2021年08月13日

打ってきました2

1回目の接種からちょうど4週間。
昨日2回目の接種を行いました。職域接種、モデルナです。
ちょうど1週間前に若殿が2回目の接種を行い、かなりグッタリしていましたが
もともと私は熱に強い方なのであそこまでグッタリしないだろうと
たかをくくっておりましたが…。
ワクチン、ナメておりました。

接種は10:45。時間通り接種できました。
前回はチクっとしただけであとは何も感じませんでしたが
2回目はずーーんと何かが入ってくる感じがあり、指先が少しピリピリしました。
経過観察中にすでに腕が重たくなってきました。

具合が悪くなった時に備え、2日分の買い物等々をしているうちに
腕の痛み、頭が重くなって来ており、階段の昇り降りも心なしか怠くなっていました。
明らかに前回より反応が早い。
それでも昼食を取り、夕飯用のカレーを仕込み、
家に持ち帰ったデスクワークができるくらいでした。
17時の時点で体温36.48°

しかしだんだんお酒を飲んだ時のようなガンガンする頭痛がはじまり
まだ発熱はありませんでしたが、18時ころカロナールを飲みました。
その後も熱はさほど上がらず。
ただそろそろ就寝しようかと思った23時半頃、何となくぞくぞくする感じが。
熱はまだ36.74でしたがカロナールを飲んで、コールドパックを用意して
床にはいりました。

普通に眠れましたが、夜中に背中から腰にかけての痛みというか
ものすごい重み―疲労感で目が覚めました。
発熱の時の節々が痛くなるというタイプのものではなく疲労感。
スポーツで追い込んで疲れすぎて眠れない時の感覚です。
時計を見ると3時半。それからその重みで眠れない。
仕方なく4時半頃、寝室の2階から居間に降りて再びカロナール服用。
このときの体温37.41°。
薬が効いたのかその後は眠れて7時起床。起床後の36.61°

起きて居間で座っていてもとにかく背中から腰、臀部にかけて
ひどい疲労感あり座っているのが辛い。
体温は9時36.84°、11時半37.55°。
疲労感が再び痛みのようになってきましたが
昼食後に薬を飲もうとしばし我慢。
食後の12時半に37.88°でカロナール服用。
午後もしばらく休んで―と思っていましたが
母に盆飾りの手伝いを頼まれ、体に鞭打ちセッティング。
15時頃には37.34°。

16時半頃から背中の痛みなど急激に楽になってきましたが
以前として頭はやや重い感じ。
17時37.09°、19時37.00°
順調に下がるかと思いきや、21時半頃にまた腰から臀部にかけて
倦怠感が出てきて、熱を計ると37.44°。少し上がってきています。

そして只今37.22°
昨夜のように途中で寝付けなくなることのないように
就寝前に再びカロナールを飲もうかなというところです。

ワクチンについてはその効き目や副反応はこれからデータを収集するところでしょうが
例えば数年はこのワクチンを毎年のように打つとして
今回のような発熱やものすごい倦怠感などは毎回出るのか。
1回目は同じように楽なのか、それとも以降は期間が空いても
複数回目になるからきついのか。
それともだんだん慣れてきて、だんだん副反応も小さくなるのか。
毎回このような状況になるのだとしたら、少し面倒なワクチンですね。
計画的に休暇に合わせて打たないと、仕事になりませんね。

posted by 愛虎 at 23:32| Comment(0) | からだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月15日

打ってきました

某職域接種に家族も接種可能とわかり、ようやく本日午前中
新型コロナワクチンの接種を受けてきました。

すばらしいオペレーションのお陰で“待たされる”という感覚をほとんど持たずに
(実際はぐるぐる順路を進んでいるので、待っているのでしょうが)
スムーズに打つことができました。

すでに様々な接種後の体験談の通り(あくまでも個人的な感想ですが)
注射そのものは針も細く指す瞬間にチクっとする程度で痛くありません。
15分の経過観察も特に問題はありませんでした。
会場では100人以上が経過観察をしていましたが
具合の悪くなっている方も、私の時間帯にはいませんでした。

そして接種から1時間後くらいには徐々に腕が重くなり
夕方ごろから重みが痛みに変わってきました。
接種から12時間以上経った今も、動かさなければ
乳酸がたまった腕という感じで痛みもありません。
腕を上げたりひねったりすると痛みを感じ、「筋肉痛のような痛み」
とは良く表現したもので、本当にそんな感覚です。

これからどのように体調が変化するのかわかりませんが
今のところ辛い副反応は出ていません。


今日の接種会場はある会社内の特設接種会場でしたが、
一体何人スタッフを用意したのでしょうというくらい
きめ細かく人が配置され、二重三問診票や接種券を確認し
予約確認→問診→接種→経過観察への案内もとても丁寧。
とても教育されたスタッフーそもそもイベント系のお仕事をしている方かもしれません
で感心しました。

私の職場も職域接種の可能な人数がいるのにスタッフ不足を理由に
申請しなかったことに憤慨していましたが
今日のオペレーションを見ていたら、ウチでは無理!と納得しました。

posted by 愛虎 at 23:05| Comment(0) | からだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月15日

ワクチン接種

母がようやく新型コロナのワクチン接種第1回目を受けてきました。
4月末のはじめての予約の際は、電話もネットも繋がらず惨敗。
2回目の予約は希望の会場は人気で、予約画面に到達できず
ダメ元でチェックした別の会場でやっと予約に漕ぎつきました。
そうして今日の接種日を迎えたのです。

わが県は接種率の低さワースト1位。
65歳以上の接種も1回目の人がようやく3分の1に届きそうな程度。
2回の接種を終えた65歳以上がやっと5%を超えたところ。
知事だけは県内の接種はなかなか順番が回ってこないので
国の会議で都内に出かけた時に大規模接種会場でとっとと接種を受けてしまい
接種の遅れには無対策という身勝手さ。

そんな状態ですが、集団接種会場では一応粛々と接種をやってくれたようです。
薬のアレルギーを昔起こした母ですが、大した問診もなく粛々と…。
そして2回目の接種はどうやら機械的に、本人の予定も聞かれずに
3週間後の同会場同時刻に設定されてしまったようで
帰ってきてから7月6日の今日と同時刻が書かれたメモを持ち帰ってきました。

出かける前に仕事の関係上、その日はできたら避けた方がいいね と
言ってあった日だったのに。
最初の接種券配布の封書には2回目のことは全く書いておらず
2回目の予約の変更ができるかどうかもよくわからず…。
自動的に2回目の接種が3週間後の同時刻になるとわかっていたら
1回目の接種の予約の時からそこまで考慮して申し込んだのに…。
高齢者だから基本ヒマだということでしょうか。
まぁ予定があれば申し出るだろうと向こうは思っていそうですが。
(言われるがまま予約を受け入れる母にも責任がありますが)

母曰く注射そのものは全く痛くなかったそうです。
ただ15分休憩していた時は何ともなかったようですが
電車に乗りはじめてから少しフワフワするような感覚になって
乗換駅で少し休んでから帰宅したとのこと。
そして夜には注射した腕が痛み肩があがらないと言っていました。
発熱などは今のところありません。

さて、2回目はどうなるか。

posted by 愛虎 at 23:19| Comment(0) | からだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月23日

こんなところにも―

Ukoと母のエステサロンが今月末で移転します。
駅のこっちとあっちという位置関係のため、開店準備をしながら
予約をできる限り調整し絞り、休業期間を作らずに移転するという
かなりの荒業を目下実行中です。

昨日、現サロンでの最後のお客様を施術し、
明後日には新サロンではじめてのお客様を迎える。
5月中はプレオープン的な感じで来月が正式オープンです。
そんなわけで5月の休日はほぼ移転作業に駆り出されています。

サロンと言っても小さなお店です。
店内の様々な家具は組み立て家具がほとんど。
旧サロンではそうした家具の解体。
新サロンでは新しい家具の組み立て。
ドライバーや六角レンチ片手に次から次へとこなしていきます。

今のサロンに移転してきた時も、身内だけでお店づくりをしましたから
今回も同じようにやっていけば…と思っていたのですが
ひとつだけ大きな違いが!

そ・れ・は

目ー!

ここでも目がネックに。
何って取説が見えないのはもちろんのこと、ネジ穴もよく見えない
手の感覚だけでネジ穴にドライバーを合わせて回す。
そんな感じでした。

後半はそんなストレスを軽減するため
コンタクトレンズをやめて眼鏡で作業しましたから。
こんなところにも影響するなんて!

posted by 愛虎 at 23:56| Comment(0) | からだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月19日

代弁者

つい先ほど何となく見ていた『TOKIOカケル』。
今夜は永野芽郁さんだったのですが、その中でトマトが苦手だという話が。
野菜嫌いの愛虎的にも、このトマトというのはキングオブ受け入れられない野菜。
彼女のトマトが嫌いな理由は、おそらく世のトマト嫌いの共通項。
1年に1回くらい挑戦するらしいのですが(エライ!)それでも嫌いとのこと。

トマトの触感と青臭さが嫌い!フルーツトマトでも嫌い!
でもケチャップとミートソースは大丈夫で、
トマトのゴロっと感の残るトマトソースは嫌い!
トマトの栄養価が高いと言われると、迷うことなくサプリ飲むので良いです
と言い切る感覚も同じ(笑)。

そう、あの触感。熟れ過ぎた柿にも同質のものを感じるけれど
さらにその中に種の粒々感もあって
ドロッとと青臭い味&酸味が絶妙なバランスで不味い。

よくトマトを食べられる人が、あんなに甘いのに?
と言うけれど甘いけど青臭いのよ。
そして
フルーツみたいだから食べてみて。
騙されたと思って食べてみて。
と言われて何度騙されたことか。騙されっ放しです。

昔、偉い人の奥様から
このトマト、オレンジみたいな味がするのよ。食べてごらんなさい。
と言われて食べたけれど、オレンジなんてどこにもいなかった。
飲み物がビールしかなかったけれど流し込みましたから。(お酒も弱いのに)

キャロット系の野菜ジュースは飲めますが、それにトマトが入り込んでくると
愛虎の舌は確実に感知します。
それくらいトマトは舌にアピールするのです。

トマト嫌いあるある。ご理解いただけたでしょうか!?

posted by 愛虎 at 23:19| Comment(0) | からだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月20日

せっかく避けたのに

近所のスーパーへ自転車で買い物へ向かう途中
公園からサッカーボールが転がり出てきた。
慌てて自転車から降りてボールは回避できたけれど
左足のふくらはぎを痛めました…。
軽い肉離れなんでしょうかね。

ベタ足(?)で自転車を漕ぐ分には痛くないので、そのままスーパーに向かいましたが
歩くと―ふくらはぎが伸びると痛い…。
しかし、せっかくスーパーまで来たのでそろりそろりと歩いて買い物をしました。
帰ってから少しアイシングをしてシップを貼りましたが
今も歩き方が不自然になるくらいの痛みがあり。(動かさなければ痛くないのに)

ボールを避けられて、まだまだ私の反射神経は捨てたもんじゃないなと思ましたが
瞬発的な動きに筋肉が耐えられないんじゃ仕方がない
左足は3年前に骨折しているので、以来 筋力が低下したままなのが原因なのかもしれません。
夜、安静にして明朝には少し回復していれば良いけれど。
このままじゃ通勤中の階段一段抜かしもままならない。
せっかくランニングを再開しましたが、こちらはしばしお預けです。

posted by 愛虎 at 23:54| Comment(0) | からだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月01日

思わぬ効果

3ヶ月に一度、補充に来てくれる置き薬。
いつもなんだかんだで風邪薬を飲んだり胃腸薬を飲んだり
お勧めのドリンク類を頼んだりで、数千円の料金を払います。

ところが今日は
「今回は絆創膏だけですね。385円です。」
って…。
せっかく来てくれたのに申し訳なくて健康飲料を追加してしまいましたが。

担当の方にお話を伺うと、皆が感染予防に努めているので
例年に比べて薬が全然出ていないそうです。
代わりに消毒液など、これまで注文があまりなかったものが売れているとか。

それにしても手洗いとマスクでこんなに感染予防になるとは!
新型コロナの死者数をインフルエンザと比べ、大したことはないという方がいます。
かく言う私も、当初は新型と言っても感冒のコロナの一種なんだから
そんなに怖がらなくたってと思っていた方です。

ところがこの秋になってインフルエンザ罹患者が例年に比べ1%以下
たったの150人しかいないというニュースを聞いて
改めて新型コロナウイルスの感染力の怖さを再認識しました。

インフルエンザがこんな状況ですから
従来のコロナウイルスやライノウイルスも同様。
新型コロナウイルスよりも感染力の弱いものには全然罹らない
これくらいの対策で薬代が減るのですから、医療費も然りでしょうね。
あまりに除菌するのは免疫には良くないですが、
アフターコロナになってもある程度持続すると、国全体の医療費も変わるかもしれませんね。


posted by 愛虎 at 23:51| Comment(0) | からだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月23日

新しい生活習慣癖

この半年、必要なとき以外は極力出勤せずテレワークをしてきた私。
家で仕事をすれば、メイクはおろかコンタクトレンズも入れない。
何故って手もとは裸眼で見た方がよ〜く見えるから。
もちろんド近眼ですから、コンタクトレンズを入れない場合は、
ほんの2〜3m先の大きなカレンダーの数字すら眼鏡なしでは見えません。

つまり今となっては
コンタクトレンズを入れた場合は手もとを見る際にリーディンググラス
裸眼のままの場合は手もと以外を見る際に近視用眼鏡
とどちらにしても眼鏡がいるわけですが
手もとはコンタクトにリーディンググラスよりも裸眼の方が顔を近付けて見ることができ
それ以外は眼鏡だろうとコンタクトレンズだろうとさほど差はない。
よって眼鏡の方が勝手が良いということになります。

そして眼鏡の場合、長く手もとを見るときは完全に眼鏡を外しますが
ちょっとだけ手もとを見たいとき―例えばパッケージの切り口を探すときとか
食品の裏の成分表を見たいときとか―は眼鏡は外さず
顎を引いて上目遣いに眼鏡の上方から覗くように一瞬裸眼の状態を作ります。
もうドラマでお年寄りがやるあのポーズ。
恐らくテレワーク中にそれこそ何度もそうしていたのでしょうね。
恐ろしいことに半年もそんなことをしていたら、すっかり
“見えないときは顎引いて上目遣い”が刷り込まれてしまったんですね。

で、コンタクトレンズを入れているのに手もとの何かを見ようとするときに
無意識にあのポーズになってしまっていることに、はたと気付くという。
そしてもちろんコンタクトレンズですから、そんなポーズをしたって見えるはずもなく
見えないままやり過ごすか、リーディンググラスを鞄からゴソゴソ取り出して…。
あーー面倒くさい!

変な癖はどうしてこうもいとも簡単に見についてしまうのでしょうね。

posted by 愛虎 at 23:59| Comment(0) | からだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月26日

筋肉は裏切らない

今朝、起きたら三角筋のあたりと肩甲骨付近が痛い。
ん?何だ??
と思い返したら…


原因は月曜日の「筋肉体操
今週からパラアスリートバージョンの第5弾が始まったんですね。
そんなことは全く知らず、つけっ放しになっていたNHKから流れ出し
もう寝ようと思っていたのについ一緒にやった
「パラアスリートといっしょ 胸と腕」。
腕と胸なんだけど、背中側に効いているということは意識する筋肉が違ったか?
月曜日の23:40にやって、今朝の筋肉痛だからまあまあか?
(筋肉痛になる早さはあまり関係ないという話もあるが)
などと思ってみたり。

不思議なのは普段、ちょっと気が向いてやる腕立て伏せでは筋肉痛になることはあまりない。
回数はむしろ筋肉体操より多くやっているのですが
たぶんそのスピード、インターバル、ちょっとした工夫(今回は雑誌を置くこと)
で効き方が違うんでしょうね。
谷本先生のあの掛け声が良いんでしょうね。


寝る前の筋トレは成長ホルモンの分泌促進するなんて話も聞いたことがあって
結局、昨日・今日も筋肉体操に参加!
明日は今シリーズの最終回「腹筋・背筋」です。
がんばれなくなったら、超がんばればいいんです(笑)

posted by 愛虎 at 23:59| Comment(0) | からだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月06日

新感覚

昔からシーツのシワがあると気になって眠れないとか
カーディガンの中で袖がクシャっとなると気持ち悪いとか
靴の中で靴下の弛みがフィットせず何度も靴を履き直すとか
くだらないところで神経質になる愛虎です。

ということで、マスクもいつも鼻の下や唇に何かモシャモシャッと
まとわりついたりすると気になって仕方がなく、
息もしやすく、耳も痛くならず、ある程度の張りがあってもたつかない
そんなマスクがPittaシリーズです。
ジョギング中でもしていられるくらい通気性が良いので
ポリウレタン素材なので暑いと言う人もいますが、夏になっても愛用していました。

しかしそれも30℃まででしたね〜。
30℃越えたらとたんにマスク内の息や汗による湿気が…。

ということで最寄駅から自宅までの道になると、ほとんど周りに人がいなくなるので
マスクを外します。
このときの新鮮な空気の感じと言ったら、たまらない
ずっとマスクをしていたからなのでしょうが、
同時に懐かしい感じの匂いもいっぱい感じ取ってなんだかすがすがしくなる。
嗅覚が敏感になって、家の中でもふとした時に
急に新築当時の木の匂いがフワ〜っとするようなしないような
これまで薄れていた感覚が研ぎ澄まされているのかも。

マスク生活が長引いたお陰!?
まだまだマスクは手放せないから、しばしこの感覚を楽しむか。


posted by 愛虎 at 23:58| Comment(0) | からだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月09日

ステイホームの弊害

この春のステイホームで著しく衰えたところがあります。


👀 視力


視力が0.1も満たない私は10代のことから普段はコンタクトレンズ。
しかし外に出ることもないからコンタクトレンズを入れずに眼鏡生活。
今でも自宅でできる仕事は自宅で を心掛けているので
外への出勤は週2〜3日に抑えています。
週の半分以上眼鏡。

眼鏡でいると、手元を見るときはサッと眼鏡を外す。
手元は裸眼がよく見える。
するとちょっと文書を見るときも、手書きで書類を作るときも
当然スマホを見るときも、サッと外して、嗚呼便利♪

すると外で仕事のときに全然手元が見えない。
スマホを見るときなんて、手はかなり下の方でなければ細かい文字は見えないわ
送ってもらった写真も見えないわ、まして某アプリのスタンプの文字なんて
「小さすぎて見えなーーーーーーい💢」
となるわけです。
コンタクトを入れるたびに衰えている気がしてならない。

そもそも老眼の原因は水晶体の弾性であり、これは筋肉のように鍛えることはできない
ということは承知していますが、それでも毎日コンタクトレンズをして
普通の人と同じような視力で手元を見ていた時は、もう少し近くが見えていました。
楽して、眼鏡を外して裸眼で見ていたら、筋力によるピント調節機能も衰えたよう。
不思議なもので、ずっとかけている眼鏡を近場を見るときだけ外すのと
眼鏡をかけずコンタクトを入れて、近場を見るときだけリーディンググラスを掛けるのとでは
同じ眼鏡をかけるという行為なのに煩わしさが違うのは何故?

また、近場を見るときはたいてい細かいところをしっかり見たい時なので
裸眼で―間にレンズなどを介在せず―見る方がよく見える気がするのは何故?

定年まではコンタクトで過ごすつもりでいたのだけど
もしかしたら早まるかもしれないなぁ。


posted by 愛虎 at 23:52| Comment(0) | からだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月04日

ろくじゅうGO−!

今夜のNHKのSONGSは郷ひろみ。
「たのきん」世代の私たちからはちょっと上の世代のアイドルなので
昔は別にどーってことない古くなった“新御三家”の1人
くらいにしか思っていなかったけれど、あれから40年。御年65歳。
昭和・平成・令和と3時代を走り続けているというだけでスゲーな
と近年は思うようになってきた。
ああいう世界で生き残るには生き残るだけの魅力がある。

今夜は12曲のノンストップメドレー。
本当にノンストップで歌って踊りまくり。
そりゃあ昔に比べたら踊りは抑えめかもしれないけれど
あれで65歳か〜と思ったらやっぱりスゲーわ。
あんなキラキラのスリムなスーツを着こなすだけでも素晴らしい。
顔はお金をかければ何とか維持できても、
体は鍛えなければ動かない。
圧巻だったなぁ〜。

15年後あんなに動けるか?

posted by 愛虎 at 23:45| Comment(0) | からだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月05日

もうすでに!?

各国で新型コロナについて様々な調査・研究が進められています。
フランスでは当初、1月24日の武漢からの帰国者が
初めての感染事例とされていましたが
それよりも1ヶ月も早い昨年末にすでに感染者がいたことがわかりました。
12月初めから1月中頃までの間にインフルエンザの疑いで入院したけれど
最終的にインフルではなかった患者の凍結保存されていた検体を調べ
その事実がわかったようです。

そうなってくると、感染のスピードやストーリーもずいぶん変わってしまい
日本でもすでに年末には新型コロナが上陸していたかもしれません。
そう思うと、年末少し気になる風邪をひきました。
臭いがしないというような現象は起きませんでしたが
今までにないダルさ(体の重さ)で熱に気付き、慌てて受信しましたが
医者にはたぶんインフルエンザではないと診断。
解熱剤だけで半日で熱が下がって快方に向かいましたが
思えばその前日だったか前々日だったかというタイミングで
突如むせるような喉に埃が引っ掛かったような空咳も出始めてもいました。
抗体検査でもしない限り、本当にそうだったのかわかりませんが。

インフルエンザと思い込んで、自宅の自分の触ったようなところは
すぐに次亜塩素酸水をスプレーしまくりましたけどね。
でも今ほどきちんとマスクや手指消毒していなかったから
どこかでバラまいていたかもしれない。
そう思って今一度気を引き締めよう。


posted by 愛虎 at 23:55| Comment(0) | からだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月11日

自分の知らない自分

厚労省のLINE調査により37.5度の熱が4日以上続く人が27,000人いたとのこと。
これがイコール新型コロナ感染者ということでは当然ないし、
2400万人という調査人数に対して多いのか少ないのかということは
新型コロナ以前には調査していないのだからわからない。
(いつでも一定数いるのかも?)

ただ、今、多くの人が自分の体調について敏感になっていることはよくわかった。
これまで不調でもないのに熱を測ってみようなどとは思わなかったし
仮に微熱があったとしてもさして気にするようなことはなかった。
特に愛虎は熱に強い質なので、ほぼ気にしないー気にならなかった。
だから正直なところ自分の平熱さえよくわかっていないのだ。
本来なら平熱がわかった上での微熱のはず。
女性の場合、周期的な体温の変化もある。

風邪の初期症状に対しても神経を研ぎ澄ませている。
この喉の違和感は、鼻水は、花粉なのかそれ以外なのか
例年はどれくらいだったのか、通年はどうなのか?
意識の外にあって比べられない。

先週はUkoがお腹の調子が悪くなって、
新型コロナにもそういう症状が出るのか検索したり
(少ないが事例はあるよう)
突如熱っぽくなりサーッと下がるのは更年期の一種かどうか
はたまた体温計の不具合か?

これまた同様に以前は、通年は、どうだったのか全くもって無意識なわけで…。
しかも加齢という条件も加わって、そもそも以前や通年との
比較ができないお年頃ときている。

知っているようでまったく知らない自分の体。
仕方がないから手を洗おう!

posted by 愛虎 at 23:47| Comment(0) | からだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月05日

筋肉も嬉しい

自宅にいる時間が長く、テレビを見る機会も増えていますが
コロナのニュースと番組の切り替わり期の特番ばかりで
結局1日に何度も同じコロナのニュースを見るような羽目になっています。
そんな中、時々出くわすのがNHKの「超ラジオ体操」。
最初に目にしたのはあさイチの中で、休校が始まってしばらくたったころだったと。

筋肉体操で一躍有名になった近畿大学の谷本道哉先生が考案した体操。
たいていの動きを3段階に分けて、大きく動かすことを意識させた作りで
確かにこれまでのラジオ体操のような動きなのに
よりストレッチ効果があるような感じ。
パロディのように見えるけれど、よく考えられていて
高齢者でも一つ一つ無理なくできるのではないかなと。

放送に出くわすとついついテレビの前で一緒にやってしまいます。
ただ難点は、谷本先生の筋肉が凄すぎて
手足の伸びとか角度が普通の体型の人とは違く見えてしまうことかな(笑)


NHKの動画サイトでも公開中です。
[あさイチ] 超ラジオ体操〜在宅でも出来る!運動不足解消!〜

posted by 愛虎 at 23:55| Comment(0) | からだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月26日

老化はここにも

最近時々気になっていましたが
白目のところに時々シワが寄ることがあります。
年齢とともに目やにが流れにくくて、それを拭うために
鏡に目を近付けて見ることが多くなり、その時に気付きました。

昨日あまりにそのシワがひどかったのでさすがに心配になってネット検索。
「白目 しわが寄る」などのワードを入れて出てきたのが

結膜弛緩症

読んでみると結局は皮膚がたるんでシワになるかのように
白目の膜(結膜)だって弛むということのようです。
加齢性の変化であるので、これまでは特に治療されていないそう。
しかし近年ではそれによっておこる眼の様々な不快感から目薬などを処方もしてくれるそうです。
ひどくなれば、弛んだところを切除する手術もあるそうで…。

原因ははっきりわかっておらず、加齢??という感じなので
これといった予防法がないようなのですが、
こんなところにも加齢が―シワができるなんてちょっと驚きです。


posted by 愛虎 at 23:56| Comment(0) | からだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月28日

鬼のかく乱

年末はどことなく気忙しい。
今年はカレンダーの都合上、今日が普通ゴミの最終日。
出せるものはみんな出し切ってしまわねば!と
午前中は掃除機をかけたり外回りの掃除などしてバタバタとしていました。
やりながらちょっと変な寒気といつもにはない倦怠感があるなぁとは思っていました。

昼になって一段落して、 夕方には海外から帰国中の友人と会うし、
念の為、熱を計ってみるか、くらいの気持ちで計ってみたら…。
まさかの 39度!
とりあえず今日まで仕事の家族には連絡。
するとインフルエンザかもしれないから、病院に行ってこいとの指令。
慌てて、近所の市立病院の救急外来に行ってきました。

なにぶん内科で病院にかかるのは久しぶり。
何もわからず行ったので、病院の受付では電話をしてから受診しないといけないことを知らされ
ものすごく時間がかかるかもしれないけれど良いかと尋ねられ
他に開いている病院があるのか聞いたら、電車に乗って行く病院を紹介されたので
それなら、ここで待つとのやり取りがあり、1時間後くらいにようやく受診できました。

先生から発熱の時期や関節痛、筋肉痛のような痛み、節々のこわばり、頭痛などについて問診。
熱は朝からあったかもしれないけれど、計ったのは昼だし
関節痛や筋肉痛も“痛み”というほどのものはない。頭痛も今のところない。
そんな回答をすると、
急な高熱はインフルエンザの可能性もありますが
他の症状がほとんどないのと、熱の出始めからまだそんなに経っていないので
インフルエンザの検査をやってもまだ出ないと思います。
どうしても検査をしたい場合は、もう少し経って症状が重くなってから
もう一度来ていただくことになります。
今のところただの風邪ということになりますので、解熱剤だけ出しますね。
という診断でした。

これは人生初インフルエンザか!と思って慌てて病院に行きましたが
一応、グレーとはいえ「ただの風邪」診断。
帰宅後、しっかり熱を出して夕食後に処方された解熱剤を飲み、今。
37.7度まで下がってきたところをみると、やはりインフルエンザではないのかな?

ちなみにお薬手帳をあらためて見たら内科的な受診で薬が出るような病気(?)は
平成17年以来でした。
熱が出るような風邪も前回がいつだったか思い出せないくらい。
夕方には海外から帰国中の友人と会う予定をしていたのに、まさかこんなタイミングで
何年かぶりの熱を出すなんて…。
本当にタイミングが悪くてごめんなさい。

posted by 愛虎 at 23:45| Comment(0) | からだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月02日

本気なら

昨日、ニュースサイトで「尿一滴でがん検査」なる見出しを見付けました。
体長約1ミリの線虫に尿の匂いを嗅がせて、癌の有無を判定するのだとか。
匂いで判定と言えば、犬にがん患者特有の息の匂いを覚えさせて判定する
なんて診断法も確かあったと思いますが、
線虫は犬より優れた嗅覚を持っているのだとか。
そしてがん患者の尿に含まれる特有のにおいに近づき、健康な人の尿からは逃げるそうで。
反応するのは胃、大腸、肺、乳、すい臓、肝臓、子宮、前立腺など15種のがん。
しかもステージ0とか1とかでも反応するそう。
検知率も90%近い数字がでていると聞けば、こんなに良いものはない。

かつて血液中のアミノ酸でかなりの種類のがんがわかるなんて話もあり、期待ましたが
気付けばそれから7年も経っているのに、いまだに一般化はしていない。

しかしこの検査は来年1月から実用化されるそうです。
まずは提携企業の健診などからということですが、費用も安い。
1万円程度でできるとのこと。
それなら1万円自分でオプションでつけて良いのでやって欲しい。

やっぱりがん検診をなぜ行わないかと言えば、
部位ごとで検査が違うこと。
そのたびに違う科の病院にかからなければいけないこと。
多くの検査で苦痛が伴うこと。
半日とか1日潰す気でいないといけないこと。
などなどで、これが尿検査で済み15種類のがんに対応となれば、
みんなこぞって検査を受けると思う。

ようやく本気のがん検診が出てきた気がする。
早くどこででも受けられるようになって欲しい。



posted by 愛虎 at 23:58| Comment(0) | からだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月25日

茶色い宝石!?

茶色い宝石――最初に種明かしをしてしまえば
ずばりうんこです。

途中からたまたま見はじめたEテレの「又吉直樹のヘウレーカ!」。
テーマは腸内環境についてで、慶應義塾大学の福田真嗣先生が解説された。
腸内にはさまざまな細菌がいて、当然それは各自それぞれの割合となっており
それらの情報を読み解けば、健康チェックのみならず
行動なども支配しているのではないかという壮大な話。

アンケート調査を行うことで食の好みと関連する腸内細菌の話から
それは“食の好み”なのか、腸内細菌が欲して脳から指令を出し
好んで食べさせられているのか
というような話になったのですが、そうなると愛虎の偏食も
腸内細菌からの命令でそうなっているのか!?
などと、菌のせいにしてみたくなる。

ちなみに後半は、腸の病気を腸内細菌で治す
という考え方まで出てきて、腸への便移植という最新医療も紹介されました。
健康な人の便を移植―究極は自分の健康なときの便を保管することができれば
自分の体質に合った腸内細菌をまた腸に戻すことができるそうで。
そんな可能性をもった“茶色い宝石”らしいです。

とりあえず
おなかの調子がよくなる本 自分でできる腸内フローラ改善法 [ 福田真嗣 ] - 楽天ブックス
おなかの調子がよくなる本 自分でできる腸内フローラ改善法 [ 福田真嗣 ] - 楽天ブックス
これを買ってみようかな、と思わせてくれました。

posted by 愛虎 at 23:55| Comment(0) | からだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月22日

ビー増加

今年も恒例の健康診断の結果発表〜!?
相変わらず身長は149.9cmと、この1mmをオマケしてくれないのです。
150cmの大台にはやはり乗せてもらえません。
体重はやや減ですが、こちらも変わらず44s台です。
(洋服を着たままの体重ですから、かなり衣服の重さを引いているのでは?)

今年は血圧も元に戻り、
3年ほど続けて指摘されていた甲状腺の腫れも指摘されず
(単に経験の浅い先生というだけかも、ですが)

しかし判定は B 

何がダメかというと血液検査系の項目
ヘモグロビン、ヘマトクリット、AST、LDL-Cho、CRE
の5つで基準範囲よりちょっと高い!
ヘマトクリットとHLD-Choは一昨年も一度B判定でしたが。
二つとも2年前から基準値が下がってしまったのね。
今回も前の基準値なら収まっているのに、新基準値だとちょっと超えてしまう。

ASTは肝障害、心筋梗塞があると高値。
CREは今年からはじめて検査される項目でしたが、腎機能の低下で高値になるそう。
肝臓、腎臓は母も弱いようなので、遺伝なのかなぁ。

しかし、何にせよ身長・体重的にはBMIがここ3年で一番低いのに
内容が良くないということは、筋力が落ちて体重が減っているだけ。
お酒も塩分も摂取量は少ない方だし、やはり運動量の激減が原因ですね。
最近はどうも土日に仕事を持ち帰ってすることも多く、走りに行く回数も減っているので
やはりそこが原因かな…

posted by 愛虎 at 23:47| Comment(0) | からだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする