2018年05月13日

初体験8

180513-03.jpg今日は恒例となりつつ、隣町のソフトボール大会。
助っ人言いつつすでに準メンバーになりつつあります。
今年は一週間前の練習にも参加できて、準備は万全?
今朝もいつもより早く起きてストレッチまでして気合十分!

今日はなんと人生初ファースト。
なぜなら今回はいつもに増してソフトボール経験者が少ないから。
いつもこのチームでは経験者を内野に配置します。
やはり内野はベースカバーなど複雑なので、単純に捕って投げられるだけではできないため。
また特別ルールでホームランのゾーンが狭いこと、ゴロでそのラインを抜けても
フリーではなく2ベースになってしまうので、逆に守りようがないのです。

本日の経験者は5人、よって内野に一人未経験者を入れねばならず、
普通なら一番ベースカバーが少ないサードあたりが良いのでしょうが
未経験者だとファーストまで投げられないいのでは、となった。
と言って、ファーストが未経験者では、せっかく打ち取った球をキャッチできない可能性がある。
ということで、犠牲にしたのはセカンド。
このチームではセカンドが定着している私がファーストに回ることに。
ファーストは本来長身、できれば左利きが理想ですが、こんなチビッ子がやる羽目に。



開会式の直前までその予定でした。
第一試合だったため、開会式前から練習。
キャッチボールをして軽くバッティングをし、ピッチャーが最後に打席に立ちました。
2〜3球打ったところで、膝を曲げ伸ばし様子がおかしい。
古傷を痛めてしまったようなのです。
ベンチに戻る足取りはとても投げられそうにありません。
一応登録メンバーは彼女も含め11名。
棄権するわけにもいかず、人生初ファーストから人生初ピッチャー!それも先発

バッティングピッチャーならそこそこできる私に白羽の矢が立ったのですが、
やっぱり正規の距離は遠い。
しかもここにも特別ルールがあり、ウィンドミルもスリングショットも禁止。
肩まで上に腕を挙げてはいけないので、本当に手投げしかできないのです。
なのに正規の距離12.19mは結構難しい。

試合はジャンケンに勝ったので、先攻を選択。
何故って先に守ってしまうと、ずーーーーっと守備の可能性があるから。
そんな状態で試合開始。
案の定、フォアボールの連続。一つもアウトを取れぬまま、中学のチームメイトにリリーフ。
これがうまくハマって、ようやくゲームらしくなりました。
とはいえ、投球練習は規程の5球しかできないので、初回は浮き足立ったまま9失点。
(ちなみに私はショートに)
それでも徐々に感じがつかめてきて、最終的には12-7で敗戦。
まぁ審判もだいぶこちらに甘い裁定でしたが。

打撃の方は3打数3安打(うち2本バント)と良かったのですが
12-5で迎えた最終回、先頭バッターで回ってきた打席。
バントはすでに警戒されていたので、ヒッティング。これがレフト前ヒット♪
で、色気が出ちゃいました。
サードまで塁を進めて、ノーアウト2,3塁の場面。
キャッチャーがボールをはじいたのを見て、ホームスチール!
絶対ノーマークだと思ったし、ここでノーアウトのまま点が入れば流れが変わると思ったけれど
寸での差でアウトでした。
で、このときホームベースに思いっ切り踏み込んだ左足首に違和感。

何かやっちゃったな〜

とは思いましたが、少し伸ばしたりすれば治るかなくらいに思っていました。
そのままサードコーチャーに入り試合は終了。
雨も怪しかったので、12時には家に帰ってきました。
そして靴下を脱いでみたら…
あら?くるぶしがない。
これ、ヤバいやつですよね。
ピッチャーのあと左腿裏に張りがあったりしたので、いつの間にか負担がかかっていたのでしょうかね…
 180513-06.jpg 180513-07.jpg
少し遅れたもののまずはアイシング、そして圧迫・拳上。
アイシングを20分、インターバルを40分にして、1時間を1セットにして繰り返しています。

しかし体が動いていた時は気にならなかったのに、時間が経って動きがないと
ますます怪しくなってきました。
 180513-08.jpg
体重かけられません…。このままだったら、明日から仕事、どうしよう…。


こんなにちゃんとした(?)捻挫も人生初!初物づくしの1日になってしまいました。

posted by 愛虎 at 21:24| Comment(0) | ソフトボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月12日

遊び方

昨夜はちょっとした同窓の集まりでした。
その中のお一人が、いろんな意味で「デキる」人でして
良し悪しは別にして、そこそこの地位をそれぞれの場所で得ています。
普通に話していると本当にただのオヤジなのですが(笑)。

そういう方は発想が違うのでしょうね。
閃きというか何というか。
モノゴトを動かすエネルギーというか。
方法論は違うけれど、そういう意味では大学時代の恩師に通ずるところがあるかと思います。

で、夜の集まりですから
「コレ(親指と人差し指で円を作り)とコレ(小指を立て)さえ気をつければ、任期いっぱい大丈夫」
なんて、さらに先輩からからかわれたりするわけです。
某省の例の言葉遊びを揶揄して
オッパイ触っても良い?なんて言うからいけねぇんだよ。
言わないで触っちまえば、あんなレコーダーになんて録られて証拠に残ったりしないんだから。

と。
ひどい!セクハラ!!
と思うどころか、つい
その通りっ!
って思ってしまいました。

同性ながら女性の敵!と仮装大会ようなの“なんちゃってMe too!”の方たちに怒られちゃいますかね。
バブル期にそういうことに慣れてしまった人が、ハラスメント問題を大きくするとか言われちゃいますかね。
いや、私も自分が嫌いな人や陥れたいような人がそんなこをとしようものなら
セクハラ、パワハラ、アカハラなんだって使えるものを使いますよ。
女性はそのあたり したたかだと勝手に思っているのですが、時代錯誤なのかな。

いずれにしてもそう堂々と言えるような、そして言っても許せるような
そういう人柄って大事なような気がします。
それくらいサラッと言えるくらいの面白味がないと、他の面白いこともできないのかなと。

posted by 愛虎 at 23:58| Comment(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月10日

お陰さまで

明日は大学のミニ同期会です。
2年前くらいにちょこっと集まったのをきっかけに、全体の同期会をやり
その後、某先生のリクエストに従って、微妙にメンバーを変えながらポツポツと。
だいたい某先生が飲みたくなると私ともう1人2人に声がかかり
「アイツとアイツとアイツはどうだ?」
みたいになって調整するというパターン。

明日その同期会にも顔を出してくれるN先生も、先日
「大学の〇〇課の△△さんと久々に飲もうって話になったんだけど、あとの調整してよ」
って。
N先生下戸だし、私も対して変わらないのに△△さんはいけるクチ。
ずいぶん前にその3人で飲んだ時に、けっこう微妙な感じだったので
勝手にもう一人他の学科の大先輩を巻き込んで調整したのがちょうど来週の今日。

ふと考えてみたら某先生もN先生も私の恩師のことを
「OBを使って今でも色々やってもらって―」
と冗談半分批判半分(嫉妬半分?)言っているけれど
んん?みなさん大差ないようなww

私も頼られて(?)色々やっているうちが華というか。
お陰様で思いがけず同期と会うチャンスも増えたし
普通だったら一緒に飲まないような人と懇親がはかれたり
こういうお誘いがなかったら、職場と家の往復になりかねないところを
有難〜い機会をいただいていると…



心から思っております!?

posted by 愛虎 at 23:46| Comment(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月09日

コントロールしたい

知人の投稿で知りましたが、今日は「アイスクリームの日」だそうで。
サーティワンではどのアイスも100円均一とのことで、かなりの行列を作ったようですが…。
そもそもなぜこの日かというと、これからアイスがおいしくなる時季らしいのですが
とりあえず今年はそうはならず、アイスの行列に並んだ方々はなかなかチャレンジャーだなと。

東京で5月に2日連続最高気温が15℃未満というのは四半世紀ぶりなんだそうです。
しかし我が職場はエアコンが集中管理。
ゴールデンウィーク明けに出勤してみたら、エアコンの表示が「冷房」に変わっていました。
それなのに2日続きでこの寒さ…。
よりによって測量実習で強風にさらされ3時間。
ヒートテックを仕込んで、薄手のウールのセーターを着て、ジャケット、そしてコート
と着込んで臨みましたが、やっぱり寒い。
私のいる棟は温度は変更できるので居室のエアコンを28℃ににセットして実習に出ましたが
戻ってきた部屋はただエアコンから風が吹き降りているだけで、28℃になんかなっていません。
いや、以前にも試して暖かくならないのはわかっていたけれど、でも、でも…。

で、結局頼るのは電気ストーブ。

室温や運転を管理して、節電するつもりなのでしょうが
こうして電気ストーブを個々でつけたり、冷房が寒すぎて窓を少し空けながら冷房
とかわけのわからない使い方をしていることを考えたら
集中管理ってあまり意味がない気がしてならないのです。

特に今日はニュースでも「25年ぶり」と言ったほどの寒さ。
日にちではなく気温で集中管理できないの?

そういや、外の照明も明るさのセンサーではなくタイマーでON・OFFしている箇所がある。
なので今日みたいに薄暗い天気でも、そこは照明がつかないのです。
どちらもいつまでたっても改善されないなぁ。

posted by 愛虎 at 23:51| Comment(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月07日

初恋との再会2

ゴールデンウィークの唯一ゴールデンウィークらしいイベント(?)といえば
スカイツリーの真下へ初恋の人に会いに行ったことです。
  joe50th_14.jpg


…って、ここを時々覗きに来てくれる方は、もしかしてアイツか?
と気付いているかもしれませんが。
はい、正解!
joe50th_01.jpg 
この方に会って参りました。
ゴールデンウィーク中開催されていた「あしたのジョー展」です。
  joe50th_10.JPG

お客さんの8割はオッサンでした。
そしてチラホラと私のようなオバサンが何故か一人で来ています。
(あとはご夫婦と思われる男女)
そんな年齢層が見るにはちょっと字が小さすぎましたが…
そしてマンガの原画に近付いて見たいのに近づくと細かい部分がぼやけるという
ジレンマに陥りながらも、何とか目を凝らして見てきました。

やっぱりイイ…。
原画を見ながら「ああ、何巻のあの場面」と鮮明にさらに前後のシーンがよみがえってきます。
原作の高森朝雄(梶原一騎)さんの息子・高森城さんと漫画を描いた ちばてつや さんが
15枚ずつ原画を選び、それぞれそのシーンにまつわるエピソードを紹介するコーナーなど見応えがありました。
こういうのを見てしまうと、また、何度でも、読みたくなりますよね。
欲をいうなら図録的な展覧会の冊子を作って欲しかった…。

joe50th_02.jpg joe50th_04.jpg joe50th_05.jpg joe50th_06.jpg
撮影可能のコーナー。最後にあのラストシーンがあって、そこに座ればあなたもジョー気分♪
って、そんな軽々しくできないわ〜。


会場の外の墨田区のコーナーではこんな宣伝があり、墨田区は2020東京五輪の
ボクシング会場だったのですね。
joe50th_07.jpg joe50th_08.jpg joe50th_09.jpg
joe50th_12.JPG joe50th_11.JPG

ところで、えげつないのがオッサン・オバサンがターゲットなだけに、展覧会グッズがね…
そこそこイイ値段しながら何種類かパターンがあったりすると、全部欲しくなるでしょ。
全部買うと結構なお値段になっちゃうのに、大人が買えない値段じゃないのがミソで
まんまと術中にはまって買いあさってしまったのがこちら。
joe50th_15.JPG joe50th_17.JPG
原画のレプリカなんて6シーンあったのですが、どこのシーンか選べない。
となると6種類買うしかないじゃない。絵葉書もしかり、クリアフォルダーしかり…。

joe50th_16.JPG joe50th_18.JPG
ウルフ戦、1969ってのがイイ。一筆箋はきっともったいなくて使えないのだけど、吹き出しで何てしゃべらせようとか妄想。

ということで、私のコレクション(?)納戸の肥やし(?)に仲間入り。
子供の頃から…というかほとんど小中学校時代に集めたグッズが眠っていまして。
joe50th_19.JPG  joe50th_20.jpg
たぶん左のハンカチが一番最初に買ってもらったジョーグッズ。
右は川崎市の選挙ポスター。選挙後川崎市役所までいただきに行きました。

昔は勝手にジョー仕様にしていました!?
joe50th_23.JPG joe50th_24.JPG joe50th_25a.JPG
例えば表紙に紙を挟むタイプのルーズリーフに手書きのジョーをいれたり。
これが「国語」のノートなのがすごいとこですが。アホですね。

そんなわけで、久々に初恋の人との再会を楽しみました。

posted by 愛虎 at 23:51| Comment(0) | ボクシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月06日

年に2回だけなのに

大型連休の最終日は、明日からに備えての〜〜んびり


したいところですが、来週参加する健康ソフトボール大会の練習日でした。
みっちり3時間…グランドはとってありましたが、4チーム合同の練習でしたので
ややもすると休み時間の方が長いのではという感じの連取でしたが。

半年に一度のソフトボーラーなので、まぁイメージと実際の動きのギャップが
激しいこと激しいこと。腰は高いし、ゆえにグラブも高いし。
練習を怪我なく終えたことだけでも上出来なのかもしれないけれど。
チーム自体はメンバーがギリギリに近く、とくに今回は経験者がやや少ないので
どうやら人生初ファーストをやることになりそうです。
ファースといえば、長身の選手がセオリーのはずですが、こんなチビッ子で良いのだろうか。
多少逸れた球でも拾えるのではという期待値からのファーストなのですが
グラブに嫌われてボールが入ってくれません。
(というか、単純に握力低下のせいでしょうが)

グラブといえば、ママさんソフト時代に作ったオーダーグラブを使っているのですが
当時「イチローブラック」なる少し紺色寄りのブラックだったものだから
色褪せが尋常ではないのです。
そこでブラックの補色もできるタイプのワックスを使っているのですが
問題なのがハミ出しの色を黄色にしてしまったこと。
ここにはブラックを乗せたくないけれど、どうしてもついてしまうんですよね〜。
加えてあまり良い思い出のないグラブなので、もう変えたくて変えたくて。

年に多くて2回しかやらないソフトボールなのに、それでも新しいグラブが欲しい。
テンションが上がらないグラブなのよね。
また美津和タイガーにしようかしら、とか妄想しちゃって…。
この無駄な物欲に誰がダメだししてくださーい。

posted by 愛虎 at 23:32| Comment(0) | ソフトボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月04日

やったもん勝ち

世界卓球の団体戦女子。ストレートでコリアを下し文句なしの決勝進出!
いやいや、とにかく良かったです。
あんなルール無視のチームに負けるわけにはいきません。

世界卓球では過去にも南北統一チーム「コリア」として出場したことはあるそうですが
当たり前のことですが、大会にエントリーする時から決まっていたこと。
今回はバラバラに出てきて、準々決勝でぶつかってしまったから試合をせずに
統一チームに変えて北も南も3位確定、メダル確定で準決勝にでま〜す。
っておかしいでしょ?
大会中にチームが変わるって、ルールの完全無視。
2チームとも失格だっておかしくない。

ただこれ、一番悪いのは国際卓球連盟だと思います。
大会途中で大会要項が変わるなんて、どんなに小さな大会でもありません。
もちろんこんなことは「想定外」でしょうけれど、
「平和へのサイン」なんて耳触りの良い言葉で片付けてはならないことだと思います。

お国柄というか国民気質というか言ったもん勝ち、やったもん勝ちで
これまでもあることないこと…というかほとんど無いことを有ったことにしてしまいますけれど
スポーツの世界でそれを認めてしまったら…。
中立の立場である連盟が言われるがままにルール変更をしていたのではスポーツとは言えません。
ある意味、政治的な事柄―南北の歴史的会談―に惑わされて
別な意味でスポーツに政治を持ち込んだことになっていないでしょうか。

ずるいチームに負けないで本当に良かった。
これで勝ちでもしたら、他の競技でも途中から有利なトーナメントの方へ合流する
なんてことをもっと多用してくるかもしれません。


posted by 愛虎 at 23:48| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月03日

30周年

午前中いっぱい雨だと思い、何の計画も立てていなかった今日。
サラメシの再放送を見ながら昼ご飯を食べ、そのままチャンネルをつけておくと
さぬきドキっ!「アッキーが行く!瀬戸大橋の30年」なんて番組が始まってしまいました。
で、1時間テレビに釘付けです。

瀬戸大橋建設にはうどん県に住む親戚が関わっており、
父の実家もその橋脚の予定地となって移転したといういきさつもあって
思い入れの強い土木構造物です。
またその開通が土木工学科に入学した1988年4月というのも
何かしらの因縁を感じています。
また大学4年の卒業研究時には指導教授とともに、建設省の方に案内してもらい
当時は一般への公開はほとんどされていなかった点検通路やピアの上の見学を
させてもらったことは、その後ちょっとした自慢でした。
  setooohashi01.jpg setooohashi02.jpg

ですから今月行われる瀬戸大橋開通30周年記念イベントの瀬戸大橋ウォークには
応募して当時の感動を再び!と思っていたのに
行程を検討してから応募しようと締め切りの数日前まで覚えていたのに
新年度のバタバタですっかり忘れ、締め切りの2日後に思い出すという…

そんなこともあって、行けなかったかわりに番組をじっくり。
こういう番組を見る度に、うどん県には何度も行っているけれど、何も見ていないなぁと思います。
まだまだ見るべきところがたくさんある…というか、見たところの方が数えるほどで…。
気軽に行ける距離ではないけれど、自分のルーツの土地にはやはり興味があります。

posted by 愛虎 at 23:55| Comment(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月01日

終わりのはじまり

今日から“平成最後”の日が始まるそうです。
というのも来年の今日には皇太子さまが天皇に即位し、同時に元号が変わるからで
よって今日は平成最後の5月1日なんだとか。
そう考えると感慨深いですね。

思えば小渕さんが『平成』と額縁を掲げ、あれから30年。
大学生にとってはあの平成が決まったシーンは生まれる前の話で
下手したら現代史の中に入ってしまう出来事らしく…。

“平成”にもようやく慣れたと思ったところだったのに。お名残惜しいわ。
やっぱり今度の元号も最初はなんかしっくりこないんでしょうね。
いまだに平成から西暦への換算がおぼつかなくて。
だって、昭和の場合
元号に25を足したら西暦
とわりとキリの良い数字でしたが
平成の場合は
元号から12をひくと西暦
しかも途中で20世紀から21世紀になってしまったので
そこも計算しにくい。

いずれにせよ、今度はイニシャルMTSH以外。
暦にかかわる業者はみな泣いているので、当初の予定通り
さっさと公表すれば良いのに。
そして誰が新しい元号の額を掲げるんでしょうね。


posted by 愛虎 at 23:59| Comment(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月30日

新メンバー登場

10日ほど前に手をつけ始めたリリコイの鉢作り。
昼前にホームセンターへ再生土を買いに行き、15時過ぎから土作り
180430-01.JPG
例によってフルイにかけて大きな根などは取り除き、再生土を混ぜてプランターに。
17時ごろには食事の支度もあるため、今日のところはここまで――
180430-02.JPG 180430-03.JPG

―と思っていたら、若殿より夕飯不要との連絡♪
ということで、作業続行〜!!
暗くなってきたころ6鉢+α(一番右側)ができました。
  180430-04.JPG

このαくんは“ぬるっぱ”というそうです。
ホームセンターで今年は何かもう1品収穫できるものを、と物色していて見つけました。
キュウリは真夏が過ぎると途端に黄色くなってしまうし、ゴーヤは我が家では母しか食べないし
それ以外で何か、と見ていたら

180430-06.JPG 180430-07.JPG
180430-08.JPG

葉もそこそこ厚くてしっかりしていて、少し育った葉っぱろおひたしにしたり、天ぷらにしたりできる
“ぬるっぱ”なる不思議な名前のつる性の植物を発見。
別名「オカワカメ」ともいうそうで、沖縄野菜らしいです。
その名の通り、刻むとわかめのようにぬめりが出るようです。
実も「むかご」のように食べられるし、根も「いも」のように食べられるそうです。

植え付けてから改めて調べたら、正式な和名は「アカザカズラ」で、
「雲南百薬(ウンナンヒャクヤク)」という呼び名もあるようです。
百薬というのは栄養価が非常に高いからとのこと。
葉酸やビタミンAのほか、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルをたっぷりと含んみ、
特に普段の食事から摂取しづらい亜鉛はニラの2.5倍、マグネシウムはレタスの8倍と、
ミネラル分が多いことが特徴だそうで。
おまけに暑さに強く丈夫で育ちやすいとか。
新メンバー、なかなかできるヤツかも!?
乞うご期待!

posted by 愛虎 at 23:36| Comment(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする