を外すとずれているのが見える。
どうせならそれも見えないくらい視覚が衰えてりゃあ良いものを。
そんなんで、書き直した部分がかなりあった。

極めつけは材質などを表現するハッチング。
全然はっきり見えない。特にこの基礎の部分の1〜1.5mm位の小さな円。
 zumen02.jpg
とうとう鞄からゴソゴソとリーディンググラスを取り出して
書き上げました。
それでも後から写真に撮ったらきれいに重なってない部分があるし…。
視覚って本当に大事だわ。

そんな苦労をして書いた図面なので、ヤツラには絶対「手書きなんて無理」とは言わせない。
頼むからしっかり描いてくれよ〜。

posted by 愛虎 at 23:59| Comment(0) | からだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月11日

気配

駅のホームでスマホをいじりながら歩く人。その耳にはイヤホン。
いまや全く珍しくない光景。
出発直前の車内から何気無くホームを見ていたら、
イヤホン&スマホ操作しながら歩く若者。その後ろにベビーカー。
若者はスーッとエレベーターに乗り込むと、スマホを見たままクローズボタンを押した。
後から来るベビーカーのことなど全く気に留める様子もなく
まるで“いつもの流れ”そのままでエレベーターに乗り込むと同時にボタンを。
エレベーターの直前でドアを閉められそうになったママが大慌て。
ベビーカーの斜め前方に大股で一歩踏み出し、ドアのオープンボタンを連打!
間に合いましたよ。

目も耳もふさいだまま歩いていたら、そりゃあ何の気配も感じないでしょう。
今の人たちに配慮が足りないのは、何の気配も感じない―シャットアウトしてしまっているから
当たり前といえば当たり前なのですが、これで良いのかな?
子供の頃からそうして閉じてしまっていたら、気配を感じる訓練もできないでしょうから
今度は目も耳もふさいでないときでも、感じ方がわからない。

そういや、私はわりと気配を感じる子供でした。
小学校の時、机を向い合せて何か班の活動をしている時、先生が回ってきて
私たちの机の横に立って何か言おうとしてスッと息を吸った。
でも言うのを止めたのね。あれ?と思って先生の方を見たら
「よく気付いたね」と驚かれたことがあった。
そういう感覚って今の子供にあるのかなぁと、ふと思い出したのだけど
今の学生を見る限りではありませんねぇ。

気配を感じないことは思いやりに欠ける以前に
危険回避もできないということにもっと危機感を持った方が良いような。
老婆心というものでしょうか?


posted by 愛虎 at 23:57| Comment(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月10日

スポーツマンシップ

まさか日本人同士で!と耳を疑ったカヌーのドーピング薬物混入事件。
勝手に日本人選手は道徳心があるとか、スポーツマンシップがあるとか
心技体の精神を持っているとか思い込んでいましたが、いまやそれも幻想なのでしょうか。
もちろんニュースになるくらいですから、誰もが「まさか」と思うようなことで
その選手が特別ではあったのでしょうが。

ただ、意外にもトップ級の選手の反応は冷静でした。
ハンマー投げの室伏広治さんは、日本人はまだまだ甘い と
もちろん選手として他の選手をおとしめるようなことは論外としつつも
目を離したらもう飲まないくらいの管理が必要と言っていました。
海外ではそれくらい自己管理を厳しくしないといけないのかという方が衝撃でした。

それにしてもやはり日本人選手は正々堂々と
武士道的なスピリッツを持っていて欲しい。
愛虎的には心技体すべてが美しい選手が見たいのだ! 古いのかなぁ…。

posted by 愛虎 at 23:57| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月09日

1年先を行く?

お手洗いの1ヶ月日めくりカレンダーをめくってふと気付いた。
実は今日が誕生日から一ヶ月。
1年前から今年は年女、年女と言い続けていたので
自分がずっと前からその年になったような気がしてしまいますが
実はまだ齢をとって一ヶ月しか経っていないんですね。
まだ残り11ヶ月も48歳が残っているのに。

12月生まれってそういう意味では少し損した気分です。
誕生日が来てひと月もたたぬうちに「今年は〇歳になるんです」と
言い始めるものだから、実際より先にひとつとった気になるのです。
そこでいつも思うのは、我々の学年は同学年でありながら
早生まれの子たちは1970年代生まれになるのです。
私たちは1960年代生まれ。これってすごく大きな差を感じません?
まぁ平成生まれの子たちから見れば、どちらも昭和生まれにしか思わないんでしょうけれど。

そんな訳で、50歳まであと1年みたいな気になっていましたが
実際のところはあと2年弱あるわけで。
カウントダウンには違いないのでしょうが。
大台に乗る身としてはこの1年の差は大きいわ。
さて、50歳までに何を仕掛けるかな。

posted by 愛虎 at 23:48| Comment(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

はれのひのはずが

時代に合わせて次から次へと色々な詐欺があるけれど
成人式当日に振袖詐欺は性質が悪すぎる。
全国に数店舗持つ業者なら、それだけで信用してしまう。
中には自前の着物を預けていた方もいるようで、それが戻って来なければ
詐欺どころではなく窃盗では?

一生に一度の晴れの日にまさかこんなことが起きるなんて
親御さんだって思いもしなかったでしょうに。

何人かは同業の方々のご厚意だったり、知り合いの手助けで何とか晴れ着を
着ることができたようですが
幸い着ることができた娘たちにとっては、本当に人の有難さが身に染みた一日だったでしょう。
有難さってものすごく困ったときや悲しい時にこそ、本当にわかるもので
そういう意味では、良い成人式になったとは思いますが…

兎にも角にもまずはこのトンズラ社長を見つけ出して
少なくとも社会的制裁を受けさせなくてはなりません。
っていうか、顔写真とかないのかしら?
どうせもうお金は無いのでしょうが、目撃情報でもなんでも集めて捕まえないと。
今のままのよくわからない状態では、被害にあった娘たちも納得がいかないでしょう。

posted by 愛虎 at 23:54| Comment(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月07日

坊主憎けりゃ…

大相撲立行司のセクハラ報道。
まず、見出しが悪意に満ちている。
そんなに過剰反応をするような問題なのでしょうか。
「またも酒席で」との声もあるようですが、例の暴行問題が
ここまでこじれると思う前の12月中旬のことが今さらながら表立っただけのこと。

しかも、愛虎的にはちょいと酒癖の悪いキス魔の上司が
忘年会で羽目を外しちゃった〜くらいのことにしか感じません。相手も女性ではないし。
芸能人でも「キス魔」を公言している方々、いるでしょう。
あなたの職場にもすぐに触りたがる人、すぐに脱ぎたがる人、いませんか?
だからって泥酔していいとは思いませんけれど「信じられない!」と目くじらをたてるほどの
話題でもないような気がしています。
ましてデカデカと「セクハラ」とつける話でもないと思うのですが。

被害者(?)の若手行司がセクハラを訴えたのでしょうか?
セクハラは本人がセクハラと思えばセクハラです。
第三者の目撃だけならセクハラとは言わないと思うのですが、
そのあたりの事実関係はどうなっているのでしょう。

暴行事件以降、憶測の記事ばかりが躍っています。
それを真に受けて何の事実もあがっていないのに、黒幕は誰だとか真相はこうだとか
思い込んでいる方々が多くいます。
事実と憶測がごちゃまぜになって、勝手な世論ができて
同じようなことが他の業界で起きても、同じ反応になるのか疑わしいほどの過剰反応です。

ニュースサイトでトップにあげられる記事、ツイッターのリツイート
元は同じ1つのニュースがただ何度も出てきているだけかもしれないのに
すっかり“洗脳”されて「みんながそう思っている」と感じやすくなっているようで怖いです。
記事を書く人も座ったまま画面を見て書いているだけのようで怖いです。

posted by 愛虎 at 23:58| Comment(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月06日

1001

sen_chan.jpg闘将・星野仙一も、すい臓がんには勝てなかったか―。
2003年、タイガースを18年ぶりにリーグ優勝に導いてくれた
星野監督が4日に亡くなったとの報が今朝、駆け巡った。

あの時の阪神は本当に面白かった。
暗黒時代を経て、野村監督が意識改革を起こし
そのあとを引き継いで2年目にさっそく出してくれた結果。
熱血漢にタイガースファンが本当に熱狂した。
生え抜きではなかったけれど、スター選手を引っ張ってきて
盛り上げたあの“阪神フィーバー”すごかった。
タイガースの優勝は社会現象になるので
それに負けない個性や華も求められる。
それらすべて背負える監督でした。

そしてその後の楽天での優勝。
東日本大震災後の東北を本当に盛り上げた。
あれも“闘将”だったからこそ出来た仕事でした。
しかもあの時は宿敵・巨人を破ってとうとう日本一に。
タイガースの優勝も嬉しかったけれど
「がんばろう東北」のワッペンを付けて
日本一になったことは、楽天ファンとか野球ファンとか
そんな括りを抜きにして『感動』以外の言葉が見つからないほどだった。
前日に先発したマー君をマウンドに上がらせて日本一を取る演出。
プロ野球の何たるかも熟知していました。
日本中に力を与える優勝なんて、あれが最初で最後ではないでしょうか。

所属チーム関係なく、ユニフォームを脱いでも
球界の御意見番としていつまでも叱咤激励して欲しいと思っていたのに。
今の時代、70歳は早すぎます。

今頃天国で「あ〜しんどかった」って言っているのでしょうか。
感動をありがとう。ゆっくり休んでください。

posted by 愛虎 at 10:54| Comment(0) | タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月05日

お節に飽きたら…2

3日前からすでにお節に飽きておりますから、
今日はもうすっかり飽ききってしまっているだろうと
大量に余っている筑前煮をリメイクしました。
最近は余りものを使った料理も“リメイク”なんて言うので、聞こえが良いですね〜。

別に私が考案したわけでもなんでもなく、美味しいかつ簡単なレシピはないかと
物色したところ、出てきた料理です。
でもなかなかイケたので、飽きてしまった方はいかがですか?

とにかく筑前煮を大量に使うことありきで
まず一品は筑前煮のチーズ焼き。
 180105-01.JPG
昨夜のとりつくねバーグなんぞも混ぜて、チーズをばらまいて
レンジまたはオーブンで焼くだけです。
お好みで青海苔なんかをかけても良いようです。(私は忘れましたが…)

もう一品は筑前煮の唐揚げ。
 180105-02.JPG
チーズ焼きにごぼうは合わない気がして、今回はごぼうのみ唐揚げに。
下味はついていますから、唐揚げ粉にまぶして揚げるだけ。
ごぼうだけでは寂しいので、今日はタコとマグロをプラスしました。
こちらの方が好評でした。次回は他の具材も全部唐揚げにしてみようかな。

で、どちらもようやく完食でございます。
他にも筑前煮を使ったカレーなんてものもありました。


posted by 愛虎 at 23:45| Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする