2021年09月17日

戦略?それとも見込み違い?

アサヒの缶ビールがまたしても販売を一時休止するというニュース。
休止になったのは「アサヒ生ビール」。
3日ほど前に販売をはじめたばかりで、私もSNSなどでチラリと見ましたが
想定以上の注文で供給が追い付かなくなってしまったのだとか。

買えないと聞くと、晩酌などしない我が家でも何だかちょっと気になり出す。
ビール好きでもないのにニュースが目に入ってくる。
例の「スーパードライ 生ジョッキ缶」だって、一度飲んでみたい!
(というか、ふたをパカッと開けてみたいだけだけど)
と思いつつ、まだ一度もお目にかかったことはない。
きっと発売日に狙いを定めて取り扱い店に行かないとダメなのでしょうが。

ちょっとくらい割高でもネットなどの取扱店で予約でもしようかしら と
何度も言うが、晩酌などしない我が家なのに気になり出す。

これは戦略なのか?まんまと乗せられているのか?
それとも本当に見込み違いで追いつかないのか??

「アサヒ生ビール」はともかく「スーパードライ 生ジョッキ缶」は
ナマで泡の出る様を見てみたいんですよね〜。
やっぱり戦略がすごいのか?

posted by 愛虎 at 23:59| Comment(2) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
都会は入るのも、消えるのも早いですね。
田舎では、アサヒ生ビールもスーパードライ生ジョッキ缶も、ニュースになったときに店頭に並び始めてました。「え?今日コンビニに陳列されてたよ?」という感じ。
こういうときに都会と田舎の実距離の違いを実感します(もちろんすぐ買って飲みました)。
Posted by しげぞう at 2021年09月21日 23:26
すっかりコメント欄を見落としていました。
久しぶりです!
アサヒ生ビールはこちらでも結構店頭で見かけます。品薄かと思ったらそうでもないみたいです。
でもジョッキ缶はいまだに見たことがないです。一度飲んでみたい。
Posted by 愛虎 at 2021年09月25日 23:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。